« ゼラニウム讃歌 | トップページ | 間に合いますとも »

2023年5月16日 (火)

農繁期がやってくる!

5月9日
 ゼラニウムのはなしのつづき。

 ホームセンターに買いものに出かけ、もしやと思って、花や野菜の苗の売り場を覗く。
 あった。
 赤い花をつけたゼラニウムの苗木の行列。
 熊谷市の住民になってから、どこに行ってもゼラニウムに出合うことがなかった。散歩の道すがら眺める家家の庭でも、園芸店でも。
 冬、園芸店で尋ねたとき、「このあたりで、ゼラニウムの冬越しはむずかしいですね。この時期、うちにはないですね」という答えが返ってきた。
(ここ、温室じゃないのさ)
 と密かにふくれる。
 もしかしたら、此処いらの皆さんはゼラニウムを好きじゃないのだろうか。
 そんなことを考えながらこの季節を迎えたものだから、ホームセンターでゼラニウムの苗木の行列を見たとき、跳び上がった。花の色も、わたしの好みの濃い赤だ。7人(と云いたくなる)連れ帰って植える。玄関前の鉢植えに3つ、残りの4つは初めて地植えにしてみた。


5月10
 庭で、ゼラニウムに会うよろこび。
 しぼんでいた感覚が、ふくらむようだ。
 赤い花を見ながら、遠い国国の戦火を思っている。
 深夜の空爆。朝になると、大切なものが何もかもなくなっている。日常生活も夢も黒焦げで、かたちすら残らない。
 世界の狂気が鎮まることをねがいながら、目の前のうつくしいものたちに祈りを捧げよう。みるみる大きくなる花の蕾、たくさん実をつけているいちごたち、それから赤いゼラニウムにも。


5月12
 昨夕萌がやってきて、今朝早くから種籾(たねもみ)蒔きを手伝ってくれている。
 萌は夫の娘であり、種籾蒔きは稲の育苗(田植えまで育てる)の最初の作業である。
 この日までに夫は、大鍋で60度のお湯に種籾を浸(ひた)したり、その後大樽で水に浸(つ)けたり、育苗箱に土を入れたりして準備していた。

 仕事に追われて、きょうのわたしは少しも手伝えない。
 机の上でひとつ仕事を終えるたび、門の下で作業しているふたりの様子を見にゆく。
 昔ながらの籾蒔き機に種籾を入れて、土の入った育苗箱に手まわしで蒔いてゆく→ 夫。
 籾蒔き機に併設の覆土(ふくど)機を使って、種籾を土で覆う。これまた手まわし→ 萌。
 どちらの作業も機械任せにはできない。種籾がまんべんなく育苗箱にひろがるように種籾を足したり、ほどよい量の覆土となるよう手でならしたり。
 覆土。これにより乾燥が防げるが、土が多過ぎると酸素不足になり、発芽しなくなることもある。

「この作業したことないな。土入れ(育苗箱への)は何度かして、立って作業するシステムをつくったの。お母ちゃんはさ、地べたにぺたんと坐って開脚して土入れしてたでしょう? わたしはからだが硬くて、それができなかったの。来年は、種籾蒔き、できるようにしたい」
 とわたしが云うと、萌が笑う。
「わたしは土入れしたことない。種籾蒔きと田植えだけ」
 そうかあ、こうやって作業をつなげてきたんだなあ、と思う。もっともいちばんセンスがいいのは、萌だけれども。

 田植えは6月半ばの予定である。
 その前に麦刈りが待っている。
 麦刈りと田植えのあいだは、1週間から10日だ。
 農繁期がやってくる!


513
 萌と夫は苗代(苗を育てる田んぼ)の準備作業を、わたしは机仕事を、それぞれ集中してつづけ、昼から出かけて深谷シネマに「土を喰らう十二カ月」を観にゆく。
 前の週友だちのカコチャンが観たはなしを聞いて、俄然観たくなったし、深谷シネマに萌を連れて行きたかった。

 沢田研二がよかった。
 ザ・タイガースの歌が大好きで、ジュリー(沢田研二)をこの世のひととは思えないほど素敵だ!と思っていた小学生時代から今日に至るまで、沢田研二はやっぱり沢田研二だと思いつづけてきた。
 70歳代になった沢田研二は、やっぱり沢田研二だった。
 太って姿は変わったけれど、目は変わらないし、何と云っても声がいい。
 映画の暗闇のなかで、あれれ?と思う。
 いまの沢田研二が夫に重なって見えてくる。……似ている。
 隣りに坐ってスクリーンを見ている横顔を盗み見ると……、どうしても似て見える。
 その昔、この世のひととは思えないほど素敵だ!と思った男(ひと)と夫が似ているのは不思議だったが、そういうこともあるのだなあ。
 映画を観たあと、日本酒が飲みたくなり、酒屋に寄って(魅力的な酒屋を発見)「八海山」の本吟醸を1本求める。

 萌を深谷駅まで送る。
 たのしい3日間だったよ、萌。

Photo_20230516084701
育苗箱160個。
たっぷり水をやり、筵(ムシロ)をかけてムロをつくる。
3日ほど置き、ムロのなかで発芽させます。
その後苗代に移して、田植えを待ちます。

Bb41cc7f36d845c93d69529a55e0d06928bc1c36
\うんたったラジオ18/
GWスペシャル。名前は小さな物語。両神山に登る。
『大家さんと僕』。『あさってより、先は見ない。』のこと、など。
お庭からお茶をしながらお届け。

▼池袋コミュニティカレッジの写真家・田邊美樹さんと山本ふみこの対談 
https://cul.7cn.co.jp/programs/program_998322.html?shishaId=1001%20
▼anchor
https://anchor.fm/untatta-radio/episodes/18-e23dr7p
▼Spotify
https://open.spotify.com/episode/4xXRpyjKSplZwLkuxbJcMN?si=yb_0M1pCTBG26I2QIEOqNg
▼Appleポッドキャスト
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%81%86%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA/id1666439319?i=1000611657258


276255
山本ふみこ新刊刊行記念『あさってより先は、見ない。』講座
5月20日(土)13:30~15:00@池袋コミュニティ・カレッジ
お申し込みは下記HPまで。
https://cul.7cn.co.jp/programs/program_998322.html?shishaId=1001

Photo_20230502091101
山本ふみこ新刊『あさってより先は、見ない。』
thebese「ふみ虫市場」にて発売中!
ご希望の方には著者がサインをいたします。
https://fumimushi.thebase.in/

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 






 

 

 

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみ虫さま

変わらないで
変わっていく
(随分前にふみこさんと話したことあります。覚えておいでかな、この場で)

いま、熊谷に住まれて
体現されていることやなぁと
勝手に思っています。

ラジオも楽しく聴いております。
本も久しぶりのふみこさんに
会えて、嬉しいです。

土と共に生きること
たいへんだけど
ますます、元気になっていきそうな^_^

季節の変わり目、どうぞ無理なさいませんように!

投稿: 寧楽 | 2023年5月16日 (火) 10時12分

ふんちゃん皆様こんにちは。
萌さん久々の登場。
その昔ふんちゃんがエッセイで旦那さまのお子様と自分達の家族との交友関係を 
ゴージャス!と言っていたのを
思い出しました。


三兄弟の近況を。
地元のお祭り前日インフルエンザと溶連菌に
かかる長男。
なんとかメインの次男と主人を
祭りに出席させるべく
長男と三男のお世話と家事を一手に引き受け、無事にお祭り終了。
ママは大仕事終えた気分です笑

投稿: たまこ | 2023年5月16日 (火) 10時34分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
玉ねぎを干して吊るす作業をしていた夫が「暑ーい」と言いながら家に入って来ました。
今日は、全国的に真夏の暑さのようですね!熊谷もきっと暑いのでしょうね。

火曜日と金曜日は、義母の洗濯物の交換日。
玄関そばのつばめの巣では親鳥がたまごをあたためていました。巣立ちの日まで楽しみです。
デイの部屋の入り口には、折り紙のフジの花がとてもステキなんですよ。
先日、母の日の面会をしました。耳が遠くなり、耳そばなら聞こえますがまだアクリル板を通しての会話なのて、こちらはメモの問いかけに答えてもらいました。
問いかけにはしっかり答えてもらえ、ひと安心です。
写真を見せると孫はわかるけど、ひ孫は三年の成長でもうわからないとのことです。(ひ孫たちは、しっかりひいばあを覚えているよ)
そこに義母の手があり、握ってあげたいと思いましたがまだ早いのかなとあきらめました。

「種籾まき作業」
夫が子どもの頃には米作りをしていたのでたずねてみました。
どの家もやっていたけどあんまり記憶にないとのこと。今は山間部は高齢化でみなさん農協さんに米作りをゆだねている方が多いです。
お父様、お母様、いえ150年の継承をこれからも大事にされてください。
「うんたったラジオ」
カラスの鳴き声、カエルの声、まるで我が家のお隣でお二人が話されているようです。
「梓は木へんに辛い」思わず笑いました。
いつも楽しい時間をありがとうございます。

二十日の講座は、ふみこ先生ワールドの楽しい、優しい、ほっこりとした講座になることでしょう。
チョッピリ近い横浜からご成功お祈りしています。

せんせい、みなさま
今週は暑そうです。ご自愛くださいね。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2023年5月16日 (火) 14時15分

ふみこさま

田んぼ仕事は、じいちゃんに任せきりで何をどうしていたのかも知らないんですが、ほんと農業は大変ですよね。
ふみこさん、すごいです!
私は昨日、読み聞かせをしてきました。
保護者さんにもオカリナでスピッツのチェリーを吹いたらアンコールしてもらって、とってもうれしかったです。
今日はキーボードのレッスンで、先生に
「嫌にならない程度に練習してくださいね」
って言われました。
はまりすぎるわたしなので、肝に命じて、ぼちぼち練習しまーすね

投稿: こぐま | 2023年5月16日 (火) 21時17分

ふみこさま


おはようございます。

お気に入りの色のゼラニウム7人さんをかかえてうれしそうに家へ向かうふみこさんの姿が目に浮かびます。
これからどんな風に成長していくか楽しみですね。

私も昨日横浜山手に用事がありひさしぶりにイギリス館前のばら苑をみたのですが。。。額縁からあふれるような喜びあふれる感じの勢いに圧倒されました~。
高いアーチを工夫してくださっているので天に向かってどこまでも伸びていこうとするバラさん達のそのしたを
くぐると遠くに港とベイブリッジが見えて最高でした。
向ヶ丘のばら園の雑木林をぬけるとひっそりとあらわれる秘密の花園の雰囲気も大好きなのですが。。どちらも
その場所で生き生きしている姿はいいですね。
そちらへも丘を登って行ってみようと思います。

うちのベランダでも朝顔の芽がたくさんでてきたので
楽しみです。(ゆずくんの成長はすごくゆっくりですが
仲間がでてきてうれしそうです~)
ではふみこさんもみなさんもいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2023年5月17日 (水) 06時53分

ふんちゃん

 ゼラニウム。
 おめでとうございます!!
 なんかへんてこだけど、
 出会いがとてもおめでたく、大切なことのように思えたのでした。
 ウチには、母がベコニアを連れてきてくれました。
 3つある玄関のうち、真ん中の玄関に、
 ベコニアと、いろいろなお花をプランターに植えて、
 並べてくれました。
 
 そして……、
 昨日から高体連が始まりました。
 3番目ちゃん、初めての高体連です。
 まだ陸上部に入部してから1か月くらいしか経ってないのに、
 かっこいい本物のトラックデビューを果たしました。
 ビリだったけど、
 自分のタイムでは、自己ベスト!
 おお~っ、かっこいいなぁ……です。
 早い人と走ると、早くなるんだね~、です。
 ずっとチューバ吹いてた人なのに、
 走ってみたら、やけに早いんです。
 小さなころから、すばしっこい人だったから、
 きっと運動したかったカラダなんですね。
 
 これに合わせて……、 
 4時半起きで、おべんと作り。
 わたしもさわやかな朝を迎え、
 そろそろ眠気がくる頃です(笑)。
 ああ、おべんと作りって、どうしてこんなにワクワクするのか!
 大変なんだけど、眠たくもあるんだけど、
 たのしみたくなります。

 母のお花たちと3番目ちゃんのおかげで、
 景色がキラキラして見えます。
 あちらこちらでお花も満開です!
 桜、ツツジ、木蓮、梅、チューリップに水仙……、
 もうありとあらゆるお花が、うわ~っと咲いています。
 さすが、北海道!!
 春は、いっぺんに咲き乱れる季節です。
 あんまりにも外のエネルギーが強いせいなのでしょうか……。
 体調を崩した~という声も聞こえてきました。
 ふんちゃん、お忙しい季節になりそうですが、
 元気でいてください!
 土があるから、大丈夫かな……(^^)。
 みなさまも、どうぞお元気で……。
 

投稿: 空色めがね | 2023年5月17日 (水) 10時14分

寧楽さん

おぼえています、
「変わる」についての、やりとり。
予測できない未来を前に、
「変わらないで、変わってゆく」を
もう一度考えたいです。

投稿: ふみ虫 | 2023年5月18日 (木) 10時06分

たまこさん

えらい!
スーパー母ちゃん。

元気で佳い日日をね。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月18日 (木) 10時08分

岡山のこんちゃん さま

はじまったな、と思ったら、どんどん
進む農作業。
わたしは、ほんの一端しかできないのですが、
価値を噛み締めながら暮らしたい、です。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月18日 (木) 10時12分

こぐま さん

アンコール!
素敵です。

「いやにならない程度に……」
ということば、忘れないようにしよう。
たいていのことに、当てはまりますね。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月18日 (木) 10時14分

真砂 さま

山手のバラ、
向ヶ丘遊園のバラ、
見たいなあ。

かつて、庭で育てていた白いつるバラ
「サマースノー」、どこかで咲いててくれるかな。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月18日 (木) 10時19分

空色めがねさん

「高体連」って。
ま、ともかく、わたしは
走るひとに、あこがれます。

3番目ちゃん、
自己ベストおめでとうございます。

北海道は、いま、八重桜も咲いているのかな。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月18日 (木) 10時24分

ふみこさま みなさま
おはようございます。

暑くなってきて、さわやかな5月はもう終わり?とおもっていたら、きのう今日と、冷たい雨です。

東京へ行ってきました。
古い友人に会って、一緒にリサイタルへ。一泊だけの短いけれどとてもよい時間を過ごせました。
すこし前にこちらであったお話のように、どこへ行ってもe払い?やらICカードのピッ、という電子音が呼吸のように聞こえる中で、お金をモソモソ出してる自分が、まるで石器時代からやってきたみたいで可笑しくて、さらには人の流れに競歩のようについていくのにもなかなかで、家に帰ったわたしはナマケモノに戻った、とつぶやきました笑。

なんとなく話していたことが、あれよという間に現実味を帯びてきて、
未定が予定となり、強行スケジュール?をこなして、帰りの空港で10分遅れのアナウンスに、仕事に間に合う算段をアレコレ考え、結果として予定どおりに職場で働きながら、感謝だな、と思ったのでした。

案の定の失敗もお約束のように、あちらこちらに散りばめながら、(発券機にお金を入れていると、後ろのサラリーマンさんが肩をとんとん、「さっきからお金足りてませんよ」と教えられたりとか)赤面しなくなった自分の図太さに今さら呆れつつ、笑いつつ、ご迷惑を申し訳なく思いつつも楽しいひとときでした。

地元の友人にも、「仕事、間に合った?」、「帰ってこれて良かった」と気づかって(心配されて)もらって、あらためてありがたく感じました。

わたしの小さな旅日記、でした。

投稿: こんぺいとう | 2023年5月19日 (金) 06時32分

こんぺいとう さん

お帰りなさい。

旅も人生行路も、
どぎまぎや失敗がたのしい!
もう、云い切ってしまいますよ、わたしは。

思い出だって、輝かしいものより、
どぎまぎ+失敗が深く刻まれ……、
共感を生みます。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月19日 (金) 11時41分

ふみこさま

いつもエールをありがとうございます。
輝かしい思い出やヨロコビもたくさんあったはず、なのに記憶には失敗や試練が深く刻まれて、片方は忘れがち、なのかも。
なにせ、間違えようがない、とかなんでこうなった?とか、ひとが思うことをやっちゃうんですものね、わたしは。今回も見知らぬ人に笑われながら助けられて、迷子の困ったオバさんにならずにすみました。運の良さ?に感謝、です。

投稿: こんぺいとう | 2023年5月19日 (金) 17時25分

こんぺいとう さん

助けを得られる資質が、
備わっておられるのですよねー。

知ったかぶりをしない。
えらそうにしない。

笑顔でいる。
たのしそうにしている。

そういうこんぺいとうさんなのだと、
想像しています。ふ

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月20日 (土) 10時18分

ふみさまみなさまこんばんは~~

日曜の夜でございます。
だんなさんからはまだカエルコールはなく、
夕飯に仕込んだ大根と鶏ももとゆで卵の煮込みがめっちゃ味しみしみになって美味しくなっております。(笑)

ふみさまは昨日は池袋で講演会でしたね。おつかれさまでございました。
きっと素敵なお話たくさん聴けたのだろうな~と。1週間前までは伺う予定まんまんでいましたのに、急遽飛び込んできた予定で断念せざるをえなくなってしまい悔しい・・・( ノД`)シクシク…
千葉での開催の7月にぜひともリベンジだせていただこうと思います!!


ゼラニウム、若かりし頃思い切って行ったスイスやドイツの街のおうちの出窓に綺麗なゼラニウムがた~~くさんありました。
私も育ててみたいこのお花!と
ゼラニウムというお花の名前もわからなく、帰国してから当時スマホなどなかった時代でしたのであちこちのホームセンターに行ってやっとみつけ、爆買いした覚えがあります。

お花の本には、増やしやすく育てやすいお花として載っていたけど、どうしても虫や、寒さや、暑さにやられてしまって当時何回もリベンジしたのですがうまく育てることができなかった・・。

それでも、あきらめきれないゼラニウムへのあこがれ→ふみさまとおそろいの気持ち( ´艸`)
昨年の今頃真っ赤なゼラニウムとちょっとピンクっぽいゼラニウムの苗を買って来て今年はなんとか冬越しさせてあげられました。ただいまお庭できれいなお花をつけてくれています。
歳を取り、日々の暮らしの心のゆとりがお花のゆとりに伝わるのかもしれません。ふみさまもお忙しい日々と思いますがぜひ、心のゆとりをゼラニウムさんがたにも感じさせてあげてみてくださいね。でも難易度高い!!(笑)


そしてまたお米作り、始まるのですね。
田んぼとともに夏を過ごしてゆく日々・・・。素敵です。こちらでまた経過をお知らせくださいね。

こちらもそろそろスカーレット4世の種まきの準備をはじめなくちゃと思っています。ぶちこむだけだけど(爆笑)

さまざまに今新しい風が私のまわりで吹いてきているきがします。

今まで風に吹かれるのがちょっと苦手なおきょうさんだったのですが、今年の風はなんだかとてもここちのよい風で、フワフワ風任せにしております。

投稿: おきょうさん | 2023年5月21日 (日) 22時30分

おきょうさん さん

心地よい風が、拭いてる。

そんなふうに思えるときは、
ずんずん進んだらいいね、ね、ね。
ことに、 おきょうさん さんは、
誰かさんのため、知らない誰かさんのために
何かしたいというひとですから。

スカーレット4世!
たのしみです。
彼らとの交換日記。

投稿: ふみ虫。 | 2023年5月22日 (月) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)