« 日記(2022年7月) | トップページ | 100字随想 7月 »

2022年7月26日 (火)

 午前3時

 これを書いているいま、午前3時23分。
 午後11時ごろ眠り、午前3時に起きたのだ。
「おはよう」

 前の晩は午前3時まで仕事をして、眠った。
「おやすみなさい」

 このところ仕事が少しふえたのと、畑で採れる野菜であれこれつくるしごともあって、早起きしたり、夜更かししたり。そのため、午前3時に起きていることがふえたのだ(いつもじゃありません、あしからず)。

 午前3時のいいのは、突然誰かが訪ねてきたり、電話がかかったりしないところだ。ときどき、ちちやははにお線香をあげたい、という方があったりするが、午前3時にはそういう訪問も決してない。
 たったひとり、裏のバイパスの車の走る音——夜間はトラックが張り切って走っている——を聞きながら仕事をするのは、わるくない。
 それから、カナダに暮らす末娘に、ちょっと連絡したり、テレビ電話で話したりするのに具合のいい時間帯だ。
 カナダと日本は時差が17時間(現在サマータイムで、16時間)もあって、時間を合わせるのがむずかしい。カナダのひとたちは日本人の17時間前を生きていることになる。
 先に穴を掘りながらすすんでゆき、「あとから、穴をお通りなさい」という気分になったりするけれど、それは妄想。

「バンクーバーは23度です」
 と娘が伝えてきた。
「こちらはきょうも猛暑になりそう。いいなあ、23度」
「あ、またこんな時間まで起きてる。もう少し眠って」
「いや、起きたのよ。きょうは早起き」

 午前4時20分。
 7時までもうひと眠り、しようかな。

 午前4時26分、セミが鳴きはじめた。

Img_5595
ふみ虫舎から『プンニャラペン』
(山本梓)を刊行しました。
ブログで書きためたもののなかから
厳選し、編んだ日常録です。
近く購入方法をお知らせします(1,500円)。

16468603148543
https://anchor.fm/untatta-radio/episodes/07-e1lga0l
「うんたったラジオ」07収録しました!

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

午前3時。不思議な時間ですね。

トムは真夜中の庭で、のように
不思議な時間の中みたいです。


3人目出産、産休までもう少し。

男性上司からは
子供のことで休む機会が多いし
これを機に今後のこと(職を変えるなど)
考えてみたら、と。

今年はつわりやコロナ休園が多く
余計ご迷惑をかけたのですが…


ママが働くというのは
まだまだハードルが高いな、と思いました

投稿: たまこ | 2022年7月26日 (火) 10時22分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
父、母を見送った七月も終わろうとしています。
墓前に立つと、いつも「元気」と声をかけてしまいます。

茂った木々と蝉の声に裏山がまたふくらむ八月がやってきます。
こちらは、日の出が五時を過ぎました。今は、四時の日の出で目覚めていた体になっているので六時まで布団の中でグズグズと至福の時を過ごしています。
起きると畑のトマトを取りに行きますが、学習能力のない私は毎朝トマトの茂みに顔を突っ込み、クモの巣と鉢合わせをしています。

相変わらず庭ではアリさんが忙しそうにしているのをみて一句できました。

  「離るるも 休むもよしや 蟻の列」

うんたったラジオ、お久しぶりでした。
久しぶりだった謎もとけました。
梓さん、「プンニャラペン」刊行おめでとうございます。
手にできる日を楽しみにしています。
せんせいの「ためになることは何も書いてない」は、だれも「えっ」と心ひかれる宣伝文句のような?
思わず笑ってしまいました。
67年を振り返って起きた事はあるべきしてあったと思えるようになり「予告編」で悩むことは少し減ってきました。
「禍福は、糾える縄の如し」   私の座右の銘です。


ユリの木の花子さま
ご主人さまご回復安堵しました。
王子様もあと少し、がんばってください。
花子さま、お疲れ出されませんように。
我が家は、一月に長男家族、五月に次男家族がそれぞれの地で療養生活でした。
コロナだけは食料を送ることしか親もできません。ご近所のみなさまのご協力を家族皆感謝していました。
これまでの共働きの家事も子育てもできる方がするの生活が功を奏したようでした。

せんせい、みなさま暑さ本番です!ご自愛ください。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2022年7月26日 (火) 14時42分

ふみこさま

おはようございます!

ふふ。蝉の声。。こちらも朝からシャーシャーきこえてきます。
一瞬違う世界へワープできそうな感じがすきです。
こちらもエアコン。。パソコン。。プリンターまでトラブルつづき
夫も体調不良でしたのでこの蝉の声に元気をもらえました。

あと三女さんのバンクーバーの風も。。
トロントとかケベックの歩いた街並みをふとおもいだしたり。。
そうそう今ドボルザーク弦楽セレナーデのアンサンブルも
はじまったのでチェコの自然のなかにいます~。
なんて妄想にひたるのも夏の楽しみですよね。
では今日もいい風感じれますように。

投稿: 真砂 | 2022年7月27日 (水) 07時43分

たまこ さん

たまこさん、自分で決めて、
しんとして進め!

と云いたい、です。

投稿: ふみ虫。 | 2022年7月27日 (水) 10時53分

岡山のこんちゃん さん

わたしは、こんちゃんの句が大好きです。

投稿: ふみ虫。 | 2022年7月27日 (水) 10時54分

真砂 さん

カエルも蝉も、
「鳴きはじま」があるんですよね。

すると、みんながつられるように、
鳴く。

投稿: ふみ虫。 | 2022年7月27日 (水) 10時56分

ふみこさま。みなさま。
午前3時!
ふみこさんのお仕事の時間だと知りました。
私は時々、目が覚めるんです。
午前3時あたりに。
こちらは、この時間あたりには
波の音が昼間よりよーく聞こえます。そして、4時15分あたりには
新聞配達のバイクが必ずこの時間に来ます。
目が覚めた。
うんたったラジオを聞きました。
ふみこさんと梓さんのラジオの声が部屋に流れ、一緒に時間を共有している思いでした。
そうなんだよね
わかる、わかる
と一緒にうなずいたり、笑えたり
私、梓さん以上に沼に入ると言うより、つかりきって自分を疲れさせてしまう。
用心しすぎて沼につかってしま
うクセがあるんだと気づ来ました

うまくいくより
うまく行かないほうの経験が沢山あるほうがいいのふみこさんのことば。
すごく、力になりました。
うまく行かないことばかりで来ていると思っていたから。
しょげることはない
めげることはない!と思えました

100字エッセイのこと
うまくいかなさのこと
また、ぜひお二人のラジオで聞かせて下さいね。
梓さんの本
プンニャラペン、楽しいタイトル
楽しみにしてます。

ふみこさま。みなさま。
疲れはのこりましたが私は
おかげさまで感染はしませんでした。
青空に広がる入道雲と夏の海を眺めてます。
数日間のトンネルを抜けて
思ったんです
人生を楽しもうって!

投稿: ユリの木の花子 | 2022年7月29日 (金) 11時19分

ふんちゃんへ

私はかなり早寝なので朝も早くに目が覚めます。
そんな時はラジオを聴きながらぼ〜っと布団の中にいます。
トラックは夜間かなり張り切ってますよね…窓を開けて寝ているのでよく聞こえます。ラジオが聞き取れないほどの音です。

カナダとの時差…そうでしたね。
今はサマータイムですね、夫がカナダに居た最後の夏は私もカナダを訪ねたんでした。あれは、何年前かな…布団の中で考える…そうだ、4年前でした。
姑が亡くなったのは?
母が亡くなったのは?
直ぐにはこたえが出ず、娘が大学1年の時だから…6年前とか何故か娘の年で記憶してます。

もうすぐ8月。
いつもよりたくさん祈る月です。
3年ぶりに竿燈まつりがあるそう。
竿燈通りで開催されるのですが、竿燈が電線に引っかからないように電線が埋めてあるそうです。
観覧する席も早い時分から中央分離帯に設置されてました。

梓さんの本 楽しみです♪

投稿: ハチミツ | 2022年7月29日 (金) 13時03分

ふみこさま

午前3時、その頃トイレに起きちゃいます。
それからまた寝て、4時にくまこがさっちゃんを連れてきます。さっちゃんは私の隣で寝るんですが、すぐに起きて、布団のまわりを伝い歩きしたりはいはいしたり、ちっともじっとしていません。私も起きればいいんですが
眠くて半分寝ながら世話してます~
早起き苦手なんですよね~

今日の短歌

はるくんとすいかにかぶりついている
真っ赤な太陽食べてる気分だ

投稿: こぐま | 2022年7月29日 (金) 21時05分

ふんちゃん

 静かな3時って、想像してみるとわくわくします。
 わたしも、わたしも……というきもちも起きるのですが、
 わたしは、すっぽり眠りの世界だなぁ……です。
 いい時間ですね……。

 先日、なんだかいろんなことがダウンしている感覚のあるとき、
 「うんたったラジオ」が更新されていて、
 早速、お二人のお話をうかがって、
 ふぅと、深いため息とともに、ちょいとの涙と、
 笑顔がやってきて、(きもちが)忙しくなっていました(笑)。
 とっても、とってもうれしかったです。
 毎回のことですが……(^^)。
 梓さんの「プンニャラペン」たのしみです!

 こないだ、ふんちゃんがここに中村哲さんの名前を置いてくださいました。
 それから、ふと見た毎日新聞に、中村哲さんのドキュメンタリー映画のことが書かれていて、その映画の監督のお話を読む機会が与えられました。
 ああ。そうだったのか……と、
 これまた涙が…でした。(ん?ここのところ涙腺がゆるいのかなぁ……)

 戦争って、ひとが豊かに暮らせていたら起こらないのかもしれない……と、わたしもずっしりと感じました。
 ときどき、読んている暮らしの手帖の始まりもそうでしたよね……。
 「暮らし」って、大切。
 水があり、明かりがあり、食べ物もある、ということが、
 当たり前にもなってしまう今のわたしの暮らしです。
 せめて感謝しながら、違う場所で同じ時を過ごしている人たちに思いを巡らせることをしようと改めて思いました。
 あまり気負わず、できることをしていようと思います。
 いろんなことを感じる夏です。

 暑さ、湿度など、カラダにこたえる季節なので、
 ふんちゃん、みなさまも、どうぞご自愛ください。

 ユリの木の花子さん
 お元気でよかった……。
 心身ともにお疲れのことと思います。
 どうぞできるだけゆっくり過ごされますように……。
 祈っています。
 

投稿: 空色めがね | 2022年7月31日 (日) 09時46分

ふんちゃん

 とっても伝えたかったことなのに、書き忘れていたことがありました!!
 こないだね……、
 そろそろ窓閉めないと……と思って、窓のところへ行ったら、
 何か、とっても小さな明かりがついたり消えたりしているのです。
 見間違いかなぁ……と思ってじっと見ていると、
 網戸のところに……、なんと小さな蛍がいたのです!!!
 
 ウチの近くで、保護しながら大切に育ててくださっていた方がいらして、
 けれど、その方がご高齢で、その活動が続かなくなっていると聞いていました。
 その保護地帯から、ふわ~っと飛んできたのかもしれません。
 夜の、静かなご褒美に、とっても癒されました!
 家の明かりを消して、一時、みんなで見守りました。

 ちょっと、自慢話でした(^^)

投稿: 空色めがね | 2022年7月31日 (日) 14時01分

ふみこさん

うんたったラジオ 聞きました!すごくよかったです!
いいお話を聞かせてもらって、ありがとうございます😊

投稿: 背の高い松の木 | 2022年8月 1日 (月) 12時06分

ユリの木の花子 さん

いつも午前3時に仕事をしているわけでは
ありませんが、昼間だけでは、どうしても
間に合わないときは……。

こんな時間にいやになっちゃう、と
思いかけることもありましたが、
3年ほど前から、おもしろさをわかるようになっています。

この時間帯ならではの世界が、静かにひろがっています。

ユリの木の花子さんの日常が
もどってきてよかった……。
まだまだご心配なことやら、
こころに留めておかなければならないことやらが
あることでしょうけれど、ともかく。

トンネルの先の光が見えましたね。
ほっとしました。


投稿: ふみ虫。 | 2022年8月 1日 (月) 12時43分

ハチミツ さん

8月になりました。
ほんとうに、ほんとうに。

祈りの月ですね。
暑いけれど、
この暑さのなか、苦難を超える苦難になかを
生きようとしたひとたちのことを思わずには
いられません。

文句を云いそうになるこの口を、
「黙って」とふさぐ気配があります。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月 1日 (月) 12時47分

こぐま さん

なんて、豊かな歌でしょう。

わたしは真っ赤な太陽を、
ざくざく切って、容器におさめ、
冷蔵庫に入れます。

わたしが食べているのは、
太陽のかけらだったのだ!

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月 1日 (月) 12時49分

空色めがね さん

地球に国境というものがあるのが、
不思議です。

同じ星の上にいるお互い、というふうに
考えたなら、相手を打つ弾が、いつか必ず
自分を打つということがわかるのに。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月 1日 (月) 12時52分

空色めがね さん

そのおはなしは、
友だちのはなしとしてわたしだって自慢して
まわりたいです。

蛍、訪ねてきてくれたんだね。

お父さまかもしれないね。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月 1日 (月) 12時53分

背の高い松の木 さん

背の高い松の木さんに褒められちゃった!

きゃっ。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月 1日 (月) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)