« 「転がりましたー」 | トップページ | 俺たちの明日! »

2023年10月10日 (火)

カエルー!

103
 さあ稲刈り最終日。
 昨年夫とふたりで2日のうちに刈りとったのだったが、ことしは、結局4日かかることとなる。
 それというのも、雨のせいだ。
「夏のあいだ、ちっとも降らなかったのにさ」と毒づきそうになるこころを抑えるつもりでいても、つい、「オマエさんのせいだ」と決めつけるわたしだ。
 6反ある田んぼのうちの半分は、水路に面しているため、たとえ雨が降っても、堰板(せきいた)を開けたり閉めたりすることによって、水の調節が効く。ところが残りの半分は、水路に面していないから水の調節が効かず、雨水がたまると排出できない……。
 夫を手伝うかたちで田の仕事をするなか、稲作の鍵は「用水」が握ると考えるようになった。
 地方に出かけて、米作を営むひとと会って話すとき、用水のはなしをすると、突如として農業仲間に加えてもらえる。用水を奪い合う、用水の番をする、という歴史から聞かされることになる。

 ところで、稲刈りのはなしだ。
 刈るとなったら、田んぼは乾かさなければならない。
 うちの田んぼの半分は、水路がないのに等しいため、雨に降られると稲刈りができなくなる。できたとしても、どろどろの田のなかで作業がむずかしくなってゆく。

 前の日にやってきた長女梓が助っ人となってくれ、3人で刈ってゆく。コンバインを操る夫、稲を起こしたり、手刈りをする梓とわたし。
 昨年はコンバインのうしろをついて、ひとりで腰をかがめ手刈りしていたから、わたしは倒れた稲に「しっかりしっかり」と声をかけたり、コンバインに追われて逃げ惑うカエルに話しかけたりしていたのだったなあ。
 ことにカエルに向かって「カエルー」と語尾を伸ばして叫ぶことで、自らを励ましていた。ことしは、ヒトの助っ人がいてくれるおかげで、余裕がある。ひとりだと、うしろをついて作業しているうち、気がつくと、コンバインに追われるかたちとなっている。
 ひとりではないから、水はけのよくない田んぼで泥まみれになることさえ、愉快だ。

「顔に、泥ついてるよー」
「水分補給、水分補給」

 本日夕方、稲刈りを終えた。
 総出荷量3,100Kg
 これを3,tと呼びかえると、それを告げた相手が「え、t(トン)!」と驚いてくれる。
 ところであの無数のカエルたちはどこにゆくのだろうかなあ。
 カエルー!


106
『動物会議』を読んでいる。
 エーリッヒ・ケストナー。
 そのひとの話題になると、「あ、ケストナーね」と誰もが云い、『飛ぶ教室』『エーミールと探偵たち』『ふたりのロッテ』『点子ちゃんとアントン』そして『動物会議』といった書名をあげる流れとなる。
 が、ちょっと疑わしいぞ、とわたしは思うのだ。
 内容について語りあう機会は滅法少ない。書名を云えるくらいだから、読んでいない、ということはないだろうけれど、一度読んで、書名を記憶に刻むものの、そのじつ頼りない読書であったため、「あ、ケストナーね」となるのにとどまるのではないか。
 かくいうわたしも、そのひとり。
『動物会議』を読みながら、自分はいったい、いつこれを読んだのだろうか。ほんとうに読んだの? という疑いを抱いている。

 ケストナーは、それはそれは恐ろしい時代を生きた作家だ。
 ヒトラー率いるナチスの支配によって、自由主義者であるケストナーの詩集や小説『ファビアン』が公衆の面前で焼かれたり、危ういところで捕らえられそうになったり。ぎりぎりまでドイツにとどまるも、ソ連軍によるベルリン市街戦に及んでベルリンを脱出し、オーストリアのチロールに逃れて、その地で終戦をむかえている。
 しかし、ケストナーは絶望しなかった。
 常によりよくなってゆくことを信じ、創作をつづけたのだ。あらためて、いまケストナーを語るとして……、子どもを愛し、子どもを未来そのものと位置づけて活動したひと、と書いておきたい。


109
 ぼーっとしていたのだろう。
 麩とみつばの卵とじをつくろうとして、火を入れ過ぎる。……あらま。しかも、なんだか、味つけも濃くなった。……あらま。
 困ったなあ。
 ふと思いついて、フードプロセッサーにこれを入れて、ガーッとやり、豚ひき肉を加えて、こねてこねて、まるめて、焼くこととする。ハンバーグである。和風ハンバーグにしようと思いかけたが、ソースと粒がらしの風味に助けてもらったほうがよさそうだと、判断する。
 これがなかなか、美味しいハンバーグになったのですよ。

20231009
〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは?

ヒトが助けてくれるおかげで余裕がある。

ほんとにそうですよね。
身に染みる言葉です。
最近の出来事を。

まずは三王子が順番に手足口病にかかりました。下の子に行くにつれ、食べれず寝れず。

眠れない三男を徹夜でおんぶして寝かせて
翌日仕事の私!それでも倒れず今日まで。

それもこれも主人が側にいてくれたから。
あとはよくなれ子供達!


そして仕事復帰して一か月。
ケアレスミスなどはあったりしますが

実はみんなしていることを発見。


以前なら自己嫌悪消えたいレベルまでおちていましたが、だからみんながいる。
だから思いっきり(完璧を目指して)
仕事をしてみよう、と思いました!

以上、ヒトの助けがありがたい
日々の記録でした。

投稿: たまこ | 2023年10月10日 (火) 12時20分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
なんとかわいいケロちゃんなんでしょう。
菊の世話をしていると葉っぱの上に葉の色をしたケロちゃんが無念無想のお顔で休んでいます。

稲刈り、ほんとうにお疲れさまでした。頼りになる梓さんですね。
雨待ちの時は降らず、晴れ待ちの時には雨が・・・
ヒトの、自分の思うようにはいかないことを農事をしていると教えられます。

夫も稲作の鍵は「用水」だと言います。
我が家のまわりは休耕田と宅地になってしまいましたが、昔のままの工夫された用水路が
張り巡らされていていて、水が豊かに流れています。
用水の大切さで俳句の季語の「水喧嘩」を思い出しました。
これは、ひでりの時に水の分配について争うことですが、昔からの「用水」の重要性を感じます。

先日「俳句四季」という俳句誌の中に六十九歳を歩みはじめたわたしに励みとなる一句と鑑賞文を
見つけました。
「誰彼もあらず  一天自尊の秋」 飯田蛇笏
今、目の前には誰もいなくてただ澄んだ秋の空がある。なんだか清々しい気分だ。
今まで様々なことがあった気がするし、これからもあるかもしれない。しかし
私は私を誇りに思う。空が一つしかないように私も一人しかいない。(乾佐伎)

せんせい、みなさま
どうぞ、どうぞ、転ばれませんように。(もちろん、こんちゃんもです!一番危ない)
今週もご自愛くださいね。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2023年10月10日 (火) 14時15分

ふんちゃんへ

田んぼのお話 いろいろ聞かせていただきありがとうございます。
ただ眺めてるだけの私には知らないことだらけです。
稲作の鍵が「用水」と考えられることに拍手です!パチ!パチ!!
稲刈り最終日は3人での作業だったのですね、お疲れさまでした。
3.1トンがどのくらいなのか…想像つかないです。

この1週間でぐんと季節が進みました。
扇風機をしまい、ストーブを出しました。朝寒がる夫はポチッとストーブ点けてます。
鳥海山でも初冠雪がありました。
先週末に念願の大曲の花火を見に行って来ました。8月最終週にあるのが年間で一番大きな花火大会ですが、10月のも8000発の花火が上がります。
約20年振りですかね、夫と一緒に花火を見るのは、花火も進化してます。
色合わせや形など昔とは違っていました。

秋田では熊に遭遇して怪我をされる人が昨日までに36人、去年の6倍になってます。昨日もそれほど遠くない地域で4人が怪我されたそう…。
熊だって今年はどんぐりが大不作で食べる物がないようだし…。
なかなか難しい問題です。

娘が明日から住む家など探しに淡路島に2.3週間滞在するそうです。
夏に訪ねて「移住したい!」と決めたようです。
私は行ったことも無い土地でどんな所か未知の世界。
大学の時に藤沢市に2年、世田谷区に2年、その後に杉並区に2年そして去年の今頃から鎌倉に住んでました。藤沢市以外は本人が探した家です。
都会に住むことに少し疲れたようでもあります。
4月から転職しましたが、仕事は淡路島でもリモートでできるとか…。
便利な世の中です。
母は見守り応援するだけです。
「いいな〜、私も行って住みたいな!」と言ったら「一次避難ならいいけど、ずっとは無理!」とスパッと返されました。ほどよい距離感が親子でも大切ですね。

この場をお借りして
岡山のこんちゃんさん 
 遅くなりましたが、お誕生日おめでとうごさいます♪
ユリの木の花子さん
 お母さんお怪我なく良かったです。私も6年前に亡くなった母の優しさを思い出しました。ありがとうございます。

投稿: ハチミツ | 2023年10月10日 (火) 15時49分

ハチミツさま

うれしいお声がけありがとうございます。
淡路島は瀬戸内海になるのかよくわかりませんが、瀬戸内は穏やかな気候で
暮らしやすいですよ。
中国地方から出たことのない私がこの広場のおかげで、テレビで秋田、仙台と聞いたら
反応するようになりました。
これからもそちらのお話を聞かせてもらうのを楽しみにしています。
この場をお借りしました。ありがとうございます。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2023年10月10日 (火) 16時58分

たまこ さん

「完璧」
そりゃ、ヒトの領域じゃないですよ。

たまにはしくじったり、
まちがわないと。

誰も安心できなくなるでしょう?
(って、これはわたしの、いいわけ的つぶやきね)。

投稿: ふみ虫。 | 2023年10月10日 (火) 20時34分

岡山のこんちゃん さん

こんちゃん、
わたしの上にも、空があります。
いまは、星空。

うれしー!

投稿: ふみ虫。 | 2023年10月10日 (火) 20時35分

ハチミツ さん

お嬢さん、いいね、いいね。

淡路島にお訊ねしてみたいくらいです。
(ほんとに、行くかも)。

こころからお祈りしています。
まずは、淡路島に落ち着かれることを。

投稿: ふみ虫。 | 2023年10月10日 (火) 20時38分

ふみこさま


おはようございます。
かえるさんのイラストかわいいです~。
「眠いのに~なあ~~」(左のかえるくん)
「あらら。。どこいこっかな~」(右のかえるくん)
なんてつぶやきもきこえてきそうです~。そして
3,1トンもの稲刈りおつかれさまでした~。

うちも窓の入れ替え無事終了しました!
とくにリビングの窓3枚だった(一枚80センチ幅)のが
2枚(120幅)になったので(でかい!重い!)ベランダ
と空と一体感を感じて心地よいです。
網戸もクリアネットなのですっきりなのはうれしいのですがもう何回も網戸あけずに足突っ込みになり危ない
です~。
交換なんだから二人くらいでさっと窓枠はずすのかな~
と思っていたら4にんくらいやってきましたよ~。
古い住宅なのでさあ大変!「外れないすね~」(若手)
「やってみな~」(ベテラン)。。。「あれ~~なぞだな~ネジどうなってんだ~」(ベテラン)なんていう感じで余裕のあるやりとりこちらも楽しめました。

ペアガラスになったので防音効果もあがりうれしいです。秋の空にむけて遠くまで今の思い届けてみようかな~。窓が大きくなったのでちょっといい感じです~。
ふみこさんみなさんにも心地よいメロディー届きますように♪ではいい一日おすごしくださいね。
「かえるのうたが~きこててくるよ~♪~♪~♪~~」

投稿: 真砂 | 2023年10月11日 (水) 07時58分

真砂 さん

ベテランもいいけど、
若手もういい……。

ただし、人柄が大事ですーーー(♪/なぜか歌う)。

大きな窓で、佳い日日を。
窓から、たーくさんいいものが射してきますね。

投稿: ふみ虫。 | 2023年10月11日 (水) 09時59分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
お元気でいらっしゃいますか。
秋が急にびゅーんとやって来て、
挨拶もしない間に、次の冬がやって来そうな雰囲気ですね。
海も冬の色になってきています。

稲刈り、本当にお疲れ様でした。
梓さんも旦那様も一緒に稲刈り…だったのですね。みなさま、本当にお疲れ様でした。
カエル様もお疲れ様でした…!

こちらも稲刈りが終わった景色をあちらこちらで見るようになりました。
蕎麦の花もたくさん咲き広がっています。
季節が変わりゆくのを見ることができるって、
なんだかとてもありがたいような…気持ちになります。

涼しくなり、また秋から、自分にできることを、少しずつ少しずつトライしていけたらいいなという気持ちです。

そしてふみこさんや梓さんの素敵愉しいラジオを繰り返しまた聴かせていただきながら、過ごしています。

今からまた季節がくるくる変わりますが、
お身体にお気をつけてお過ごしくださいね!

あっ、ケストナー。
いつ読んだかなあ…と思いながら、
本棚を見てみましたら、エーミールやロッテなどありました…ありました。
ケストナーさん…そのような壮大な人生を送られていたのですね。
私もまたもう一度ページを開いてみようかなと思います。
また幼い頃と違った想いに気づきそうです…!


投稿: みゅー | 2023年10月12日 (木) 15時00分

ふみこさま

稲刈り お疲れさまでした。
じいちゃんが水番をしてたことを思い出しました。朝早くから、田んぼを回って世話してたなぁ。

そして、今日は、はるくんの運動会でした。
「ぼく、足遅いんよ~。だからスキップみたいにして大股で走ろうと思っとんよ」
って、前日の寝る前に言ってたはるくん。
今日は、大きく差をつけられながらも、ニコニコしながら、がんばって走ってました。
ダンスもニコニコ。
みていて、私もうれしかったです。
さっちゃんも、運動場の端っこで歩き回って、楽しそうでした〜。
よい1日でした〜。

投稿: こぐま | 2023年10月14日 (土) 20時53分

ふみさまみなさまこんばんは~~~

今日は朝から雨ふりの1日でした。
寒さもぐっと進んで今日はトレンチコートを出して着ていきました。

どこへ?

うふ。
今日はうちの上階に住むお友達のお嬢さんのKちゃんが眉毛の形を整えてくれるサロンに転職され、その練習台になってくれないかとありがたいおさそいがあったので清澄白河まで行ってきたのです。おかげさまで今のわたくし天海祐希です(注・くれぐれも眉毛だけ~~~(笑))
丁寧に施術してくださりメイクポイントもきちんと説明してくださったKちゃん。本当に小さい頃から手先が器用だったお嬢さんなんです。美容師さんやネイリストの資格もお持ちで。
ちょっと前の職場に馴染めず、この3年ばかり、心が風邪をひいてしまっていたのですが、ゆっくり療養してまた新しい一歩。今日はにこやかに、はれやかに。施術あとは清澄白河のオサレなカフェでおばちゃん、お礼にランチおごりました\(^o^)/それもちゃんとのこさず食べられていて、天海祐希の眉以上におばちゃん嬉しかったです。


何歳になっても自分を整える時間を持てるのは嬉しいですね。ヘアスタイル、フェイシャル、ネイル、お洋服・・・。
ここのところそういうことに配慮が足りなかった気がします。ゆとりがなかった・・・。
雨の日曜日にちょっと女子力高めにしていただき、もはや自分の満足感とご機嫌をとるだけのための美容とはなるのですが(;^_^Aよき時間をいただけました。Kちゃんありがとでした・。

ふみさまも稲刈りおつかれさまでございました。しっかりお肌のお手入れ、髪のお手入れも念入りになさってくださいませね。よかったらKちゃんの眉サロン紹介しますよ(笑)

新米、きっとおいしいのだろうなあ・・・。カエル~~君もきっと、
「たべてみ、むっちゃうまいで~」と言っていたのでしょうね。
粒マスタードソースのハンバーグに白米ススムススムでしたでしょうね・・・


たくさん食べて心も身体も元気元気になりましょう。


今週末はだんなさんお父さんの百ケ日です。
おきょうさんも、今日元気をいただいたのでもうひとふんばり頑張って準備します!!

投稿: おきょうさん | 2023年10月15日 (日) 21時11分

ふんちゃん

 稲刈り……おつかれさまでした。 
 昨日、ダッシュ村でも、稲刈りしていたのを見て、
 ふんちゃんも、こうしていたのかなぁ……と想像していました。
 
 カエルの絵。かわいいです!!
 ぜひ、またハガキにしてください!!

 ウチで風邪ひきさんが、次々と……と、なりました。
 ゆっくり過ごして、夏の疲れを出しちゃいなよ~と思ってみています。
 ふんちゃん、みなさまも、
 お元気でいてください(^^)。

投稿: 空色めがね | 2023年10月16日 (月) 21時55分

みゅー さん

お返事おそくなりました。

ケストナー、ご一緒に。
という気持ちです。

こちらは、おだやかな秋です。

投稿: ふみ虫。 | 2023年10月17日 (火) 20時15分

こぐま さん

運動会、よかったですねー。
みなさん、元気で、
お天気もよく(?)、
覗いてみたかったなあ。

ダンスが見たかったなあ。

おいしいお弁当持って?

投稿: ふみ虫。 | 2023年10月17日 (火) 20時17分

おきょうさん さん

天海祐希とおきょうさんさんは、
もともと同年ですものね。

わたしは、たまに、時間が空くと、
眉毛サロンのお世話になります。

時間をみつけては突然、整体、眉毛、リフレクソロジーに
飛びこみます。

ケアは大事ですよね、うふふ。のふ。
大人の遊園地でもあります。


投稿: ふみ虫。 | 2023年10月17日 (火) 20時22分

空色めがね さん

みんなー、
がんばったみんなー、
休めー!
お休みください!

投稿: ふみ虫。 | 2023年10月17日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)