« 旅立ち | トップページ | 100字随想 3月 »

2022年3月15日 (火)

雨を降らせる

 東京で過ごし、3日目の昼頃帰宅。
「ただいま」
 庭に足を踏み入れると、さわさわと声がする。
「乾いてるの」
「雨がほしい」
「水」
 と口口に云うのは、庭に植えつけられた花や葉もの(コリアンダー、クレソン、ベビーリーフなど)、山野草たち、若い樹木たちだ。蒔いたタネから、ようよう発芽した草花たちも。
 乾いた地面の上でうろたえている植物の小さな訴えである。
 持っていた荷物を芝の上に放り出し、エナメルの靴を履いたまま、リールからホースを引っぱって、散水をはじめる。すると、さわさわと訴えかける声が、歌に変わった。
 歌いながら、植物ははずむ。
 小さい芽も見逃さぬように気をつけながら、静かにやわらかく水を撒く。雨を降らしているような心持ちになり、わたしもはずむ。
 
 東京では、行く先々でひとと会い、語り合った。
 聞くことに傾こうとすると、相手の「気」のようなものが流れこんでくる。それを坦坦と受けとめようとしているつもりでも、時として重さを感じ、ひっかかりをおぼえる。無理もないことだ。相手もわたしも生きているのだから。
 語り手の重さを軽くすることも、ひっかかりをほどくことも、わたしにできはしないのだが、はなしを聞くだけでもひとという生物の環境の循環がかなってゆく。と、わたしは信じている。
 語り、聞くことで、またわたしという生物の環境が整ってゆく。
 雑談であっても、仕事の打ち合わせであっても、同じだ。

 庭で植物たちの歌を聞いていると、植物の「気」が流れこんでくるのがわかる。ひととの語らいとはずいぶん異なるものがある。
 水を扱いながら、涙を思う。
 雨を降らしているようでもあるが、泣かせてもらっているようでもある。
 もっとも水をほしがっていたアネモネたちが、「たすかりました。たすかりました」と云いながら、からだをくねらせはじめた。

 見れば、「暖地桜」と名札をつけたさくらんぼの苗木に、いっぱい花がついている。
 やや、敷き藁のかげに、赤いいちごが隠れている。

 シジュウカラが、巣作りの下見にやってきた。
 そっと、わたしは退場する。

Sakura
これが暖地桜です。
ちっちゃなさくらんぼが、無数に実るそうです。
「つくる」神さまのササキさんによる庭づくり。
植物の「気」が流れこんできます。
(ササキさんのはなしは、またいつか)。
Img_1285
http://anchor.fm/untatta-radio
うんたったラジオ第3回放送開始!

★文筆家・山本ふみこと編集者・山本梓による
母娘のとりとめもないお話。今回は、恋愛について。
いろんな考え方があるけれど、
応援できるひとでありたいよね、と。

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

植物が歌声に変わったいいですね。
春本番ももうすぐ。
こちらは坊や達の声に耳を傾けて
進級準備をしています。


さて、前回もお話したでしょうか。

時々ランチを食べる機会があり
ああ、私はあっかいゴハンが食べたかったんだな、としみじみ思いました。

小さい子がいるのに
贅沢ですね。笑

投稿: たまこ | 2022年3月15日 (火) 10時38分

ふみこ先生、みなさま、こんにちは

本当に春らしくなりましたね。おかげさまで足もずいぶん良くなり家の中では杖を忘れています。
今朝は起きて廊下に出ると目の前に見える山の端からお日様がゆっくり顔をだしているところでしばらく眺めていました。このような朝を迎えられることに心から感謝です。
世界が出口の見えないトンネルに入らないことを祈るばかりです。

こちらも日曜日の夜の雨で元気をもらった庭の木々や花がまぶしいほどの春光に輝き、みな芽吹き始めました。キャンディーズの歌でも口ずさみましょうか。

そんな庭を眺めながらうんたったラジオを聞いていたらモンシロチョウが飛んできました。
「恋愛」については、ちょっとこんちゃんは苦手分野でございますが王子というのはおかんには恋愛についてなかなか話してくれないのでお二人のお話楽しかったですよ。

私は書くことで自分と向き合いながらこれから「変体」していきたいなと思います。

ジェーンスーさん
以前、稲垣吾郎の「ゴローデラックス」の対談で知りドラマの「生きるとか死ぬとか父親とか」を見て
心に残っている人でした。三月の初め、また「ななにー」という番組で稲垣吾郎と対談されていてやっぱりこの人素敵と思いました。
「私がおばさんになったよ」読んでみます。あずささんありがとうございます。

せんせい、みなさま、季節の変わり目です。体調崩されませんように。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2022年3月15日 (火) 14時08分

たまこ さん

「進級」の準備。
なつかしい響きです。

あたたかい外でのランチ。
そういう場面で力を得ること、
大事です、大事。

春ですね。
きょうもあたたかかったです。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月15日 (火) 19時11分

岡山のこんちゃん さん

おみ足、よくなってきていて。
うれしいこと。
杖を忘れて……らんらんらん。

こんちゃん、
字で書くと「変態」です。
昆虫の変態の、感覚です。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月15日 (火) 19時14分

ふみこさま みなさま
こんばんは

きょうは家庭のそとでちょっとしたことがありなんとなくダメージをおぼえております。
こんなときに?と自分に思いつつおたよりします。

わが家の庭も春の風景になってきました。こんな花が土の下に眠っていたのか〜とか、これはなんの花だろと友だちに写真を送ってやりとりしたり…
その瞬間はとても穏やかで平和です。

「戦わない理由はない。ここは自分のふるさとで 家、家族、友人、大切な全てがある」
ウクライナ軍に志願した若い女性のことばを聞いてわたしの中に浮かんだのは哀しみに似た感情でした。そして怒りを別の何かにかえるためになにができるのか考えています。
北の国々にもやわらかな春の訪れを願ってやみません。

投稿: こんぺいとう | 2022年3月15日 (火) 21時01分

ふみこさま

おはようございます。

お庭いい感じですね~。
お庭でのふみこさんの植物たちとのやりとりをきいて
いたら。。。ちょうど先週練馬区立ふるさと文化館で
の特別展「日常という特別」庄野潤三をみてきたところ
なのでなんだか庄野さんのお話しの世界にいるような
感じがしました。

「草花とうたう庭」とつくるかみさまのささきさんの
お話しまた楽しみにしてますね。

展示のほうは庄野さんの直筆が多く、原点をみつめる
担当者の視点と今だからこその日常というたからもの
を大切にしたいという熱い思いに感動しました。
石神井公園の池のあたりのふんいきもやわらかで
よかったです。(うんたったラジオも柔らかい会話よかったです~)
ではふみこさんもみなさんもいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2022年3月16日 (水) 07時19分

こんぺいとう さん

ロシアのウクライナ侵攻は、
戦争となりました。
自分のこの祈り方では、
戦争に加担していることになるな、
と考えることしきり……。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月16日 (水) 11時34分

真砂 さん

「庄野潤三」の展覧会には、
行けないなん、と思っています。

龍也さんからお知らせをいただいたり、
友人たちからも感想が届いているのに。
家で、「ひとり庄野潤三展」を開催しようっと。


投稿: ふみ虫。 | 2022年3月16日 (水) 11時38分

ふみこさま
暖地桜 はじめて知りました!
春ですね〜。
はるくんも、もうすぐ2年生が終わります。
あっという間だったなぁ。
コロナで、いろんなことが中止になったけど
その中でも楽しく過ごせていたみたいでよかったです。
さっちゃんは、歯がのぞいてきました!
孫の成長にびっくりさせられっぱなしです😆

投稿: こぐま | 2022年3月16日 (水) 20時10分

ふみこさん

12日、顔合わせのために埼玉に行っていました。とてもいいお天気でしたよね。会食はせず、美しい霊園でお会いしました。亡くなられているお父様にも家族でご挨拶させてもらいました。
泣きたいくらい 嬉しい1日でした(^^)
幸せです!!

投稿: 背の高い松の木 | 2022年3月16日 (水) 22時18分

ふみこさん、みなさん、こんにちは。

息子、無事に高校合格しました。
受験日も卒業式も合格発表の日も青空で。
子供たちの笑顔が青空に映えていました。

北陸は曇天や雨天が多く、冬はずっとどんよりしているので、
晴天なだけでとても恵まれているなって嬉しく思えました。


でも、少し特性のある息子は新しい環境になじめるのか、
電車やバスを乗り継いで通学するので、
そういう細かなことも含めて、母として不安です。

私自身、新しい環境に飛び込むのが苦手なこともあり、
いつも以上に心配してしまうのです。


ニュースを見るのがつらくて、
呼吸が浅くなり溜息ばかりが出てしまいます。
時々、無力感でいっぱいになります。

不安や心配が多い春ですが、
今ある毎日に感謝して。
ふみこさんの言葉を思い出すようにしています。

みなさんに穏やかで優しい春が訪れますように。

投稿: さゆ | 2022年3月17日 (木) 14時34分

背の高い松の木 さん

おめでとう以上の、
おめでとうですね。

あらためまして、
おめでとうございます。

あたらしい世界がはじまりますね。
これから紡がれる物語に、
ときめいています。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月17日 (木) 16時17分

こぐまさん

こぐまさんからのおたよりに、
子どもたちの安心と希望がたしかめられます。

いつもありがとう、こぐまさん。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月17日 (木) 16時20分

先週の金曜日にニュースで津波の映像を観てその影響なのか、夜に地震や津波の夢をみました。怖かったです。
それから何だかザワザワとしてました…。

今まだ秋田に居ます。ここも揺れました。
宮城のマンションの我が家の真上に住む友人は「昨年2月の地震よりも揺れて冷蔵庫の扉が開き、中の物が出たし食器も割れた…」とメールが来ました。
去年の地震も夜ですごく怖かった記憶があります。
新幹線もいつ元に戻るかも分からないし、それまでも家の冷蔵庫の扉も開いたままなのか…と考えるとずんと沈んでしまいます。
でも、今はどうする事もできないのでひたすら祈ります…。

断水してる箇所もあるようです。
早く元の生活に戻りますように…。

投稿: ハチミツ | 2022年3月17日 (木) 18時12分

ハチミツさん

とても驚き心配しています、が、ご無事でよかった といわせてください。どうか気をつけて、心は近くにと祈りつづけます。

ふみこさま 
この場をおかりしました。

投稿: こんぺいとう | 2022年3月17日 (木) 19時23分

さゆ さん

王子さま、合格おめでとうございます。

さゆさん、心配し過ぎないこと。
王子のまわりに
飛んでいる天使たちが、きっと守ってくれることを
信じましょう。

心配するより、
天使方に信頼し、ありがとうを伝える
ほうが効き目があると思います。ね。

うれしいニュースを、
ありがとう、ありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月19日 (土) 17時04分

ハチミツ さん

ご心配でしょう。

でも、ハチミツさんのお宅の
みなさんが無事で、ほっとしています。

(お風呂に入っていてね、わたしは
めまいを起こしたのかと思いました。
呑気なはなしをして……ごめんなさい)。

宮城のおうちに帰られたら、
またお知らせくださいね。
できることがありましたら、
おしえてください。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月19日 (土) 17時07分

ふんちゃんへ

何度もすいません。
今朝早く秋田を出て雪で高速が通行止めになっていた所から下道で宮城のマンションの様子見に帰って来ました。

4段の引出しは見事に前のめりに倒れてましたが、冷蔵庫も開いてなかったし、何ひとつ割れてる物がなかったんですよ!
奇跡だ〜!!

物はそれなり動いてぐちゃぐちゃになってはいました。
でも、片付けも夫となので昨年2月の息子との時よりかなりはかどりました。

この場をお借りして…。
こんぺいとえさんへ

いつもあたたかいお言葉ありがとうございます。
祈り届きましたよ…。

投稿: ハチミツ | 2022年3月19日 (土) 18時30分

ふんちゃん

 札幌も、春を感じます。
 まだまだ雪は積もっていて、降ってもきちゃっていますが、
 その雪も、「春の雪」という感じです。

 「聞くことに傾こうとすると、相手の「気」のようなものが流れこんでくる。」
 これ……、とても共感しました。
 人からも、植物からも……。
 ふんちゃんのおはなしが、流れるようにしみいりました。
 ふんちゃんところのアネモネさんと一緒ですね。

 ここのところのニュースを見ては、
 どうにもならないきもち、受けとめがたいきもちにもなり、
 ふと、止まってしまうこともありますが、
 それもわたしのしなければならないことなのだと受けとめています。
 何をしたらいいのか……、
 分からないままいますが、
 ただ、毎日、何かしようと、近くの誰かの助けになるようなことを探してしてみたり、
 ゴミを拾ってみたりしています。
 小さなことでも、相手を想って行動する、ということを積み重ねることが、
 憎しみを包んでくれるような優しさにつながっていってくれると信じて……。
 塵、なのですけれど、大切にしようと思っています。

投稿: 空色めがね | 2022年3月21日 (月) 16時03分

ハチミツ さん

ちょっと泣いちゃいましたよー。

何ひとつ割れてるものがなかった……。

それを読んで、
気がつくと、
みなさんのこころが割れないようにー!
とぶつぶつ唱えていました。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月21日 (月) 22時12分

空色めがね さん

生きていて、
働いて、
動いて、
思考することで、
それでまずはいいんだ。

と自分に云い聞かせています。

絶望しないで、できるだけ
明るい気持ちでいようと決心しています。

塵も積もれば……ですね。


投稿: ふみ虫。 | 2022年3月21日 (月) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)