« 100字随想 7月 | トップページ | 日記(2022年8月) »

2022年8月 9日 (火)

ナス寿司

 畑の野菜に追いかけられる。

 こんなふうに、書くと、ちょっと愉快じゃあないか。
 もう一度、書いてしまおう。

 畑の野菜に追いかけられる。

 ことしの2月のはじめから、田んぼのこと、畑のこと、庭のことがはじまった。あいだははしょるが、2反ほどの畑から野菜が採れはじめると、それはたちどころに「つぎからつぎへ」になっていった。
 畑の経験も勉強も足らなかったから、困ったことも起きた。思うように成長せず、結局収穫に至らなかった野菜(ソラマメやスナップエンドウ)もあったし、小動物やらカラスやらに持ってゆかれる作物もあった。畑から目を離すと、一瞬のうちに(一瞬なんてことはないのだけれど、そんな気分なのであった)、作物は収穫時期を逃して、巨大化する。巨大ズッキーニ、巨大オクラ、巨大ナス、巨大キュウリ……。このなかで、巨大になっても食べられるのはズッキーニとキュウリだ。ズッキーニは大きくても案外そのままいける。キュウリは、キュウちゃん漬けにした。
 オクラは大きくなり過ぎると筋張っていけない。叩いて刻み、いかと和えて食べるといい、とおそわったけれども、1日じゅうオクラを叩いているわけにもいかず、そっと土に帰ってもらうのだった。

 熊谷に越してきてから初めてできた友人経営の「おはなやさん」という屋号の総菜店に届けて売ってもらったり、わずかに農協の直売所に出すほかは、ほとんど友人知人に助けてもらった。東京の友人たちに送ると、みなうまいこと調理して食べてくれる。
 ジャガイモ(△)。トウモロコシ(◯)。ニンジン。ハツカダイコン。ヒャクニチダイコン(◯)。カボチャ(◯)。スイカ(◯)。メロン(△)。ヒメウリ(◯)。トマト(△)。
( )のなかの◯は、まあまあなんとか食べられた野菜、△はかたちがわるかったり、収穫量が極端に少なかったもの。

 わたしたちにとっては、畑騒動である。

 わたしたち、とつい書いてしまったが、畑仕事はササキシンイチさんと夫が中心となって進み、わたしは主として採れた作物の引き受け手だった。
 騒動によって追い詰められた気持ちにならなかったのは、この2年ばかり空っぽだった畑がにぎわったことがうれしかったからだ。畑から、毎日ピーヒャラピーヒャラと祭囃子が聞こえてくるような気がしている。失敗も、なんだか可笑しかった……なんて云うと、お百姓の皆さんにあきれられ、叱られるかもしれない。
 が、土を相手にし、生きものを相手にすることが、初めからうまくゆくものではない、と身に叩きこまれた満足感がある。土をおぼえて、生きものと親しくなってゆけたなら、どんなにいいだろうか。

 ある日、野菜を引き受けてくれた東京の友人から、こんなハガキが届いた。「ナス料理で困ったら、ナス寿司にします。農家の方からおそわったのです。ナスを厚さ7ミリくらいの斜め切りにし、焼きます。ちっちゃな〈にぎり〉にのせ、お醤油をたらして食べるのです」

「早速、ナス寿司つくりました。なんと美味しい! ちょっぴりデブの〈にぎり〉になっちゃいました。ナスとすし飯が合いますね。わさび、つけました」

「コツはすし飯を小さく小さく握ることらいいのです」

「わたしの好きなナス料理は、ナスのとんかつ風です。皮が破裂しないように、(皮に)竹串を刺して穴をあけておきます。大きさは好みで。子どもが小さかった頃は、まるのまんまでゆきました。小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げます。ソースと辛子で」

Photo_20220808224201
これは、この夏3回目のナス寿司です。

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

うちもプチ家庭菜園をしてるので
今は枝豆に追いかけられています😅

でも贅沢で楽しい悩みですよね。

さて産休に入りました。
初日に次男が溶連菌で40度熱を出しました笑
でも会社が休みということもあり
いつもより穏やかに向き合えたかな、と。


堂々と空いた時間なんだからと
堂々としています

投稿: たまこ | 2022年8月 9日 (火) 10時16分

ふみこさま

こんにちは!
畑の野菜たちのぴーひゃらぴーひゃら楽しそうですね。

畑の野菜楽団みたいです~。
私も最初室内楽に飛び込んだ時も
愉快なリズムや追っかけてくるような管楽器の音に
あわてながらも体で喜びを感じていました~。
今思えば。。楽譜に追いかけられていました~。
長いよ~といいつつもオペラの伴奏の音はゆかいだったな~。

音を作るのは今もさらに大変で「あれ~前のほうがのびやかだったかも~」なんていうかんじになるのが本番で近くなってくるときです。
そういうときは窓の朝顔たちや風船カズラのやわらかな曲線を
みながらひくといいかんじです~。

毎日の野菜たちのメロディーふみこさんきょうは
どんな感じでしょう?

投稿: 真砂 | 2022年8月 9日 (火) 13時42分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
こちらは、黒々としていた畑土が白くカリカリになっていますが野菜も草も暑さに負けずがんばっています。
朝、涼しいうち(今は七時になれば暑い)と夕方、日の当たらない所を草抜きをと思っていましたが夕方は水やりでくたびれてしまい、畑の半分だけ草が残っています。
その草の中に溝萩が咲いています。

畑仕事をはじめて10年。
わたしが上手くなったのは草抜きだけですが、夫のがんばりを見ていて育てたものは無駄にしたくない思いは、年々強くなってきました。
めんどくさがりのわたしが、ひと手間かけて冷凍保存したり、今年はきゅうちゃん漬けも仲間入りし、野菜に追いかけられるのも楽しいです。

せんせいのお話を読んでこの10年を思い出しました。
その年の天候で変わる野菜づくりは失敗も多いですが10年たっても新しい発見ばかりです。

今年のお盆も義母を連れて帰ることができません。
リモート面会はしてきましたが13日に半年ぶりに施設の玄関のガラス越しに会えることとなりました。

せんせい、みなさまご自愛ください。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2022年8月 9日 (火) 14時53分

ふみこさま

土と仲良くできたらいいなぁ〜と思いつつ、庭仕事に手がまわりません。最近は主人が草取りをしてくれてます。

今日の短歌。

散らかった部屋を片づけ気分よく
気持ちもきれいにもうすぐお盆だ

さっちゃんが一時保育に行ってる間にやっと掃除できました~

投稿: こぐま | 2022年8月 9日 (火) 21時39分

ふみこ様

「畑の野菜に追いかけられる」暮し
そうだった そうだったと
実家の夏を思い出していました。

トマト キュウリ いんげん 茄子
獲れだしたら止まらない・・・
自分のところの畑でも 食べきれないところ
近所の農家さんからも 同じ野菜をいただき
ほんとうに 追いかけられる。
楽しかったなぁ 
幸せだったんだなぁ
いんげんは 大鍋一杯、煮物にしました。
トマトは畑で収穫しながら 食べました(笑)


ふみこさん 
連日 熊谷の最高気温をニュースで見て
びっくりしています
どうか どうか
お体 大事にしてくださいね。

投稿: えぞももんが | 2022年8月11日 (木) 06時04分

たまこ さん

堂堂と、佳い時間をね。
誰にも増して、
暑さを感じておられることでしょう。

がんばれ。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月11日 (木) 21時23分

真砂 さん

2日間出張で、
野菜とは会っていません。

なんだかさびしく、
元気にしているだろうか、と
気がかりです。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月11日 (木) 21時25分

岡山のこんちゃん さん

明後日は、
半年ぶりのガラス越しの面会ですね。

どうか、佳いひとときを。
お互いの支えになるような、
大事な時間を。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月11日 (木) 21時26分

こぐま さん

ああ、やさしい時間。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月11日 (木) 21時27分

えぞももんが さん

汗をだらだら流しながら、
仕事をしています。

子どものころは、こんなふうに過ごしていたなと
思いながら。

(あのころは、涼しい場所をみつけて、弟と昼寝しました)。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月11日 (木) 21時29分

ふんちゃんへ

ナス寿司美味しそうですね。
菜園がにぎやかな様子伝わりました♪
夫のベランダ菜園のミニトマトも豊作で、私もちょっぴり追われてます。

北東北は8月に入ってから雨が多く先日も青森、秋田で被害がまた出ていました。
水に浸かった稲やりんごをニュースで観るの辛かったです。

夫のお盆休みで昨日雨の中を下道中心で寄り道しながら宮城に帰って来ました。
山形でお蕎麦食べましたが、今朝のニュースではその辺りが夜に雨がかなり降ったとか…。
台風の被害もありましたよね。
「どうか、ほどよく降るようにして下さい!」とかなり祈ってました。

仏壇に少しですかお盆のお供えをし、手を合わせる事ができホっとしました。
ふんちゃんのお盆はお忙しいのでしょうね…。
まだ暑さ続くようです。体力温存しながら8月の後半を過ごされますように!

投稿: ハチミツ | 2022年8月14日 (日) 14時59分

ふみこさま 

とろけそうに暑い、友人のことば
そのものの毎日です。
暑さは体力だけでなく気力も奪っていきます。
仕事だけはなんとか踏ん張ってますがこれもなかなか。
せめて早朝に束の間のいのちの洗濯
とばかりに早起きします。

青空を見上げれば白い雲は次の季節に向かって流れているような…
犬と戯れる庭の隅にクマゼミの亡き骸がありました。

生まれかわり死にかわり…
暑い夏の思いは祈りへと続きます。

投稿: こんぺいとう | 2022年8月15日 (月) 07時47分

ふんちゃん

 野菜たちに追いかけられる……、
 毎年の夏、そんな感じで過ごしています。
 が、ふんちゃんちの多さとは、
 くらべものにならないな~と思いながら、
 今年も、きゅうりや豆と過ごしています。
 それでも、今年は母がいるので、
 きゅうりを越冬用に塩漬けにしてもらえて本当に楽チンです!
 (この塩漬けは、冬に柴漬けになります(^^))
 豆は、さっと湯がいて冷凍したりもしますが、
 とにかく、毎日食べています!
 ただ茹でただけのもおいしい!
 甘じょっぱい油いためや、お味噌汁……。
 というので、今は、毎日、豆ときゅうりの食卓です。
 (もちろん、ふんちゃんから教わったキューカンバーサンドイッチも!)
 なすも、少しずつ採れていますが、困るほどじゃない……。
 これは、ちょっと寂しいです(^^;)。
 ナス寿司!作ってみます!
 最近は、素揚げしたナスのお味噌汁が人気です。

 野菜を追いかけながら、
 本を読んだりもできている夏です。
 以前、ここでも紹介させていただいた岩宮恵子さんという人の本を読んでいます。
 何冊か思春期のことについて書いてくれているのですが、
 その中の1冊に、本を読んで書き下ろしたという谷川俊太郎さんの詩が載っていました。
 2番目ちゃんも体験した(している)「思春期の大冒険」の只中にいる
 まぶしい思春期の子たち(生きにくくもある子どもたち)の内面が、
 その詩にすっかりと表れていて心を揺さぶられました。
 (最近、恒例の)涙をにじませながら、何度も読みなおしました。
 これは、どこかに清書して貼っておこう!と思っています。
 (この詩が載っているのは「生きにくい子どもたち」という本です)

 そしてね……、
 うれしかったこと。
 ふんちゃんが「めがね」を観ながら(流しながら)お仕事をしていた……と教えてくださったとき、
 わたしもおんなじことしていたのです!
 携帯で「めがね」を流しながらパソコン仕事をしていました。
 あの雰囲気に包まれながら作業をしたかったのです。
 おんなじことしてた~!!と、ウキウキしてました。

 昨日の夜中は、「藤井風」の生配信ライブでひとり盛り上がりました。 
 と、ウキウキしたり、わくわくしたり、
 涙を流したり、考えたり……して過ごしています。
 
 大雨や地震など……心配になるニュースが次々目にします。
 ふんちゃん、みなさま、どうぞご自愛ください。


 

投稿: 空色めがね | 2022年8月15日 (月) 11時12分

ハチミツ さん

まんべんなく降らしてください。

と祈りながら、天気図を眺めています。
わたしの住む熊谷では、
さっぱり降りません。

降りそうになっても、振らず。
雨にふられるって感じなのです。

北の皆さん、どうかどうか、
お大切に。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月16日 (火) 03時01分

こんぺいとう さん

脳の一部がとろけているかもしれません。

それならそれなりにやってゆこうというのが、
いまの気持ちです。

秋の虫が鳴いています。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月16日 (火) 03時03分

空色めがね さん

焼き茄子のおみおつけが、わたしは好きです。

お椀に焼き茄子を入れて、
おみおつけを注ぎ、辛子を添えて。

そうか、その、揚げ茄子ver.ね。

子どもたちの「いま」を
子どもたちの「未来」を、
少し楽にさせてあげたい……ですね。
そのためには、大人が気を楽にして、
たのしく生きなければ……。

投稿: ふみ虫。 | 2022年8月16日 (火) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)