« ドテ人間 | トップページ | 後発的当事者 »

2022年5月31日 (火)

日記(2022年5月)

5月☆日
 雑誌社から「これからの夢、目標」なる企画が持ちこまれる。
 ほかにも、同じ問いに応えるひとがあるそうだし、200字ほど書けばいいというので、「合点承知」とばかりに引き受けた。
 ……、さあ書いてしまおうとして、どきりとする。
 これまで、夢や目標を自分で考えることをしてこなかったことに、あらためて気がついたからだ。いつも目の前に置かれたことを、受けとめ受けとめやってきた。
 いや、それがわたしの夢であり、目標なのだ。
「なりゆき」を生きる夢。
「なりゆき」を受けとめる目標。


5月☆日
「これ、ふんちゃんにあげる」と、義妹(いもうと)の重ちゃんから、小さな筒状のモノを手渡される。
 おお、なつかしい。
 父が愛用していた整髪料「丹頂チック」である。
「重ちゃん、結婚したばかりのころ、父に『丹頂チック』を買っておいて、と頼まれて、『丹頂チックって何?』って云ってたね」
「丹頂チックを買っておいて」と云った父も、「それ何?」とあわてる重ちゃんを見て可笑しそうにした母も弟も、この世にはいない。
 おそらくこれは、10 年近く前のチックである。
 よくとっておいてくれたなあ。
 キャップをとって、鼻に近づける。未使用ではあったが、確かにこれは父の匂いだ。


5月☆日
 東京で、久しぶりに叩きつけるような、滝のような雨を見た。
 ガラス張りの屋内から、眺める。
 号泣? 
 そんな雨を眺めながら、このところ泣いていないな、と思う。がまんしているわけではないけれど、泣かない。子どものころは、ときどき泣いたものだ。あーん、あーんと声を上げて。
 泣き下手になったのか。
 この日も先に雨に泣かれ、わたしは泣きそびれている。


5月☆日
 草取りをしたい。
 山と積まれた机仕事をまずは片づけなければならないから、鼻先に草取りをぶら下げる。
 机仕事をひととおり、すませたら、長靴を履き、麦わら帽子をかぶって庭の草取りをしよう。

「草取りには悩まされる」
「草取り、大変ですよ」

 すぐとこんなはなしになってゆくが、わたしは「そうですね」とは、云わない。云いたくない。
 むしろ「草が生えなかったら、大変だよ」と云いたい。

 草取りばかりじゃない。
 あらゆる「悩まされる」は愚痴であり、あらゆる「大変ですよ」は脅しである。
 草取りをするのは「あたりまえ」なんじゃないかと、わたしは思う。
 そうして、できないときは、あたりまえの顔をして庭に向かって「ごめんなさい」と云う。

5月☆日
 草取りのはなしのつづき。

「ヤカンニョウ」ということばが耳に入ってきた。
 テレビが云うのだ。
 見ると、画面に「夜間尿」と書いてある。
 夜間トイレに起きるのは大変だが、このクスリを飲めば起きずにすむということらしい。
 もよおしたら、夜間だって起き上がってトイレに行けばいい。わたしは、そうする。
 ただし……そうだ。
「夜中に行き合っても、挨拶は不要。こちらはぼんやりトイレに起きているのに、目が覚めてしまうからな」
 昔、父がわたしに云ったのだった。

Tancho
ほら、これですよ。
いま、これをひっつめヘアに使うそうですよ。

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

私もチック、ふんちゃんのエッセイてわ知りましたよ笑
そう言われてみれば年配の方は
これと似たようなものをつけているな、と懐かしくなりました。


我が家も庭があり、草取りし放題です。
(もともとネギ畑なので栄養がすごいのです)

私もできるようになったら
コツコツしたいなと思います

投稿: たまこ | 2022年5月31日 (火) 12時51分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは
せんせい、お疲れだされてませんか?
こちらは、きのうの恵みの雨で畑も庭の木も花もみな元気をとりもどしました。
今朝は鳥たちもひときわ賑やかに私を起こしにやってきました。

足を痛めて冬の間できなかった草取り(その間夫が頑張ってくれていました)を朝夕1時間と決め始めました。ようやく草たちの成長に追いつき追いこせそうです。
こちらに暮らしはじめてから、草取りは私の心を自由に遊ばせる大切な時間です。

せんせいのお父さまの匂いと思い出を届けてくださる重ちゃんさん、ステキです。
私の父は90歳で倒れる日まで毎朝、鏡の前でヘアートニックをつけ、くしで整えその日の服を選んでました。父の服のどの内ポケットにもくしが入ってました。
父の匂いも整髪料の匂いです。

きのうはお嫁ちゃんのお母さまから命のバトンをもらった七番めの孫が二歳になりました。
「どんぐりころころ」と「大きな栗の木の下で」のミックスラップバージョンを歌う動画をおくつてくれました。
この二年間三人の子供たちとの目の前のことをこなしていく日常と時の流れがお嫁ちゃんの悲しみを少し忘れさせてくれたように思います。

毎日、天気予報で熊谷を耳にするようになりました。
せんせい、くれぐれもご自愛ください。
みなさまも梅雨を前にしての真夏のような暑さで体調くずされませんように。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2022年5月31日 (火) 14時27分

たまこ さん

草取りになかなか
たどりつけません……。

がんばろうっと。

投稿: ふみ虫。 | 2022年5月31日 (火) 15時10分

岡山のこんちゃん さん

こんちゃん、
草取りを、そんなふうに表現されて。
さすがです。

わたしも、そんなふうに
さりげなく、
「草取りは……」
と云えるようになりたいです。


投稿: ふみ虫。 | 2022年5月31日 (火) 15時24分

不思議なことがあるのです

『父が来たな。近くにいるな』というときに、必ず嵐のような雨が通り過ぎるのです。

今どきかなり正確な天気予報ができますが、その予報でも『雷雨』なんて言ってないときにでも突然に。ピカゴロゴロ・・・

15年前の父の通夜葬儀の夜からです。

今まで何度あったかなあ・・・

「なかなか受け入れ先はみつからないだろうけどがんばりましょう」とケアマネージャーさんの話を聞きながら弱った母の施設を相談をしていた時

潤が虹の橋を渡った日

空き家の実家にひさしぶりに娘を連れてのんびりしにいった時

友人の息子さんが突然の事故で虹の橋をわたることになってしまった葬儀の時

母のお兄さんが虹の橋を渡った時(父と母の兄は高校の友人同士でした)

その都度その都度

『そばにいるからな~大丈夫だ~~』

と励ましてくれているようで。

なので急な雷雨の時はいつも私は嬉しくてホッとするのです。外はゴロゴロザーザー大変なことになってるのだけど( ´∀` )

『大丈夫だね。ありがとね。』と。

先週もありましたね。滝のような雨でした。『父さん、来てくれたね』と思っていました。

大丈夫です。安心してください。しっかり案内人の父が虹の橋まかっちゃんをお迎えに来ていたと思います。(私の父は丹頂チックではなて茶色いビンの『加美乃素』という整髪料だったような・・・→のわりには髪なかったけど(* ´艸`)クスクス)

そしてまさに、一昨日の日曜から昨日1泊で空き家実家の草むしり大会をだんなさんとしてきました。もう、雑木林の中の1軒家なもで草むしりというより、開墾でした。私の中では草むしりは『大会』なんです。(笑)
身体を動かしひたすらむしる、だんなさんが草刈り機で切った草を1輪車にのせて一か所に集める。

もう、汗だくだく


でもなんだか
最近で一番

「生きてるな~~あたし」


と思えた2日間でした。


ふみさまも、黙々と、草取りができますように・・・

そして


「生きてるな~~あたし」


と思ってもらいたいです。


投稿: ふみさまみなさまこんばんは。 | 2022年5月31日 (火) 20時25分

あらやだ、私の名前が『ふみさまみなさまこんばんは。』になってる~~すみません。てへへ・・・・

投稿: おきょうさん | 2022年5月31日 (火) 20時26分

ふみこさま

おはようございます。

先週すごい雨の日ありましたね。
滝のような雨を私も見てブラームスの「雨の歌」の
3楽章が流れだし弾いてみました。
ピアノパートがつねに波打つような水の流れを感じて
好きな曲です。はばひろく力強いながれのなかにきびしさ
悲しさ、やさしさ、愛情があふれていて。。
特に最後の雨のあと虹がかかったような重音のあたたかいメロディーをきくと「それでいいんだよ。。」って
いつもほっとします。
そして「なりゆきを生きる夢」をわたしも
そっとまねしたくなります。ふみこさんも「雨の歌」
の3楽章すきでしょうか?
ではきょうもいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2022年6月 1日 (水) 06時46分


きょうはお休みで予定があるようなないような…のんびり時間を過ごしてます。

仕事をしながら関わるひとたちとともに『いろんなことあるけど、みんな生きてるね!』と心でとなえながらの日々です。たぶんわたしはエネルギーをもらって、助けられている、と実感しながら。

ふみこさま みなさま

忙しない毎日や過酷な時間の中で、時おり訪れる生きてる、の瞬間が自分を生かしてくれています。
ありがとうございます。

投稿: こんぺいとう | 2022年6月 1日 (水) 10時24分

 草取り、私も嫌いではありません。
むしっている時は無我の境地になれるし、、
終わった時はキレイになっているので達成感もあり、
チョットしたストレス解消にもなっています。

 お父様の夜間トイレのお話、思わずクスッと笑っちゃいました。
私達夫婦も夜間トイレに行く時、申し合わせた訳ではないのに、
鉢合わせしても何も言葉を交わしません。

 薄暗い廊下を半覚醒状態で、
ゆっくり無言ですれ違う二人は、まるで幽霊の様です。(笑)

 ふみこさんの夢と目標、知りたいです。

投稿: ケイ・S | 2022年6月 2日 (木) 16時14分

ふみこさま

雨の音を、雨の音だけを流すYou ○○beチャンネルがある事をご存知でしょうか。ただただ雨の音だけを聴くことができるのです。

心がザワザワする時、なかなか眠れない夜更け、集中して何かをしたい時。
こんな時はイヤホンを耳に、私は雨の音を聴いています。

ふみこさん、泣いて下さいな。よろしければ、イヤホンから聴こえる雨音と一緒に。
泣かない…なんて仰らずに。
泣きたい時には泣いたら良いのですよー。
泣いて心が落ち着いたなら、また気持ちを上げて進めば良いではないですか。
と、偉そうに言ってみます。

今日は雷がゴロゴロ鳴りました。
もうじき雨の季節がやって来ますね。

投稿: みぃ。 | 2022年6月 3日 (金) 19時47分

ふんちゃん

 草取り、ウチでは草刈りをしているのですが、
 これは、主に夫と母の仕事となっています(笑)。
 そして、わたしは、その香りをかぐのが好きなのです。
 誰かが草刈りをしていると、 
 青々とした草の香りが漂ってきて、うっとりします。
 道を歩いていても、車を運転していても、
 ときどき、草を刈る音が聞こえると、
 鼻をくんくんして、かぎます(^^)。

 泣きそびれた……。
 なんだかわかる気がしました。
 気づくと、泣きどころを過ぎている感覚。
 わたしの場合、
 悲しくないとか、さみしくないとかではなくって、
 目の前のことごとに集中していたら、
 いろんなコトゴトが終わってしまっている……。
 あれ?わたし……ココロを置き去りにしてしまったな~と
 あとになって眺めるかんじになることがあります。
 そしてね、あとになって、
 「あ、泣いとかないと……」と思って、
 泣けそうな映画とかをみつくろって、「さ、泣きましょう」とやります。
 おかしな順番なのだけど、
 なんだか、それがいい塩梅なのです。
 ひとそれぞれ……、
 自分のココロとの付き合い方は、いろいろあるのですね、きっと。

 札幌市内は、ほとんどが無事に運動会を終えられました。
 ウチにいる5番目ちゃんは、
 大きな音が怖すぎて、最初と最後しか参加できませんでした(^^;)。
 そうしたら……、
 すべて終了した後に、5番目ちゃんのミニ運動会をしてくれました。
 同じ支援級の子たちも付き合ってくれて、
 5番目ちゃんの徒競走と、踊りが披露されました。
 本当に、学校の先生って、子どもたちを大事に大事にしてくれますね。
 産みのご両親も来てくれていたので、
 見てもらえてよかったです!
 心に残るあったか~い運動会でした。
 今日は、久しぶりにいい天気です。
 

投稿: 空色めがね | 2022年6月 5日 (日) 15時07分

おきょうさん さん

うつくしいことはみんな、
虹の橋の向こうからの
合図なのかもしれません。ね。

それを受けとめ受けとめ
生きられる幸いを、
ことさらに最近感じるようになりました。

(焼き鳥を見るたびに、
「潤さん?」と云うようになっている、わたしです)。

投稿: ふみ虫。 | 2022年6月 5日 (日) 22時36分

真砂 さん

大好きですとも!

雨が好き、という魂の調べ。
バイオリンってものすごいなあ……と
思わずにはいられません。

ありがとう、真砂さん。

とてもとっても慰められています。


投稿: ふみ虫。 | 2022年6月 5日 (日) 22時39分

こんぺいとう さん

こんぺいとうさんのおかげで、
エネルギーを渡し合いながら、
生きているのだと思えてきました。

エネルギーを自分の畑で育てようっと。


投稿: ふみ虫。 | 2022年6月 5日 (日) 22時41分

ケイ・S さん

夜のはなし。

その作法(?)、父に言われて身につけたのでした。

わたしの夢は、
やはり……目の前に置かれたもの「なりゆき」を
受けとめて育てたい!ってことです。

この夏の目標は、3キロ痩せる。です。
なんだかお腹がすいて、いっぱい食べてたら、
太ってたー!のです。

投稿: ふみ虫。 | 2022年6月 5日 (日) 22時45分

みぃ。さん

まあ、そうですか。
聞いてみましょうっと。

泣いてる場合じゃないときは、泣きませんが、
甘やかなものが流れこんでくると、
すぐ泣きます。

投稿: ふみ虫。 | 2022年6月 5日 (日) 22時47分

空色めがね さん

それはそれは……。

《宇宙大運動会》

ということばが、
頭のなかを駆けめぐりました。

空色めがねさん、やったね。
いつもいつも「やったね」だけど、
《宇宙大運動会》おめでとう。


投稿: ふみ虫。 | 2022年6月 5日 (日) 22時50分

ふみこ様 こんにちは

今日は 晴れです。
でも 空気はとても冷たくて
ライラックはもう 咲き終わりそうですが
少し遅れた リラ冷えです。


あらゆる「悩まされる」は愚痴であり、
あらゆる「大変ですよ」は脅しである。
草取りは当たり前 できなかったときは
庭に向かって「ごめんなさい」というふみこさん
こういうところが とってもいい!
そう 改めて思います。 

ふみこさん
ブルーハーツの「青空」と言う曲
聞いていると ちょびっと 泣きそうになります。

投稿: えぞももんが | 2022年6月 6日 (月) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)