« タケノコごはんと大根のおみおつけ | トップページ | 100字随想 11月 »

2022年11月15日 (火)

日記 2022年11月

11月□日
 朝、台所のブリキのゴミ箱の蓋をとると、なかに動くものが見えた。
 カマキリだった。
「どうしてこんなところにいるの」
「……」
 返事の代わりに、カマキリは身をよじるようにしてお腹を見せた。
「わわわ」
 それは、出産をひかえたお母さんの大きなお腹だった。
 大急ぎで庭に運んで、いちご畑の葉の陰におろす。
「ここはどう?」
「……」
 返事の代わりに、カマキリは葉の重なりのなかにもぐりこんでゆく。素早くは動けず、ゆっくりと。

11月□日
 この日予定を空けておいてほしいと、長女梓に云われていたから、そうした。埼玉県比企郡小川町に住む梓の友人タケクンが熊谷の家に遊びにきてくれるのだと、思いこんで「タケクンみえる」と予定表に書いた。

「その日のランチは、どうする? 何を用意したらいいかな」
 と訊いたのは、2週間前のことだった。
「いやいや、お母ぴーとわたしが、小川町に行くのよ」
「あ、そうなの」

「そうだお母ぴー、タケクンのところでは、『うんたったラジオ』の公開収録をするからね」
 と梓が云ったのは、1週間前のことだった。
「初の公開収録だー。告知しないと」
 1週間前に告知と云われてもね。

 さて当日。
 小川町へ。
 熊谷から車で30分も走れば到着する。
 この町にある「茄子おやじ」というカレー店が好きで、ときどきこの町を訪れていたのだが、そのたび、街のなかを歩きまわった。どんどん気になってしかたのない場所になっていった。
「茄子おやじ」、元は東京の下北沢にあったのだ(カレー食堂『茄子おやじ』)。小川町出身の店主が、ご両親の生活を支えるため移転したと聞いている。

 さて本日の行き先はタケクンこと柳瀬武彦さんと田中菜摘さん夫妻のお店PEOPLE。赤い暖簾のかかった母屋「玉成舎」に併設された大谷石の石蔵。そこにPEOPLEはある(小川町駅から徒歩9分)。
 プランナーとして仕事しているタケクンと、発想の豊かさを生かして取り組む料理や食材、雑貨あつめを担当するナッチャンがつくるちっちゃな森のような「場」は、現在、週末を中心に開かれている。

 杉の木の壁。吹き抜けの空間。ドーナツ型の木製テーブル。
 このテーブルに坐って「うんたったラジオ」公開収録。……どうなることか、とわたしは思っていた。

「うんたったラジオ」vol.11vol.12で聞いていただけますれば幸いです。
 タケクンありがとう、ありがとう。また会いに行きます。

11月□日
 10月さいごの日にカナダから三女栞が帰ってきた。
 ひと月後には、またカナダに戻ることになっていることもあって、ぎゅっとなかみの詰まった日日が編まれている。
 週日はリモートで仕事をしているから、時間が生まれると「散歩!」と叫ぶ。
 きょうの「散歩!」を空中でつかまえて、わたしもつきあう!と云って立ち上がる。頭のなかが散らかっていて、胸がざわざわしている。こんなのを整えるときは、歩くに限る。すこおし早足で、スタスタ歩くのだ。
 きょうのコースは12キロ。隣町の深谷まで出かけてコーヒーを飲み、また帰ってくるという散歩だ。歩き慣れた道であり、午後2時半に出発し、5時には戻れるという計画。

 わるい癖が出た。
 帰り道でのことだ。
 いつもの道の2本手前の道の前で、わたしはとつぜん曲がりたくなる。
 これまで幾度、これで失敗したことか。
 思えば栞と初めて熊谷で散歩した日もそうだった。とんでもない遠まわりをして、あたりが暗くなるなか、知っている場所を求めて知らない道を歩きまわった。
 きょうは、車道(バイパス)に入る羽目に陥りそうになり、ふたりで土手の急斜面を降りたりして、とんだことだった。いや、またしてもわたしのせいで、栞をとんだ目に遭わせた。
「とつぜん曲がりたくなる」は、散歩のときだけではない。
 日常の道の上でも、とつぜん曲がる。突飛なことをしたくなるのは、おそらく順風とか、安定が苦手だからだ。退屈ほど恐ろしいものはない。

 午後6時、草だらけになって、帰宅。
「オンマ、これからは知らない道で曲がろうとしないこと。吉祥寺(東京)ではそれもいいけど、熊谷は農道や旧道があるんだから。……でも、おもしろかったね」
 そう云って叱られる。

17119017580214_20221115104501
「うんたったラジオ」初の公開収録!

17119017611259   
「うんたったラジオ11」は、ここで聴けます。
▼anchor
https://anchor.fm/untatta-radio/episodes/11PEOPLE-e1qm8m0
▼Spotify
https://open.spotify.com/episode/6GCdt10OzH89UxKyIUt04O?si=ZjLeOS74SIi--oiiI87OLA

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 





 

 

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

久々にお写真にてお顔を拝見できて
嬉しいです。お隣は梓さんですか?
以前エッセイにもお写真が載っていましたが
ふんちゃんに似てきましたね。


さて、最近育児疲れ
三兄弟連続風邪で寝不足が続き。

何に疲れているからイライラしているか
何ができないしてほしいか、を自覚分析。

なるべく自分を労わる、
できないはできないと言うを実行中です

投稿: たまこ | 2022年11月15日 (火) 11時19分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
カマキリさんは、せんせいに出会えて幸運でしたね。
わたしは、この広場に出会ってずいぶんヒト以外の生物たちへの思いが変わりました。
わたし、こんな優しいヒトだったかしらと思うことがあります。

今年も近くの川にカモたちが渡って来てくれました。
まわりの山も彩なる秋色から冬の枯れ色にゆっくり静かに変わりはじめたように思います。
縁に並べた菊たちも花の終わりを告げはじめています。
今年は、大輪の花と元気な葉をつけてくれ、義父の菊作りにようやく一歩近づいたかなと
夫と話しています。(10年かかりました)
義母に今年の菊の写真をリモート面会で見せると「やっぱり、おじいさんの子どもじゃなあ。」
とうれしそうでした。

うんたったラジオを聴いて、柳瀬武彦さんのお声を聴いていて、穏やかで落ち着いた話しぶり
だなあと思っていたら、話題がそちらのほうに向かい、せんせいのお話に思わず笑っていました。
わたしも王子たちの口ぐせが「かあさん、落ち着け」なので!

先日、車で隣町へ行くのに夫が「たまには近道をしよう」と言います。(それも初めての道です)
この地で近道と言えば、山の中へ入っていくこと。
人家のあるうちはよかったのですがだんだんくねくねとした細い道へ、そして分かれ道へ、迷った末広めの道を選び山を抜けると、なんと少ししか進んでおらず笑うしかない。

うんたったラジオ12、楽しみにしています。
せんせい、みなさま、ご自愛くださいね。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2022年11月15日 (火) 15時41分

ふみこさま


おはようございます。
素敵な空間での公開収録おめでとうございます。

杉の木の壁のやわらかな反響に包まれて
皆さんのびのびと心が解放されて楽しそうで
わたしもその場所にいってみたくなりました~。

people..お店の名前もいいですね。
柔らかな心地の良い空間で人と人がふれあって
これからもたくさんの出会いがうまれていくのでしょうね。本当に武彦さんの穏やかなお声をきくとほっとします。いつもはラルゴの速度の曲を弾いていてもだんだん
早くなってしまう感じの私なのであこがれま~す。
でもこれがわたしのラルゴなんだろうな~と思います。
だからゆったりとした自然の中や空間が大好きです。
素敵な方と素敵な場所を教えてくださってありがとうございます。

ではふみこさんみなさん今日もいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2022年11月16日 (水) 06時42分

ふんちゃんへ

うんたったラジオの公開収録〜♪
3人で楽しくお話しされてとても和やかなようす伝わりました。
ふんちゃんとタケクンは「はじめまして…」だったとは思えないほどでした。
石蔵のカフェ…行ってみたいです。

秋田の横手市増田町には蔵が母屋で覆われた「内蔵」があります。
豪雪地帯なので雪で蔵がつぶれないようにとのことです。
以前吉永小百合さんの「大人の休日倶楽部」のポスターで使われていました。
秋田にいらした時にはぜひ行ってみて下さい!

栞さん帰国されているのですね。
「散歩!」の時間を2人で過ごされるの貴重なひとときですね。
私は同じ道で行き来するタイプです。
違うと不安になります。
知らない道も発見があり楽しいのは分かっていても、なかなか冒険できないです。

稲刈り後の緑の葉?は何だろうと思って昨日調べました。
「孫生え(ひこばえ)」と言うのですね。
ひとつ賢くなりました!

投稿: ハチミツ | 2022年11月16日 (水) 15時41分

ふみこさま

うんたったラジオ 楽しく聞かせていただきました。
この間、私も失敗したことがあったんだけど、はるくんに言ったら、
「失敗のない人生なんてつまらんわな」
って言ったんですよ~。
びっくりしました。
最近も、学校行きたくないなぁ~って寝る前には言うんだけど、朝には切り替えて行けています。ちょっぴり成長してるかなぁ。
はるくんとさっちゃんのおかげで、私も創作活動できてるし、ありがたいです。
私も、思いついたら、すぐ動いちゃいます。
でも出不精でもあります。
なんだかなぁ。
まあ、毎日飛ぶように過ぎていくので、1日1日を大切にしようっと。

投稿: こぐま | 2022年11月18日 (金) 10時51分

たまこ さん

自己分析。
紙にわーっと(ペンか鉛筆で)書いてみる。
わたしは、それをしています。

思わぬ発見あり。
自分だけががんばっているような気がしているようなとき、
それ、ちがうじゃんと、はっきり気づいたり。

がんばれ。

投稿: ふみ虫。 | 2022年11月18日 (金) 20時05分

岡山のこんちゃん さん

菊。
見たかったなあ。

いろいろなさって、
お義母さまをうれしさで包んで……。
こんちゃん、えらい!

投稿: ふみ虫。 | 2022年11月18日 (金) 20時16分

真砂 さん

ほんと、真砂さんとは、
「空間」をご一緒したいですねー。

これは、大切な夢。

投稿: ふみ虫。 | 2022年11月18日 (金) 20時47分

ハチミツ さん

うちにも、蔵が3つあり、
ふたつは、どうして分かれているのか、
同じ形態の蔵。
ひとつは味噌蔵です。

これをいま、
時間をみつけては片づけたり、
納められたものについて調べています。

いつか、また、
そんな話を聞いていただこうと思います。

投稿: ふみ虫。 | 2022年11月18日 (金) 21時53分

こぐま さん

たのもしい、はるくん。

ますますファンになりました。

投稿: ふみ虫。 | 2022年11月18日 (金) 21時54分

ふみこ様 こんにちは

ふみこさんの周りは
いろんなことが常に動いている
ふみこさんも 3人の娘さんも
風景がどんどん変わっていきますね。
聞いていて 次が楽しみになります。

札幌は先週 初雪が降りました。
小学生の子どもたちは
窓辺に集まり「ゆきだよ ゆきが降っていた」と
小躍りして まるで初めて雪を見るような
騒ぎようでした。
あ・あ・・また5か月は雪の生活かと
うんざりする自分を反省しました。  

投稿: えぞももんが | 2022年11月20日 (日) 14時46分

ふみこさま。みなさま。
何年かぶりかで転んでしまった。
それも玄関を出て数段ある階段
毎日、歩いているところだから
目をつむっても歩けるような場所なのに、1段、踏み外した。
痛い!
立てるか?
骨折してないかとまずは確認した。立てた。歩けた。
ほっとしたが翌日から脇腹のあたりが痛くて、あ、いたたた
シップしながら過ごしている。
こんな時は冷静になろう。
私の毎日は1人になる時間がほとんどないことに気づく、いつも誰かのだめに動いている
更に畑はみかんでいっぱい
夫と2人でみかんとりが続いた
これは
休みなさいというメッセージなんだと受け止め、今日は雨音を聞きながらボーとすることにした、

梓さんとのお写真はまるで
姉と妹のようです。
熊谷が何だか距離が近くなってきた思いです。
あの、黄色座布団に座ってみたいです。
ひろばのみなさんとの会も実現出来たらと夢みてます。
そのときは割烹着と郷土のお菓子をもって台所でお手伝いしますよ
みんなでステキな会を作れそうな気がします。

この場所をお借りして
えぞももんがさん
私は暖かい土地に住んでいるので
雪には憧れます。
テレビで森の中にいる
えぞももんがを見ました。
目がクリクリしてとてもかわいい動物でした。
えぞももんがさんもかわいい人で自然の中にいるのがとても似合う人なんだろうなと思ってます
森を一緒に歩きたいなぁと思ってます。

投稿: ユリの木の花子 | 2022年11月21日 (月) 09時49分

えぞももんが さん

今冬、雪を休んで、
本州に旅してください。

わわ、プロポーズみたいだ1

投稿: ふみ虫。 | 2022年11月21日 (月) 17時56分

ユリの木の花子 さん

ユリの木の花子 さんにも、プロポーズ。

座布団に坐りにいらしてくださいね。

投稿: ふみ虫。 | 2022年11月21日 (月) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)