« 天使の梯子 | トップページ | 「あなた、誰?」 »

2023年10月31日 (火)

「熊谷 みんなのコロッケ」

1021
 北海道の芽室の友人からじゃがいもが届く。
 箱をあけると、男爵とメイクイーン、どちらも入っていて、眩しい。男爵と決めつけているが男爵系統、メイクイーンと決めつけているがメイクイーン系統の種類ということかもしれない。
 じゃがいもに関してわたしは、じゃがいもと、北海道のじゃがいも、というふうに分けて考えている。
 道産子だからさ、この「区別」を許しておくれ、と思いながら、どうしても分けて考える。

 北海道のじゃがいも。
 芽室の友だちの、じゃがいも便り。

 出合った途端、ごしごし洗って厚めに皮を剥く。
 実はポテトサラダに。皮はチップスに。
 北海道産のじゃがいもを贔屓(ひいき)して、皮のチップスをつくるのが決まり。揚げて、ぱらりと塩を振って食べる。


1030
 10日間、カナダ・バンクーバーから帰省していた三女の栞との最終回の晩ごはん。
 コロッケをつくる。
 芽室のじゃがいもで。

 小学生時代のこのひとと友だちのナッチャンと3人で、コロッケ店遊びをしていたことを思いだした。
 コロッケ屋ごっこ。
 ナッチャンのご両親、近所のひとたちも招いて、コロッケを食べてもらった。
 食べ歩き用に平べったいかたちのもつくったのだったなあ。
「東京 みんなのコロッケ」
 が、当時の屋号。

 と、すると、と思う。
「熊谷 みんなのコロッケ」
 に屋号変更だな、と。

 手間をかけてコロッケをつくったり、栞がバンクーバーに戻る翌日からぎっしり仕事の予定を組んだり。気弱になりそうな自分を、あの手この手で持ち上げている。

Photo_20231031091801
①「熊谷 みんなのコロッケ」でございます。

Photo_20231031091802
②皮は、こんな具合です。
 水気をとって、からりとゆきます。

479187864161353841
\うんたったラジオ27/
熊谷の稲刈りや柿の鈴生り。全員集合と栞さんのおことば。
お便りからの、わたしたちのこのところのこと。岩と対峙する。
かよさんのエッセイ。告知は約束できるからするんですよ、など。

▽お便りはこちらから!
https://forms.gle/tRfXEDg8NtUXq7e3A

▼ anchor
https://anchor.fm/untatta-radio/episodes/27-e2b4966

▼ Spotify
https://open.spotify.com/episode/0RWxlDOb36bVNdvBznGSqu?si=_0IcRjw_RTuSKn4Wg7oFcQ

▼Apple Podcast
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%81%86%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA/id1666439319?i=1000632816052 

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

このブログも、新しく始まった日本農業新聞のコラムも、楽しく拝読しています。今回のコラムにあった人生どんぶらこっこ、せめて自分の心は穏やかに暮らしたいと思いながら、まだまだ修行中です。来月も楽しみにしています。

投稿: ロッポンギ | 2023年10月31日 (火) 15時42分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
今日は、年に一度の乳がんと甲状腺のエコー検査の日でした。
昨年と変化なし、また来年とのことでひと安心です。
毎年、検査室の前にすわると一年が早いなあと思います。
五十代のわたしが今のわたしの暮らしぶりを見たら、「何をのんびりしているの。時間には限りがあるのよ。やることいっぱいあるのよ」と言いそうです。
「いやいや、このペースの暮らしはこれまでのご褒美だよ。五十代のあなたより心がずっと穏やかで幸せですよ。ありがたや、ありがたや」

家族五人毎日忙しく過ごしていた頃、毎年義父母からダンボールいっぱいのジャガイモが送られてきました。
食べざかりの王子三人、山盛りのコロッケは彼らの腹を満たすには助かる献立でした。一人暮らしを始めてからも帰省するたびにコロッケを作って待っていました。
孫たちは、コロッケより「ばあばのポテトサラダ」が好きだそうです。その言葉に最近は山盛りのサラダを作って待っています。

「うんたったラジオ」聴きました。
安住さんの「日曜天国」で外国暮らしの方の手作り納豆のお話を思い出しました。
カヨ様のエッセイ聴かせていただきありがとうございました。

69歳の一ヶ月目は、十年ぶりに毎日足のために一回200円の村湯温泉通いをはじめました。
足が芯から温まりぐっすり眠れます。外に出れば毎日お月様が見え、月の満ち欠けが楽しみです。
二か月目のメーンイベントは来週のお伊勢参りです。こんちゃん、69歳楽しんでます。

せんせい、みなさま
どうぞ今週もお元気にお過ごしくださいね。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2023年10月31日 (火) 16時22分


ふんちゃん皆様こんにちは。
あの手この手で自分を持ち上げる、いいですね。
ほんと毎日そうしないとですよ。
どうも家族を持ち上げる方を優先してしまってね汗
男世帯の甘いかーちゃんですね笑


先日、とっても具合が悪くて会社を早退。
仕事復帰して初でした。

幸い翌日には治り子供の参観に。
もう少し頑丈になれたら、なと
同時に自分の為のゆっくり時間がほしいな、と思いました。

投稿: たまこ | 2023年10月31日 (火) 20時48分

ふみこさま。みなさま。

こんにちは。
保育園の年長のころ、コロッケを作るためにふかしたじゃがいもの皮をむいたり。木ベラでじゃがいもをつぶすお手伝いをしたり。つまみ食いしたじゃがいも、甘かったなあ。と、思い出しました。

うんたったラジオ27。作品を読んでいただき、どうもありがとうございました。うれしくて、繰り返し聴いています。
岡山のこんちゃん様、聴いてくださりありがとうございます。

つやつやのどんぐりが落ちていたり、いちょうの葉の黄色が日にあたって眩しかったり。
ふみこさんも、みなさまも、佳い日を。

投稿: かよ | 2023年11月 1日 (水) 07時11分

ふみこさま

おはようございます。

「熊谷みんなのコロッケ」ひとつくださ~い。
いいネーミングですね。
先日偶然通りかかった日比谷公園でガーデニングショーを
やっていたのですが。。。「誰でもおいで音と実のなるほし」風が吹けば音がなり。。おいしい実もなるすてきな星の中に誰でも来てくれることを願ってつくった。。とありました。みなさんそれぞれに思いのこもった庭つくりに大いにいやされたのですが、なかでもこの
「誰でもおいで。。」の作品はふみこさんのこの広場のようだな~とうれしくなりました。

ふみこさんと梓さんの「うんたったラジオ」もそうですね。家族みんなでの旅のお話しやみんな気にせずおもいおもいに楽しく話されてすごされた熊谷のおうちでの
会話などもこっそり聞いてみたくなりました~。ふふ。
栞さんもうカナダにもどられたのでしょうか。。。
頼りになるお姉さん二人もいていいですね。
娘にも義理の弟さんと妹さんもできたのでときどき
その話を聞くのも楽しみです。弟さんシェフなので
こっそりその海辺のイタリアンのお店にいってみようか~なんて企んでいたら、その近くの公園でバーベキュー
でみんなで集まる事になりました~。グランピング施設もあるな~なんて調べてみたり。。「え~お酒の持ち込みはダメなの~」(←夫のなげき)

ではふみこさんもみなさんもきょうもいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2023年11月 1日 (水) 07時29分

ふみこさま、皆さま

ずらりと並んだまん丸コロッケ、かわいいですね~。
みんなで一緒に頬張る笑顔のみなさん、目に浮かびます。
お腹も心も満たされて、それぞれの場所に戻っていかれたんですね。
海の向こうの栞さんもコロッケパワーで益々ご活躍されることでしょう!
見送る寂しさは日々の暮らしの中できっと癒されていきますね。

先月末、稲刈りの済んだ棚田へ。

ここでは棚田オーナーさんがおられて
町の人も米作りに参加しながら棚田を保全されているのです。

先週末はちょうど脱穀の日。
カナダから来られたゲストさん達と一緒にその様子を見学させてもらいました。

天日干しされた稲を脱穀、残った藁は一本の高い棒を中心に積み上げられ、藁タワーに。(ほんとは「すすき」というのだそうです。)そしていずれ牛の飼料に、畔の草も灰となって土を肥やし、循環するのだそうです。

地元の農家さん、オーナーさん、老若男女ともに田んぼ仕事に精を出す風景は
どこか懐かしく、豊か!天日干しされた稲束はお日さまの匂いにも癒された一日でした。

皆さま、佳き秋の日を!

投稿: 円 | 2023年11月 2日 (木) 23時08分

ふんちゃん

 「熊谷のみんなのコロッケ」わたしも、ひとつくださ~い😋
 ふんちゃんの本で、
 栞さんが小さい頃、一緒にコロッケを作っている写真が載っていて……、
 ふんちゃんの手と小さな手を覚えています。(ん?梢さんだったかも??)
 まんまるコロッケ。
 いっつもおいしそうだなぁ~と思いながら、
 ときどき、真似して作っています。
 北海道のじゃがいもは、違いますよね~。
 (ちょっと……、大いばりすぎかな(笑))

 ここのところ、仕事でしょんぼりなきもちになりがちでした。
 うんたったラジオを聞かせてもらって、
 元気を分けてもらったり、
 ここへお邪魔して、みなさんの元気を分けてもらったり……。
 なんとなくしょんぼりが続いていて、
 そうだ、「かもめ食堂」のシナモンロールを作ろう!と思い立ちました。
 映画の中で出てくる、
 あの、フワフワな生地をくるくるして成形していく場面。
 それを思い浮かべて、わくわくして始めました。
 そうしたら、作る前くらいからしょんぼりが晴れてきました。
 出来上がりは、ちょっと不格好でしたが、
 おいしくできて、きもちも落ち着いてきました。

 何らかの困難を抱えている人が、社会で生きていくとき、
 「理解してもらう」ということが、
 こんなにも難しいのか……というしょんぼりでした。
 そもそも「(理解して)もらう」という表現自体、
 どうなのか……と、ひとり堂々巡りなきもちでいました。
 シナモンロール作りのおかげで、
 自分のやるべきことが、少しだけ見えてきた感じがしています。
 やっぱりてしごとは、効きますね!

 大量の雪虫には、本当にびっくりしました。
 なにか、公害なのか??と、慌てました。
 どんな冬がやってくるのかなぁ……。
 ちょっと気構えちゃいます(^^;)。
 今日は、どんよりですが、温かな日です。

投稿: 空色めがね | 2023年11月 3日 (金) 13時53分

ふみこさま

じゃがいもの皮のチップス 作ってみたいです! おいしそう〜
栞さん、元気に旅立ちましたか?
おかあさんは、さみしくもあり、たのもしくもありですよね。
この頃、母のところに遊びに行くことができて、うれしいです。
なんだか、私のイラストやお話を読んで、あったかい気持ちになるよ〜って言ってくれるようになって、とってもうれしいのです。
仕事につかなかった私のことを、やっと最近認めてくれたような気がして、うれしくって。
これからも自分らしく過ごしていこうと思います😊

投稿: こぐま | 2023年11月 3日 (金) 18時32分

おはようございます。

うんたったラジオ、楽しかったです。

実家はしいたけ農家でした。
採ったばかりの生しいたけを炭火で焼いてポン酢でハフハフ、いまおもうと贅沢で美味しかったなあ。

「きのう何食べた?」の漫画、読んでます。途中から途切れて、どこまで読んだかアタリをつけて同じ巻を2冊、ってのを2度ほどやってしまいました。

お料理が出てくる小説も好きですが、なかなか実践に至らない性格です。笑

エッセイのお話も沁みました。
両親とよく手紙や葉書のやりとりをしていて(わたしは郵便局へ行って葉書を買って、その場で書いて投函、という雑な娘でしたが)もうポストをみても何もないのだ、と感じていた日々を思い出します。

きのう出かけていて、なんだかあついなあ、ひとが多いなあと運転していて連休なのだとその後気づきました。今朝は静かな朝です。

そうそう、椎茸をリスナーさんにプレゼント、のくだり、面白かったです。

みなさま 楽しい連休を。

投稿: こんぺいとう | 2023年11月 4日 (土) 08時06分

ロッポンギ さん

日本農業新聞の新連載の、
おもしろいところは、
これまでお互いに知り得ないでいた
読者とわたしの交通です。

でも、もっとおもしろいのは、
わたしを助けてくださる編集者(気がついたら
えらくなってたーという感じの女性)との
やりとりです。
仕事仲間というのは、いいものだなあーと
あらためて思っています。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時11分

岡山のこんちゃん

こんちゃん、
200円で入れる村湯温泉。

へええええ。
いいなあいいなあ。
うちのお風呂を村湯温泉風に、
なんとか、工夫して……。
ええとええと。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時13分

たまこ さん

たまこさんは、じゅうぶん頑丈です。

時間をつくるほうは、
時間をつくろうと思わず、
やりたいことをとっとと割りこませるのが、
おすすめです。

やったもん勝ち。
あとであわてることになっても、
やりたいことは、やりましょうよ。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時15分

かよ さん

かよさん、かよさん、
どうもありがとうございました。

皆さん、「うんたったラジオ27 」のなかで
ご紹介した かよ作 「銀色のポスト」を
お聞きください。

日常のこんがらかりが、ほどけるかもしれません。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時21分

真砂 さん

工夫すれば、いろんなところで、
バーベキューも、原っぱ tea timeも、
グランピングもできるなーというのが、
実感です。

庭でテント張って、寝てみようかなと思ったり。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時25分

円 さん

日本の秋は、ほんとうに豊かでうつくしいですね。

こちらは、田んぼを耕運して、
麦播きの準備ちゅうです。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時27分

空色めがね さん

先週、山積みの書類を前に
どんよりして、「かもめ食堂」を観ました。
シナモンロール!
と思ったけど、
自分でつくろうとは、思いもよりませんでした。

つくってみたいです。
下手くそでも、自分でつくって食べてみたくなりました。

理解、についてだけど、
「理解しようとするこころ」を。
「理解したいと希うこころ」を
持ってないとだめだなと、
考えています。
だめ、なんて云ってはいけないと思うけれども、
それでも、それがないと、地球は壊れます。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時30分

こぐま さん

バンクーバーに送りだしたとき、
とってもさびしかったのですが、
10日以上は無理だなということもわかっています。

10日間、甘やかしたり、つきあったり、
たのしませようとしたり、全力だったから。

いまは……、
いま、必死で働いています。


投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時33分

こんぺいとう さん

今週、仲しいたけ園さんをお訪ねし、
「うんたったラジオ」を
録ってきます。

こんぺいとう さん、ありがとうありがとう。
「しいたけをリスナーの皆さんにプレゼント」のくだりを、
そんなふうに受けとめてくださって。
梓さんからは、「口から出まかせ云わないの」と、
収録後にも叱られましたー。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 5日 (日) 12時38分

ふみさまみなさまこんばんは~~~
世間は3連休ですね。

でも


ほんとに11月かい?

というような3連休でした。暑くて、暑くて。天気予報でも、夏日ですよ!と言っているのに、でも気分はもう秋らしく長袖を着たい気持ちが強くて、で、着ちゃった結果3日間とも大汗書いて化粧ダダ流れという・・(笑)

でもそろそろ紅葉もね。みたいものですから、(空き家実家に亡くなる前の父が植えたもみじ、まだ緑のみ。(;^_^A  秋そして冬そろそろお願いしますという感じです。


北海道からのジャガイモ、私も北海道に友人がおりまして送ってもらえて味わいました。もう、本当にメインの一品!!じゃがバタ一択で何個たべたことか・・・。でもコロッケもいいな~~。来週は作ろうかな~~。

お返しに何がいいだろう?もう千葉は梨は思ってしまったし・・何を送ってもお野菜果物は北海道にはかなわないしなあ・・・🤔
と、考えてしまったので、昨今お気に入りの枕にシューするぐっすり眠れる香りの安眠スプレーと、ふみさまの著書を1冊購入して送ることにしました。
これぞ秋を楽しむには最適だ!!\(^o^)/


そして本当にふみさまと似たような星回りの感じで、最新うんたったでおっしゃっていた『家族全員集合!』を2日前にうちでも開催していました。家族だけでなくおまけに2娘の彼氏らまで来ちゃったものだのだから大人6人(うち食べ盛りの男子2名。)
2キロの鶏モモ大鍋で煮込みましたがビールもすすみ完食!仕上げに残った鶏スープで作ったラーメンまで完食。11匹のねこみたいに最後はみんなでリビングにゴロリでした。(笑)こりゃ大変だわ。でも、ここのところ家族親族、減っていくことばかりの寂しさホロリでしたので、一気にワイワイ次世代に繋げそうな賑わいだったのでちょっと嬉しかったです。ま、先の事はわかりませんがね(* ´艸`)クスクス


ふみさまたちは今頃しいたけ園さんかな・・・

先週だんなさんと弾丸ツアーした西伊豆もとても楽しかったです。人はなぜ富士山をみるとこんなに血沸き肉踊るのでしょう?(笑)

やっぱりたまには遠出もよいですね~~

そしてまた、明日から追いかけまわされる日常に戻っていきます・・・やだ~~(笑)

私も『かもめ食堂』観て自分の気持ちを上げないとな。
シナモンロールは私にはとってもハードル高いから生姜焼きとおにぎりにしようと思います。ウフフ。


投稿: おきょうさん | 2023年11月 5日 (日) 20時12分

ふみこさま。みなさま。
可愛らしく並んだ35個の手作りコロッケ、いいなぁ。
今から、30年くらい前に日本農業新聞におんなの気持ちという読者からの
投稿欄があり、
野菜の花のことを書いて投稿したら
たまたま、採用され
帯広市に住む小学校の校長先生から
おたよりが届きました。
それをきっかけに文通するようになり
30年近く、毎年、秋になると十勝の
ジャガイモが届きました。
私は家の畑で収穫したみかんを毎年送っていました。
十勝のジャガイモの美味さに私も
惚れ込んで届くと毎年、コロッケを作っていました。
コロッケが並ぶと今日はご馳走だねと
みんなで喜び、沢山作って翌日も楽しみました。
ある時、コロッケなんて作るものじゃなくて買うものじゃないの?と言われて
ちょっと不愉快でした。
去年、帯広から1枚ねハガキが届きました。
長い間、父が大変お世話になりました
ありがとうございました。
という文面でした。
大地を感じるジャガイモは来なくなり
コロッケを作ることがなくなりました。
毎年、作れたのは
届けてくれる人と思いかつながっていたから作れたのだと思い、あの
十勝のジャガイモは私たちを応援してくれていた品でした。

栞さんをかこんでみんなてコロッケ
和やかな時間を想像しました。
夫が農協職員だったため、40年以上、
日本農業新聞を購読してます。
ロッポンギさんもご紹介下さいましたが
日本農業新聞にふみこさんがこの度、
登場してくださり、私はとてもうれしいです。

この場をお借りします。
空色めがねさま
何らかの困難を抱えている人が社会で生きて行く時、理解してもらうということがこんなに難しいのか?しょんぼりしてしまう。
この、ことばに胸が熱くなりました。
これは、私も理解されにくい息子の病をもちながら何度もぶつかってきました。
空色めがねさんが思い悩むその気持ちが
理解して行くことにつながっているとおもい、空色めがねさんのような人がいて下さることに元気をもらえました。
シナモロールはきっと美味しいでしょうね
かもめ食堂、私もすきですが
山のトムさんも大好きです
見終わるといつも、よかったと思える作品で私はしょんぼりしそうになると
山のトムさんをみたりします。

投稿: ユリの木の花子 | 2023年11月 6日 (月) 11時18分

おきょうさん さん

ああ、2キロの鶏の煮こみ!
いいなあいいなあ。

だけど、おきょうさんさんは、あんまり食べてないでしょう。
そういうとき、食べてるようで食べてない……。
飲んでるようで飲んでない……。

西伊豆には、両親と旅した思い出があります。
西伊豆には鉄道がないから、
バスやら船やらでゆっくりと。
なつかしくてたまりません。

投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 6日 (月) 11時28分

ユリの木の花子 さん

「山のトムさん」
持っています(DVD)。
大好きです。

久しぶりに観よう。

「パンとスープとねこ日和」も観たくなりました。

あれ?ねこはカタカナだったかな(ごめんなさい)
群ようこの原作も、映画も素敵です。ね。


投稿: ふみ虫。 | 2023年11月 6日 (月) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)