« 100字随想 3月 | トップページ | 村祭り »

2022年3月29日 (火)

日記(2022年3月)

3月□日
 読書。
 分厚い本をめくって、真ん中あたりに至ったとき、自分の名前が目に飛びこんできた。
 どきっ。

 読んでいるうちに「そうね、そうよ、そうそう……」と私自身が書いているような気分になっているから、不思議だ。

 そう書いてある。
 とつぜん目がかゆくなり、指でごしごしこする。
 書き手として、読み手に自分が書いているような気分になってもらえるというのは……、うれしい。うれしさを超えて、夢心地。


3月□日
 東京都の公立小学校の卒業式。
 この日、長く教職にあった友人が校長として、学校でのつとめを終える。やわらかい光に包まれた「せんせい」だった。
 やわらかいその光を、学校でひとめ見ることができたなら。いや、見ることはかなわぬかもしれない。それでも、こっそり出かけよう。学校の門に手を触れるだけでも、光を感じられるかもしれない。
 
 卒業式も、教職員の皆さんとの会も終えた、午後、学校に到着。
 玄関に友人はいて、こちらを見ている。
 そうだ、この目。いつも落ち着いているが、おもしろがりの目をしている。
「来ました」
「……」

 小学校には「無事」な1日なんかない。
 連絡をとるたび、事件のはなしを聞くことになるが、そんなとき、いつもゆったりとかまえて、ひとと力を合わせて解決してゆく。
 ある年、屋上に溜まった雨水が一気に校内に流れこんだことがあった。このときも、児童に1枚ずつ雑巾を手渡して、「みんなで拭いたのよー。地域の皆さんが毎年くださる雑巾が大活躍」と友人はたのしげに笑ったっけな。
 こんなことの連続なのだ。
 その上、この数年はコロナ感染症に、どれほど苦しめられたことだろう。しかし、幾度水を向けても、そのたび「みんなで気をつけて、みんなで消毒して、みんなで……」と云うのである。

 3月のさいごの日まで、友人は学校の校長だ。
 4月になったら、未来のはなしをするとしよう。


3月□日
 長女の梓とアウトドアの店に出かける。
「ね、登山靴を買おう。あなたのとわたしのと」
 店ではやさしく親身なアドバイザーを得て、それぞれトレッキングシューズを決める。店内のうそっこマウンテンを登ったり、下りたりしてフィット感をたしかめる。
4月、群馬県の山に登ろう」
「うんうん。これ履いて、まずは足慣らししようね」
 トレッキングシューズは、3月終わりに誕生日を迎える梓への贈りもの。ふさわしい贈りものができた。


3月□日
 この春もあたらしい仕事がはじまる。
 たいてい入れ替わりがあるものだが、ことし、終わる仕事はなかった。
 初回の〆切時には、妙な緊張感が生まれる。うまくやろうという色気が出てきて、ぎくしゃくするのである。で、初回の仕事をあとから見ると、かたくなっているのがわかる。あたらしい仕事とのあいだでくんくんと匂いを嗅ぎあって、自分の居場所を探す。……という感じだろうか。
 2回目の〆切時には、こういうのは均されて消えている。
 歯がゆくも、「新」をまとうありがたき春である。

Kunel
「ku:nel」(クウネル)5月号
「私の引越しストーリー」に熊谷の家の暮らしが
紹介されました。
「築150年の古民家に移って、
見つけた新しい暮らし」

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

あたたかい光に包まれた校長先生。
素敵ですね。
みんなで協力してってところが素敵です。

さて、やっと報告できますが。
3人目を妊娠しました。安定期に入りました。


妊娠発覚当初。
上司には、また妊娠ですか。

義母からは手放しに喜べないと言われ。

心がおしつぶされそうでした。


そんなに私は悪いことをしたのかと。


年の差は産む人数まで制限しないと
ママは働けないのかと。

なにより命を否定されたようで。

でも、たまこかーちゃんは産むことにしました。

3人の子供の先輩ママとして
また広場の皆様また
お力を貸してください

投稿: たまこ | 2022年3月29日 (火) 10時39分

ふみこ先生、みなさまこんにちは♪

川土手の桜が薄く色をつけて来ました。庭の木の芽も小さな葉っぱに変わってきました。我が家の畑は、屋敷畑で私達と王子たち家族が食べれるほどを作っています。夫は、孫に「じいじの野菜は、おいしい」という一言を聞くためだけに太め(私が言うのも何ですが!)の体をゆらしながら畑仕事をしています。
今年のじゃがいも植えは、私の足の関係でひとりで頑張ってくれ、土を割って芽が出始めました。キャベツは、冬の間ひよどりにすっかり食べられてしまい茎だけになっていましたがヒヨドリが旅立つとなんとまた葉を巻きはじめました。本当に生きとし生けるものの生命力に感動です。

この地に生きることになり親の介護の毎日で友人と会う機会もありませんでしたが、それぞれの場所でそれぞれの日々と向き合っていることをお互いが分かり合えているだけで友人とはありがたい存在です。コロナが収まりそれぞれの役割を終え会える日を楽しみにしています。
せんせいもたくさんのすてきなご友人に囲まれてお幸せですね。お友達の校長先生のような方に三男王子が小学校の時出会えていたらとふと昔を思い出しました。

たまこさん、本当に、本当に本当におめでとうございます。
三人のわんぱくを育てたこんちゃんは、心から応援します。たまこかーちゃんファイト!!!
次男王子のおよめちゃんも三番目を産んで二年間の産休を終え4月からお仕事復帰です。二歳になる七番目の孫も保育園デビューです。きっと大変だろうと横浜へお手伝いに行こうと思っていましたがオミクロンと足の具合であきらめました。家族一丸となって乗り切るそうです。

せんせい、みなさま、新生活は楽しいですが頑張りすぎて不調も起こります。ご自愛ください。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2022年3月29日 (火) 13時13分

ふみこさま みなさま

さくらが満開です。ふわんとした砂糖菓子のような ときにはピンクの氷砂糖みたいな…
うつくしい声の小鳥がお隣の屋根のてっぺんで春のうたをさえずっています。
これからふきのとう味噌をこしらえようとおもいます。
わたしもあたらしい仕事がまもなく始まります。

たまこさん
おめでとうございます。
そしてそれを いわせてくださってありがとうございます。
いのちの輪っかが明るくつながってゆくのですね。
希望の予感がします。

投稿: こんぺいとう | 2022年3月29日 (火) 19時15分

たまこさん

おめでとう、おめでとう、
おめでとうございます。

たまこママのもとに生まれてくれる
あなた、おめでとうございます。

ところどころ、ぼんやりしながら、
できるかぎり、穏やかな日日をね。

そうして。
この広場の先輩たちのちからを、
信じてね。

おめでとう!ございます。
おめでとう、おめでとうおめでとう、
おめでとうおめでとう、おめでとう。


投稿: ふみ虫。 | 2022年3月29日 (火) 21時09分

岡山のこんちゃん さん

こんちゃん、
やわらかいお便り、どうもありがとうございます。

ことに、たまこさんへのメッセージ、
ファイト!
なんだかね、
勝手にわたしの分も受けとらせていただき、
感謝しました。

この春、ファイト!

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月29日 (火) 21時49分

こんぺいとう さん

「新」を受けとめて、
明るい気持ちで歩きだしましょう。ね。

佳い4月を。

投稿: ふみ虫。 | 2022年3月29日 (火) 21時51分

ふみこさま。みなさま。
さくら満開になると、雨が近づいてくる。
いつも、そう。なんだか不思議。
もう1度、見てみたいと思っていた朝ドラが昨日から再び始まった
芋たこなんきん
田辺聖子さんの半生。大好きだったので7時15分から楽しみにテレビの前に座っている。

タイトルを見て、ぜひ読んでみたいと思いました。
笠井久子さんのこと、作品は始めて知りました。
銀行振込をして、本が届きました
寝る前の30分、朝、起きて布団の中での30分、今、笠井久子さんの
作品、1つ1つが私には新鮮です
エネルギシュな人、お優しい人
強い人、ご自分を見つめている人
本をご紹介くださって、ふみこさんありがとうございます。
そして、数分前に私も会いましたよ。
山本ふみこさんに。

さくらを眺めよう。
本当にきれい。

たまこさまへ
おめでとうございます。
母は強し。
新しい、かけがえのない命。
優しく、あたたかな時間がたまこさんを待っていてくれると思います。

投稿: ユリの木の花子 | 2022年3月30日 (水) 05時56分

ふみこさま

おはようございます。

梓さんのお誕生日!にたまこさんのおなかの赤ちゃんに
みなさんのあたたかい祝福いっぱいのこの広場!
やわらかい光に包まれていいですね。
おめでとうございます!!

私も春生まれなので。。桜のこの時期は大好きです。
こちらも桜満開の中急な用事でタクシーにのったら
年度末の工事のためいつもとは違う道をとおってくれたので(世田谷区内はどこでも知ってる~なんて思ってたのに。。)突然現れた美しい桜の木の柔らかな空間に「ん~
ここはどこだ~夢か~。。」なんて思ったほどです。
ちゃっかり帰りもう一度このあたりゆっくり歩いて見ました。私まですっかり柔らかなモードに。。(え~何で~急に。。なんて言ってたくせに。。)ふふ。
さくらさんありがとう。すごいな~。

そうそううちのベランダ改修工事も終了したので。。
今たくさんあるレンガを積み木のようにならべかえて
高さをいろいろくふうしてあそんでま~す。大好きなモッコウバラたちも席替えでうれしそうです~。
この芽吹きのパワーもたくましくていいですね。
ふみこさんのお庭も完成でしょうか。またおしらせくださいね。では今日もいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2022年3月30日 (水) 07時11分

ふんちゃん

こんにちは

せんせいに逢いにこっそり出かけられたふんちゃんが目に浮かび、初めてふんちゃんにお会いした時に私が自慢したせんせいでしょうか…。と久しぶりのコメントさせていただきました。

お二人が揃われてる姿を思い浮かべると、少しさみしい懐かしい気持ちと、前を向いて歩いていこうと思う心強い気持ちがいったりきたりします。

S先生もふんちゃんもずっと背中を追いかけたい方です。
未来のはなし、こっそりきいていたいです。

投稿: かん | 2022年3月30日 (水) 18時38分

ユリの木の花子 さん

笠井久子さんに会ってくださって、
どうもありがとうございます。
(と、わたしが申すのも、
変ですが)。

ほんとうにほんとうに大好きな先輩なのです。

育てられ、励まされ、
光を注がれ……。

ユリの木の花子さんも、そうだけれどね。
(あ、あなたさまは年下の、だけど先輩)。


投稿: ふみ虫。 | 2022年4月 1日 (金) 21時06分

真砂 さん

それぞれの庭には、
通い路が隠れている……。

この溝を眺めたら、
ぐるり、 真砂さんのテラスのレンガが
見える……なんてね。

信じられそうじゃありませんか!

投稿: ふみ虫。 | 2022年4月 1日 (金) 21時08分

かん さん

Sせんせいは、しばらく前に
退職され、いまは、また重要な
子どもたちのいのちと健康を守る
道を進まれています。

かんさん、
わたしたちは、いいせんせいに恵まれましたね。

投稿: ふみ虫。 | 2022年4月 1日 (金) 21時11分

ふみこさん

ふみこさんから聞く「せんせい」のお話がとても好きです。
長男が「せんせい」になって2年。新しい学級の子供達の話を聞くのが楽しみです。

投稿: 背の高い松の木 | 2022年4月 1日 (金) 21時34分

ふみこさま

私は、教育学部卒ですがせんせいには
なれませんでした。
せんせい 
って大変だし、私には無理だと思います。
素敵なせんせい のお話を聞くたび
素晴らしいなぁ〜と思います。
はるくんも、素敵なせんせいに囲まれています。
3年生は、どんなせんせいに出会うのか、
今から楽しみです!

投稿: こぐま | 2022年4月 1日 (金) 21時45分

ふみこ様 おはようございます

トレッキングシューズを買ったと知り
一緒に 森を歩き
藻岩山(札幌の中心部にある山です)を
登ったりできる・・・と
うれしい 想像をしました。

今朝の東の空は やわらかいオレンジ色に
明けの明星がきらり。
西には 遠くに残雪の山がきれいです。

投稿: えぞももんが | 2022年4月 4日 (月) 04時58分

ふみさまみなさまおはようございま~~~す!

桜が咲いたと思ったら、毎日寒くて雨ばかり・・・

でも、長い時間お花を楽しめるので少しお得な気がします
桜が散り始めるとなんだか気持ちがソワソワしちゃうので今年は存分にピンク色を楽しみながらあちゃこちゃパタパタ走りまわっていた春休みでした。

次女さん無事昨日、引っ越しをすべて終え正式には本日から一人暮らし開始です。
会社の都合での研修中のみの一人暮らしなのでひょっとすると6月には一回戻ってくるかもしれないのですが、それでもとにかく『巣立ち』おめでとさん。頑張ってこいよ~~

と、引っ越し準備を手伝っておりました。

私自身がわりと母に厳しくしつけられて育ったので、私の子育ては極力2人の娘にはあまり干渉せず、私が出来ることは家事全般、手伝いを共用したりせず自由に暮らさせていたので、

これから一人でなにもかも出来るんかな~~

と心配しておりましたが、

朝は窓をあけ、空気をいれかえ、お手洗いの掃除をし、お白湯を飲み、やる気をあげたあと1日を始める

とか

洗濯物のたたみかた、下着はくるりとまるめて、タオルは折り目をそろえて見せるように重ねると見栄えがスッキリ

とか

衣類の収納仕わけに紙袋を使う。

とか

枕のタオルは毎日かえるとか、

さまざまに私が習慣にしてきたことが、彼女の目でみてきて自然に引き継がれているんだなあ・・とちょっと確認できて嬉しい春でした。
(たまに足で冷蔵庫の扉をパタンとやるところも引き継がれていた・・(;^_^A)

と、同時に私のこれからの生きざまだってずっと娘らは見ていくわけであり、これでいっちょあがりではなくて、これからも気を引き締めて私も生きていきたいな~と思います。

私にとっても新生活のはじまりです。

ふみさまもみなさまもさまざまに生活に春の息吹感じておりますね。

たまこさんのお腹のなかも素敵な命が育まれていると思うとそれだけで

生まれてよかった~~

と思える世の中にしていけるようにしなきゃなと背筋ピンと伸ばします!
お身体大切にしてくださいねとても嬉しいニュースでした。


そうそう!嬉しさつながりでチューリップ!!咲きました~
めっちゃハイテンションなのですけど~~~\(^o^)/

スタンダートな赤いものと深紅のビロードのような赤で先っぽがギャザーが寄っているものがまず第一弾で5つ咲きました。


玄関さきにも飾りたいので切り花にしたいのですが、あまりにもったいなくてやはり今年はそのまま土に植わっている姿をずっと楽しもうかな~と思います。球根、30分で土にぶちこんでおく(笑)だけでお花、咲くんだ~~と少し種から、球根から、お花を育てることが怖くなくなりました。すくすく育る植物に、日々の成長に生きる力をもらえるんだな~ということも。こちらの広場のおかげさまでございます!

さて

やっとこホッとできる時間がもてさおうなのでクウネル、購入して読ませていただこうかな~~とおもっていますよ~!
今日はこれから一人レッスンしたあとは午後からお休みなのです!\(^o^)/

投稿: おきょうさん | 2022年4月 4日 (月) 09時40分

背の高い松の木 さん

わたしのまわりには、
魅力的で愉快なせんせいが
いっぱい。

不当なるせんせいの悪口を
キャッチすると……、
キーッとなります。

せんせいには、毎日、
こころの花束を渡したいなあ。
たとえ相性のよくない先生であっても、
こころの花束を渡しつづけるうち、
関係が変わってくるのではないでしょうか。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2022年4月 4日 (月) 10時12分

こぐま さん

いやいやいやいや。

こぐまさんは、
やっぱり、大事なみんなの
「せんせい」ですよ。

わたしにとっても。

投稿: ふみ虫。 | 2022年4月 4日 (月) 10時13分

えぞももんが さん

その昔、山女だったのです。

だからこそ、
調子に乗らないように気をつけながら、
ゆっくりゆこうと思います。

ゆっくり一歩一歩。

投稿: ふみ虫。 | 2022年4月 4日 (月) 10時15分

おきょうさん さん

次女姫、がんばってなー。

母ちゃんを真似していれば、
日日明るく過ごせるよー。

若いひとたちが、子どもたちが
この春、笑顔ではじめの一歩を
踏みだしてくれますように。

投稿: ふみ虫。 | 2022年4月 4日 (月) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)