« 庭ごはん | トップページ | くつ下自慢 »

2023年4月25日 (火)

きゃべつ祭り

4月18
 庭に昨秋から育ててきたきゃべつ10株のさいごの1個。

 昼、山のようにきゃべつのサラダをつくる。
 焼きたけのこ、スナップエンドウと合わせ、すりごまでつくったドレッシングを添える。たけのこ、スナップエンドウもうちで採れた野菜たちだ。
 大きな皿に玄米のご飯をよそい、ご飯のとなりにサラダを盛りつける。

 焼いた甘塩鮭ひと切れ。
 きゃべつと油揚げのおみおつけ。
 高野豆腐、大根、しめじの煮もの。
 キムチ。

 夜は、残ったサラダに缶詰のツナをのせ、塩そばの具とする。
 ラー油、塩、醤油少少。山椒を振って食べる。


4月19
 夜、ロールきゃべつをつくる。
 茹でたきゃべつの葉で、ソーセージや、豚肉を包む。
 ことしのはじめから、肉をどんと買って、小分けの袋入りにして冷凍するようにしている。豚肉100gずつ、手羽中半割り4本ずつ、ささみ2本ずつ、ひき肉200gずつというふうに……。
 たいてい2人暮らしのごはんだから1袋で間に合うし、人数が増えたときには、2袋でも3袋でも解凍して使うことにしている。

 ソーセージ4本入りの袋。
 豚コマ肉100g入りの袋。
 ベーコンコマ切れちょっぴり袋。

 これを解凍して、茹でたきゃべつの葉で包んだのだ。これを水でもどした干瓢でしばる。ロールきゃべつのほかに、大根、玉ねぎを加えてスープに。

 こうしてきゃべつ祭りの夜が、白ワインとともに更けてゆく。


4月19
 紅茶を淹れる。
 え? 
 やけに美味しい紅茶がはいった。

 こんなのをひとりで飲んじゃっていいのか、と思って、きょろきょろする。

 紅茶、珈琲、日本茶を美味しく淹れることができて、好ましいおみおつけがつくれたら、もうそれでじゅうぶんだという気がするきょうこのごろだ。簡単なようで、お茶にもおみおつけにも、すぐに自分のだらしない一面があらわれる。たまに「やけに美味しい」ものが生まれると、自分が大人物になったような気がするよ。


4月20
 ひとと話していて、「大事なのは、タイミングとバランスよ」と云っている自分にぎょっとする。
 口からするする出てきたふたつのことばは、ほんとうのところ、自分には縁がない。
 子どものころ、すでに母や弟に「タイミングがわるい」と云われていたし、バランスのほうだって、なんだかいつも「おっとっと」と危なっかしいことがつづいているのがわたしだもの。
 しかし、こんなふうにひとに云ったりしているところを見ると、あこがれていたのだな。タイミングよく、バランスをとって暮らすというのに。

 タイミングを計れないせいでぐらつくも、なんとかその場で体勢を保ってバランスをとるというのじゃ、だめだろうか、と考えてみている。

 

4月21
 東京での仕事の帰り、晩ごはんに駅弁を買って帰ることを思いつく。うれしや駅弁。
 こういうとき、夫には肉っぽいものを、自分には魚っぽいものを選ぶ。
 牛すき焼き弁当1,300円。
 銀だら幕之内1,450円。


4月23
 バンクーバーにいる三女栞から電話。
 向こうは夜、こちらは昼だ。
 わたしの昼がきょうだとすると、栞は昨日の夜を過ごしていることになる。
 この春からあたらしい仕事をするようになり、その様子を聞かせてくれる。
「韓国人の社長から『栞さんは、竹島は日本と韓国とどちらの国の領土だと考えますか?』と訊かれた。それも、挨拶がわりという感じで訊かれるの」
「どう答えたの?」
「簡単には答えられませんと答えた」

Photo_20230425084101
麦がこんなに育ちました。
穂がピンとのびている、のびています!

Photo_20230425084401
池袋コミュニティ・カレッジで
山本ふみこ新刊刊行記念講演会が開催されます。

開催日: 5月20日(土)13:30〜15:00
講師:山本ふみこ+写真家・田邊美樹

田邊美樹さんは『あさってより先は、見ない』の
表紙や本のなかの写真を撮った方です。

受講申し込みは池袋コミュニティ・カレッジHPまで。
https://cul.7cn.co.jp/programs/program_998322.html?shishaId=1001

thebase「ふみ虫市場」で『あさってよりは先は、見ない』発売中!
著者サインご希望の方は通信欄に「サイン希望」とお書きください。
https://fumimushi.thebase.in/


〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 


|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

キャベツ祭りいいですねー!

みんながなるべく食べるメニューをと。
それこそ驚くタイミングキャベツがやってきて家族のバランスを見て料理します。

常に修行ですね!


栞さん聡明な賢明な回答ですね、

親は社会でやっていける力をつければ
子育ては上出来、という境地に辿り着きました。
自分を追い詰めすぎず
親にも期待しすぎないように。

投稿: たまこ | 2023年4月25日 (火) 10時30分

 ふんちゃん先生、みなさま、こんにちは。

 最低気温が未だに3度4度下回る日々、今朝は0度ばってん、桜も散りはじめ、初夏ん跫音が聞こえはじめちょります。みなさま、いかがお過ごしやろうか。
 おいは比較的元気にやっとーと。

 竹島は日本と韓国とどちらん国ん領土やと考えると?
 もしおいが聞かれたとしたら、どう答えるか考えてみました。おいは、こう答えるかな。韓国ん領土やと考える人にとっては韓国ん領土で、日本の領土やと考える人にとっては、日本の領土じゃろう。国ば人ひとりびとりん集まりと解して、島ちゅう自然物ば誰んもんかちゅう問いにしたとき、おいは自然物ばだれか人んもん、人ん所有物と見做すことはできません。
 そう答えるとね。社長は、答えじゃなく、応えば求めたんじゃろうと思うばってん。


 先週おはなしした韓流ドラマについて。BLドラマばいくつか観ました。韓流BLドラマでは『セマンティクエラー』が有名で、つまり人気があるごとあるなあ。観まして、確かに納得ばい。これといって新味はなかとですが、手堅う上手にまとめ、作りなしたかんじ。なんか皮肉っとーようばってん、そうじゃなく、安心して楽しめる水戸黄門んような型ん決まったドラマやでした。イケメンふたりだし、おもしろかったばい。
ただ、おいがお勧めするとは『To My Star』ん2やなあ。
 1作目は残念な出来ばってん。
 スキャンダルに巻き込まれたトップスター、カン・ソジュン。世間ん目から逃れ、身ば潜めた場所は内気なハン・ジウん家やった。ぶつかり合いながらも、二人はいつしか心が通いあってゆく。ちゅうあらすじ。こてこて。月並み。のっぺり抑揚んなか話ん流れ。なして惹かれあうんかよう分からんし、かつ同性ちゅう設定でありながらそん抵抗感が絶無。国民的トップスターちゅうには微妙なルックスであまり花んなかカン・ソジュン(ソン・ウヒョン)。
 にも関わらず、2は打って変わってよか出来。
 いや、不満ちゅうか疑問はのうはなか。やっぱり同性間ちゅう社会におくる制約ちゅうか、抵抗、受け入れなさが全く不問に付されとーところ。韓国はより厳しかじゃろうに。
 そこば差し引いてん、素晴らしか出来ばい。
 ソジュン、ジウ、ふたりん過去、ふたりんとりまく環境があざやかに描き出されとーと。ソジュンの方はサラッとやけど。それによって、ふたりん性格形成も自然諒解されてゆく。そんためか今回は、ふたりが魅力的にみえるし。
 脇役も活き活きしとってよかね。ジウんふるさとん村人たち。ジウん友達ん母子。ハン・タギョン(チャン・ヒウォン)、ハン・ユハ(イ・ジユン)おいはこん母子キャラクターが好いとー。
 お気に入りはそれと、2には序盤にちらっと出てくるだけんキム・ヒョンギ(コム・ジェヒョン)。1でレストランの店長ばやりジウば雇うとーも経営が傾き、ソジュンば揺すって金ばせしめたやつ。結局店はびっしゃげ、ジウとん友人関係も壊れ。2では金ば返すちゅうだけでん出演。金持ちんボンで揺すりたかりするような性根ではあるばってん、もちろん好き好んでじゃなく、追い詰められてだし、罪悪感もある。おいはこがん欠陥のある人間臭かキャラクターばり好きでな。こがん人ば、おいは幸せにしたかと思うてしまう。少のうとも、優しゅう見守りたか。単なる端役とか悪役としてじゃのーて。
 いえ、賎しかやつ、よそわし(汚い)かやつは好かんばい。矛盾するようばってん、懸命な人は好きで、懸命な上で、死に物狂いで、支離滅裂になったり、賎しかこと、よそわしかことしてしまう人は好きちゅうことなんや。よそわしか、賎しかことせんで済むけん善人でいらるる人より、よそわしか、賎しかことしてしまいながら一生懸命生きとー人が、おいは好いとーし愛せるね。一生懸命といえば『レ・ミゼラブル』ん宿屋ん主人夫婦も好いとーね。賎しかしよそわしかばってん、逞しゅう突き抜けとって。
 『 l Dreamed A Dream(夢破れて)』ファンティーヌも好いとー。身につまさるるばってん。おいは死なかったけど死にかけ、知らんが心身ともに壊れた部分があるようばい。自分の歌んようったい。
 とはいえ、ファンティーヌと主夫婦は、べつもんじゃなく、ファンティーヌと変わらん環境ば逞しゅう生きんくのが主夫婦なんやなあ。
 はなしばもどして。
 ジウの村ん風景もきれい。
 ジウんソジュンに突き放す態度は、それはそれは酷かもんたい。笑えるくらい。ソジュンでなかれば破局しとったとやろうなと。そうするんもなんとのー納得させられる。
 韓流ん底力ばみせられたかんじの何度とのう見返したか作品ばい。


 なんでおいが長崎弁で話しよーかちゅうと、おいん最愛んキャラクターが長崎ん佐世保んひとでしてな。
 『坂道のアポロン』ん川渕千太郎ばい。
 アニメ化もされた漫画で、映画化もされたたい。映画化はやめちょくれ!というかんじや。
 ふたりん少年がジャズばやるなかで友情ば育み、ちゅう物語ばい。川渕千太郎は、複雑な生い立ちで、柄や素行ん悪か、簡単にくうれば不良ちゅうことになるわけばってん。
 話が分かってから1話から見ると、千太郎ん登場から泣くる。
「(天使さま)迎えに、きてくださったとですか?」
 ああ、常にそがん思いば抱えて生きてきたんばいと。人一倍傷ついきたけん、それだけ感じやすう優しか心ばもつけんだばってん、傷ついてきたけんこそ、思いやるるし、気づくるし、優しか。
 おいがつくづく他人に言うてはいけんて思うとは、「そがん経験があったけん成長できた」ちゅう類んこと。自分で思うんはよかことやし、そん通りやとして。他人にかけてはいけんもんやと思う。
 千太郎の母親はファンティーヌかもしれんね。
 千太郎は、天使なんやと思うばい。いや、天使ばい。
 アニメ化されたもんには不満はあるばってん、エンディングテーマん『アルタイル』好いとー。秦くん(秦基博)が歌うとーと。こん歌聞いてん、泣けてくるね。
 映画は絶対見とうなか。中川大志て。中川大志がどがんこがんじゃなく、中川大志には無理やろう。柄悪うやればよかちゅうもんやなかけん。少のうとも俳優として名ば通しとー誰にも無理やろう。ただ、最近、年齢的には無理があるにしてん、やらせてみたかと思う役者はおるね。
 あ、ちなみにハッピーエンドばい。最高ん着地やと思う。千太郎ふくめ、みなにとって。
 ただ、千太郎が傷ついてゆく様がほんなこつ切のう思いなされて。
 今まで読んだ漫画に限らず、小説に限らず、アニメ、ドラマ、映画ふくめ、すべてんキャラクターんなかで、一番川渕千太郎が好いとーね。


 岡山のこんちゃんさん、お声がけありがとうございます。
 岡山は、横溝正史ファンと藤井風ファンの聖地やなあ。
 出雲大社いってみたかばい。大国主さまばり好いとーし。
 息子さんたち、思うてらっしゃるばい。
 息子にとって母は特別ばいし、こんちゃんさんがそう望み、そがんごと接してこられたんであれば、間違いなく。
 何度とのうのせとーばってん、よかったら読んでみて欲しかばい。
https://kakuyomu.jp/works/16817330654148299357
ゆっくりでかんまんけん。できればご意見いただくると、うれしかです。

 おきょうさん、ありがとうございます。
 だいぶ遅れて気がついたとばってん、カクヨムにコメント入れたりしてくれたりしとったんは、おきょうさんやったんやなあ。ハンドルネームばおしょうさんと読んどって、きびりつかんとでした。「愛読」しとーと、カギ括弧してコメントしてくれたちゅうとに。すまん。ありがとうございます。愛読にたえうるもんであるよう、がんばりますね。
 ちなみにおいん中でんイメージソングは白鳥英美子さんの『Melodies of Life』。ゲームFFんテーマソングだそうで、ゲームばやらんけんそれがどがん内容かわからんが。
 生活の変化。これからは、ゆっくりば学んでゆくんやなあ。ゆっくり、楽しみ、味おうて。

 ユリの木の花子さん
 心臓ん検査、無事終わったごたって何よりばい。
 よか検査結果であるとよかのまい。
 喜ぶべきば喜ぶ。簡単なごたっていてできんことばいし、大事なことやなあ。
 

 寒暖差ん激しか、季節ん変わり目。
 みなさま、お気ばつけて。

投稿: 佐々木広治 | 2023年4月25日 (火) 12時11分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
鉢植えのスズランが咲いています。
これまでは何気なくながめていましたが、今年は北海道のみなさまを想いました。
ご縁とは不思議なものですね。

先週の大根島の旅は、車を走らせはじめると大粒の雨と雷鳴、相変わらずの雨女でした!
大雨の中、米子道を進み最後のトンネルをぬけると何と道路はすっかりかわき、薄曇りの中ひさしぶりに大山が見えました。さすが安定の晴れ男の夫さま、さまでした。

お茶を淹れる
いろいろなものの本物を知らない私は「美味しい」の正解がわかりません。そして美味しく淹れられないことをお茶っ葉のせいにしたり、忙しさのせいにしてしまいます。
かつて、亡き母の思い出話を母の友人としながら、ゆっくり静かに心をこめて淹れていただいたお茶の本当に美味しかったこと。
老いに向かい、ゆっくり時間の流れる今「やけに美味しい」お茶を淹れてみたいものです。

「あさってより先は、見ない」読ませていただきました。
感想をURL、Q Rコードでとありましたが私にはちょっと、、、、、、
でも感想はぜひ伝えたい。この場に置かせてください。

68年生きてきて、いつの間にやら嬉しい涙も感動の涙も悲しい涙もつらい涙も瞳の裏側にためてしまうようになりました。
今回、瞳の裏側に涙を溜めながら本を読みました。ふたりの父、ふたりの母、何ものにもかえがたい王子、たぶん誰よりも長く人生を共にしている夫への思い。
せんせいの思いの中に重なることが多く、わたしの生き方を肯定してもらったような気がしました。
ただ「楽しむ」「おもしろがる」ほどの心の余裕はなかったような。だけど今、これまでのいろいろなことをおもしろがってとらえられるようになっています。
いつも元気印のこんちゃんのようですが、内心は心配事を次から次へと作り、焦り、オタオタしているヒトでした。それが3年間のコロナ禍は、家族、友人たちとの距離感を静かに考え直す日々となり俳句やエッセイという楽しみを得て、自分のこと見つめ直すようになりせんせいに受けとめてもらえ、「あさってより先は、見ない」ヒトになってきたように感じています。

今朝、テレビから懐かしいふるさとの言葉が聞こえてきました。
「しあわせます」(ありがとう、感謝の気持ち)
せんせい、みなさまへ
「しあわせます」
今週もご自愛くださいね。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2023年4月25日 (火) 13時50分

ふみこさま

おはようございます。


キャベツ祭りに白ワイン。。&おいしそうな駅弁!!
いいですね。
私もずっと食べたかったひつまぶし弁当を名古屋で
買って伊勢方面明日から夫とふらっとでかけま~す。
ちょうどおこなわれる春神楽も楽しみなのですが
混んでいそうなので夫婦岩見たり。。舟に乗って
鳥羽港より神島か答志島へ行ってみようかな~。。
船と島でのんびりぼ~っとしてきますね。

ふみこさんの新刊本やさんでさっとみつけたので
すぐに読みました~。ふみこさんのイラストも大好きなのですが今回のお写真から伝わってくるあたたかな
おうちのぬくもりに包まれて読むエッセイもまた素敵でした~。講演会はアンサンブルの練習日と重なり
残念です~。
ではふみこさんみなさんいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2023年4月26日 (水) 07時43分

たまこ さん

修行でもあるけれど、
遊びかな、わたしには。

ふざけた女で、ごめんなさい。

投稿: ふみ虫。 | 2023年4月26日 (水) 11時27分

佐々木広治 さん

広治さんワールド……。
長崎弁。

へー、はー、うー? 
とため息をつきながら、唸りながら、
しみじみしましたよ。

佳い日日を。

投稿: ふみ虫。 | 2023年4月26日 (水) 11時31分

岡山のこんちゃん さん

本を読んでいただきまして、
どうもありがとうございました。

こんちゃんとわたしは
生意気ながら……
似たところがあります。
受けとめ方、好きなこと。

それをまた確かめました。

しあわせます。
(いいなあ、このことば)。

投稿: ふみ虫。 | 2023年4月26日 (水) 11時36分

真砂 さん

本を読んでくださいまして、
どうもありがとうございます。

おおお、
魅力的な旅ですね。

お土産話待っています。

投稿: ふみ虫。 | 2023年4月26日 (水) 11時37分

ふんちゃんへ

どのキャベツ料理も美味しそう!
2人だとお肉を小分けしたら便利ですね。最初から少な目を買ってました。
簡単なことですが、考え方が固まってるのですね…私。
青空に元気な麦の写真 いいですね!

本を読みました。
最後のページで涙がじわ〜っとウルウルしました。
この広場に出会えたことに感謝です。
ふみこさんありがとうございます。
このタイミングで本を読み、あらためて義母のことを考えました。
私もこの8年程で義母、母、父を見送りました。
あの時は精いっぱいだったけど、もう少し何かできたのでは…なんて後悔したり、義母の淋しさを思ったり…。
5月の連休には納骨以来初めて奈良にお墓参りに行きます。
5日は夫のクラス会があり、ひとりになる私は何処に行こうか考えてます。
去年の今日は青い車でフェリーに乗り、苫小牧で「ホッケフライ定食」を食べてました。もう1年になるのですね。

ふんちゃん、皆さん楽しい連休をお過ごし下さい♪

投稿: ハチミツ | 2023年4月26日 (水) 12時45分

ふみこさま


おはようございます。
ふらっと旅から帰りました~。

ずっと行きたかった夫婦岩。ここは波が荒く風が強いことが多いそうですが。。この日はおだやかでさざ波が心地よく二つの岩を眺めながら結婚30周年に感謝でした~。
となりのふれあいを楽しめる小さな水族館では夕方なのですいていてイルカくんとキャッチボールを楽しんできました。指示員がいるわけでもないのに目の前にひとがくると気が向いたときだけ「遊ぼうよ~」という感じが
よかったです。感動でした!

伊勢神宮の五十鈴川のせせらぎの音がどこまでも美しく
新緑のささやきの季節に行けたこと。鳥羽港からの船にのっての島巡りや旅館の海の見える露天風呂のおかげでゆったりできたことに感謝でした~。
新緑の美しい季節になりますね。ふみこさんもみなさんも心地よい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2023年4月29日 (土) 07時23分

ふみこさま

こんにちは
とてもとても長い時間が過ぎ、
しばらくぶりになってしまいました

無沙汰の間に大小いろんな変化がありましたが、
わたしは元気に(装いながら)過ごしております

時間が経っても変わらない場所があることに
感謝感謝です
ありがとうございます

範子


投稿: 範子 | 2023年4月29日 (土) 11時49分

ふみこさま

珈琲をインスタントじゃなくて自分で淹れるようになって、ちょっと楽しいです。
夜ゆっくりしたとき、珈琲を淹れます。
時々、美味しいです!
ふみこさんの本、購入して読ませていただいてます。表紙のふみこさんが、かわいい💠(失礼かな?)
素敵な本ですね〜

投稿: こぐま | 2023年4月30日 (日) 21時08分

ふみさま、みなさまおはようございます!
とはいえ
早い早い!ただいま5時17分!

昨晩かなり早い時間からリビングでうたた寝しちゃいまして、布団に入ったのが2時半!

でもその前のうたた寝がほぼ爆睡の深いものだったらしくモソモソ、ゴソゴソ、ちょっとも寝付けず(T_T)

どうせ寝付けないなら、起きちゃえ!
と3時半からモゾモゾ起き出して
ホットミルク淹れて飲んだり、好きなインテリアの雑誌をながめたり、ふみさまの『あさってより先は、みない。』を読んだり、だんだんあけてゆく空を部屋のカーテンを少しあけてぼんやり眺めたり

なんだかうっとりする時間を持てていました。
まさにふみさまのご本の一章

旅するように暮らす

はこんな日の過し方もあるのかな?なんて思っています。
まぁでもきっと本日お昼間はぼーーっとしてるのかもしれませんが(^o^;)ゴールデンウイークだからゴールデンにすごしちゃいます!

キャベツパーティ、いいなぁ
春キャベツまだ食べてないので次にスーパーにでかけたときは買ってきて、ざっくり8等分に分けてオリーブオイルとたかのつめと塩コショウでペペロンチーノ風キャベツを作ろうと思いました。

駅弁のお夕飯も素敵!
多少お高くてもあの包みを開ける特のワクワク、少し濃い目の味付けの美味しいおかずたち。
まさに旅するように暮らす感覚。
外出のつかれた身体も休まるし、充分もとはとれますね。
私もあさって都内に出る予定があるので駅弁買って来よっと!

となりの和室で寝ているだんなさんをおこさないよう本日はスマホからのお便りでした。→案の定小さいキー操作を間違え一回クリアにしちゃって泣きながら再度お便りさせていただきました。→スマホからでも話長いよ(笑)

5月20日の講演会、行きたいなぁ。ふみさまにも会いたいのですがちょっと予定があり今ずらせないかなぁと企み中です。

場所をお借りします!

広治さん
白鳥英美子さんの『Melodies of Life』
いいですね。まさに広治さんワールドにピッタリだとおもい、BGMにしながら読んでいます。私の聴いているアレンジは歌のラストがFFのテーマにつながるのだけど流れが壮大でそれもまたいい感じです→きっと、ゲームのエンディングに流れるのかな。ゲームではファイナルファンタジーよりドラクエ派なのですが。(^o^

これからも『愛読』させていただきますね。頑張ってください!


投稿: おきょうさん | 2023年5月 1日 (月) 05時39分

ふんちゃん

 キャベツいいなぁ~。
 札幌は、いろんな野菜がこれからです。
 ようやくアスパラが出てきたかなぁ……くらい。
 昨日は、畑で1本だけ!
 立派なアスパラを採り、シュウマイと一緒に蒸して、
 ちょっとずつ分けて初物をいただきました!
 甘くっておいしかった~!!

 そして……、
 うんたったラジオ。
 今回は、すぐに聴けちゃいました。
 いつもにまして、ふんちゃんがノリノリで、
 本当にたのしく、笑いながら聴いちゃいました。
 で……、そうか!!と
 その後すぐに安住さんの傑作選をYouTubeで聴いたのです。
 台所しごとをしながら聴いていたのですが、
 おかしくて、おかしくて、涙が出るほど笑いました。
 
 昨日は、近くの公園にサクラを見に行って、
 ふんちゃんと安住さんのラジオで大爆笑して、
 とてもステキな休日となりました。
 中2日。仕事やしごとをして、
 また連休をたのしみたいと思います。

 札幌のサクラは、今が見ごろだなぁ~という感じです(^^)。

投稿: 空色めがね | 2023年5月 1日 (月) 09時23分

ふみこさん おはようございます

空色めがねさんのお話のように
いろんな野菜がこれからです。
嬉しくて仕方ありません。

直売所の今期の営業も始まり
「小松菜の花」という 女優さんのような
名前の野菜を初めて買いました。
つぼみはさっと湯がいて煮びたしに
茎はニンニクで 炒めてみようと思います。

5月.6月.7月.8月.9月
いい季節の始まり 
指を折って数えてしまいました。

投稿: えぞももんが | 2023年5月 1日 (月) 10時28分

ハチミツ さん

本を読んでくださいまして、
どうもありがとうございます。

ハチミツさんは、どんなときも、
最善を尽くされています。
そうして、それが伝わっていますとも。

と、思うことが、
まずは大事じゃないでしょうか。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月 2日 (火) 00時08分

真砂 さん

すばらしい旅!
こちらにも、沁みてきます。

イルカとキャッチボール?
すごいなあ。
ほんとうに、すごい!

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月 2日 (火) 00時10分

範子 さん

おたよりどうもありがとうございます。

また、いつでも、
ここへいらしてくださいね。

お待ちしています。
おしゃべりしましょう。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月 2日 (火) 00時11分

こぐま さん

珈琲のものがたりがはじまりましたね。

岡山に、ひとつ尊い香りがたちました。
(いつか、飲ませてくださいね)。

本をお読みいただきまして、
どうもありがとうございます。

感謝です。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月 2日 (火) 00時16分

おきょうさん さん

なんだか、静かに、
魅惑のゴールデンウィークがはじまっていますね。

わたしは、
ゴールデンウィークとは無縁ですが、
それでも、仕事の連絡がこないから、
それだけで、呑気にしていられます。

たのしい!
と叫んだりしています。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月 2日 (火) 00時21分

空色めがね さん

ばかみたいな「うんたったラジオ」をお聴きいただき、
どうもありがとうございました。

「日曜天国」の傑作選、過去の放送は
たーくさんあって、
ずいぶん助けられています。

笑えますが……、アナウンサー安住紳一郎というひとの
日本語はじつに確かで、うつくしいです。ね。


投稿: ふみ虫。 | 2023年5月 2日 (火) 00時26分

えぞももんが さん

いま、庭で採れる
スナップエンドウがおいしい!です。

少ししか植えていないから、
毎日たんと食べる、というわけにはゆかないけれど、
毎日、目を凝らして、
収穫しています。

いい季節。
ほんとうにね。

北海道の「桜」にも、いま、
目を凝らしています。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月 2日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)