« broccoli | トップページ | 鬼の云い分 »

2024年1月30日 (火)

Dear ゴジラ

1月24
 映画「ゴジラ−1.0」を観る。

 1954年の第1作から数えて30作目のゴジラ作品である。
 これまでの29作品のうち27作品観ているわたしは、ゴジラ好きといってもいいのではないだろうかな、と自らを評価している。
 映画館で観ることのかなわなかった作品が少なくはなく、それはレンタルビデオ店で借りたりして追いかけたのだ。

 近くに、わたしよりも先に「ゴジラ」を追いかけはじめた先輩があり、その影響が大きい。先輩は、山本梢(二女)である。
 先輩小学生時代に「クリスマスが近づいてきたけど、サンタクロースに何をリクエストしましょうか?」と訊いたところ、「ゴジラのフィギュアがほしいけど、いいかな」という答えがかえってきた。
 このころから、梢先輩にひっついて、ゴジラを追いかけるようになった。

 で、「ゴジラ−1.0」。
 ゴジラ マイナス ワン と読む。映画館の暗闇に梢先輩、代島後輩(夫)とともに混ざりこみ、わたしは……、じわじわとゴジラと一体化してゆく。映像を観るとき、本を読むとき、どの登場人物にもっとも感情移入するかというのは、ひとつの見方だと思っている。
「ゴジラ」の場合の自分を考えるとすると、それはゴジラである。
 ゴジラが海から上がり、上陸するとき、思わずぶるぶるっと身を震わせる。
 放射熱線を吐く場面では、気がつくと口に手をやっている。
 ゴジラという存在の宿命的前提である哀しみに、惹きつけられているのだと思う。

 暴れたいわけではない。
 が、暴れずにはいられないのだ。

「ゴジラ−1.0」ゴジラスリーズのなかで、もっとも好きな映画となった。
 もうひとつ書いておきたいのは造形について、だ。常常「平成のゴジラがもっともうつくしい」と評する梢先輩をして、「『ゴジラ−1.0』のゴジラは、よきかな。ちょっとアメリカの影響を受けてはいるけれども」と云わしめてる(自分が褒められたような気分になる)。

 この映画を観ていて、第二次世界大戦、敗戦が日本人のその後の歴史に大きくかかわっていることを、突きつけられた。この実感が、ゴジラの放射熱線なみの激しさで、わたしのなかにひろがったのだ。
 たとえば革命や、学生運動がどうして起こったのかを考えるとき、なんとかしてひとの持つエネルギーの行き先として論じたくなるわたしであったが、それだけではないことがわかった。
 戦争中に生まれた、「たいせい」(どの漢字で書くべきか。体制だろうか)への反感と憤り、正義感をこの映画のなかで、あらためてたしかめるかたちだった。

「ゴジラ−1.0」にはモノクロ版もあるそうで、それもなんとかして観ようと思う。


1月29
 昨夕、夫が餅米を水につけ、餅つきの準備をしていた。
 本日午後、餅つき機「もちろん」を出してきて餅つき。
 見ていると、その様子は何かの実験のようだ。
 昨年暮れの餅つきのとき、量だけはどっさりついたのだが、なんとなくあわてていたのが気がかりだったらしい。

 昨年あわててついた餅も、まだ冷凍庫にたくさん納まっているんだけどな、でも、いい。またたくさん餅を食べよう。
 そうだ、この餅はバンクーバーで暮らす娘のところへも送ってやろう。

 雑煮風の食べ方、磯辺餅が好みだが……、子ども時代、器にとった砂糖じょうゆをちょんちょんとつけながら食べるのも好きなのだ。

2024
餅。
夫はどうしても
もう一度つきたかったのだな。
その気持ち、わかります。

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 
 




 

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

子供が先輩の物ってよくありますよね。

うちは車ですね


子供がそばにいなくても
あ、電車が通った。いたら喜びそうだな、と思ってしまうのです。


さて、デジタル機器に触れ合うことの多い子供達。今月は手作りおもちゃを作成してあげました。

ダンボール工作が流行り
羽子板やガチャガチャも作ってあげました。


正月に作りまだ遊んでいます

投稿: たまこ | 2024年1月30日 (火) 12時05分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。夕方5時に村湯へ行きます。
5時半に外に出ると、ついこの前まで月を見ていた空がスッカリ明るくなりました。
こんちゃん、完全復活です。
ご飯がおいしいです。
年齢的に治癒力が衰えてきたのではと弱気になりかけましたが、これまでの過剰なる栄養の
たくわえのおかげで復活しました。
「おいしいご飯」を食べられることに感謝です。

うんたったラジオのせんせいの言葉
「どこかにジョンはいるし、だれもがジョンになれる」
能登の皆さま、久しぶりの体調不良で弱気になりかけたわたしへのはげましの言葉に思えました。
ありがとうございます。

1954年生まれ、ゴジラとわたしは同い年です。
生まれてすぐに見れるわけはないのに、一作目しっかり覚えています。
それ以降、夏休みや冬休みに学校から配布される割引券を手に「若大将シリーズ」と「怪獣映画」
の二本立てを見るのが子ども時代の最高の娯楽でした。
「若大将シリーズ」に乙女心をときめかせ、「怪獣映画」に一喜一憂したものです。
一度だけこの流れを乱したのは中二の時のオリビアハッセーの「ロミオとジュリエット」でしょうか。ああ、なつかしいけどもう半世紀以上も前のことと思うとちょっとこわいです!
この町にもかつて2軒の映画館があったそうです。本屋もなくなりました。
昨年、整形外科も一軒閉院しましたが、新年早々、村湯で内科が閉院すると聞きました。
「過疎、高齢化」がどんどん進んでいます。


せんせい、みなさま、そしておきょうさま。
どうぞ、ご自愛くださいね。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2024年1月30日 (火) 14時18分

たまこ さん

たまこさんのまわりには、
可愛い先輩がいっぱい!

たのもしいですね。

たまこさん自身も先輩でありながら、
後輩になるおもしろみを知っておられて……、
たのもしいね。

投稿: ふみ虫。 | 2024年1月30日 (火) 18時38分

岡山のこんちゃん さん

こんちゃんが住んでおられるのですもの。

過疎高齢化がたとえ進んだとしても、
おもしろみ、知恵の集約が
進んでゆく一面もあるのではないでしょうか。

ともかく健康最優先で、
こんちゃんの世界を打ち上げてくださいね。

花火のように。

投稿: ふみ虫。 | 2024年1月30日 (火) 18時42分

Dear ふみこさま


おはようございます。

Dearゴジラ、Dearおもちと呼べるものがあるっていいですね。
ゴジラの映画そんなにたくさん作られていたのですね。
こめられたメッセージなど梢さんの解説ももっときいてみたいです~。ゴジラのテーマ音楽だけは小さい時から
ひかれるものがありました。
お嬢様3にんそれぞれの世界をお持ちで皆さんが集まると
どんな会話がひろがるのかこっそりきいてみたいです。

Dearと呼べる人、物、場所。。。
そこへの思い。。今大好きな場所というテーマでアルバムまとめてみたりしてみました。(水辺ばかりで楽しい
です~)
Dearふみこさん&Dearみなさん今日もいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2024年1月31日 (水) 10時23分

ふみこさま
我が家も昔は、杵と𦥑でお餅つきしてました。
大きいばあちゃんが、餅米を蒸してくれて、じいちゃんと主人が杵でついて。
子どもたちと、おもちはくるくる丸めてました。これが、私は苦手で、きれいな丸が作れなかったなぁ。
懐かしいです。
今朝、私は夢の中で、ふみこさんといっぱいおしゃべりしてました。
楽しかったです!

投稿: こぐま | 2024年1月31日 (水) 19時19分

真砂 さん

Dear は、いっぱい!
それはたのしいことだな、と
気がつかせていただきました。

Dear 真砂
どうもありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月 1日 (木) 21時58分

こぐま さん

夢のなかでおしゃべり!
止まらなかったのじゃないでしょうか。

こぐまさんにおそわりたいこと、
話したいこと、いっぱいです!

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月 1日 (木) 21時59分

ふみこさん おはようございます

いつもより 少し暖かめの冬ですが
今朝 窓ガラス一面
氷の花が咲いたように凍っていました。
冷え込んだようです。

ふみこさん 夫さんのお餅
これは!懐かしい 懐かしい
本当のお餅の姿です。
もち米を蒸して
両親が杵と臼でついたころのおもちです。
口に入れた時の
感覚まで思い出しました。

私は ガメラ派でした。
特に 「ガメラ2 レギオン襲来」が好きです。

投稿: えぞももんが | 2024年2月 3日 (土) 06時20分

外は寒く、曇っています。
庭の花は水仙とボケの花、つぼみがいくつもみられます。
ときおりふいっとなにかの気配がかすめる感じ、寒さの中の春の気配のように感じます。

映画「カラフルな魔女 角野栄子の物語が生まれる暮らし」を見たいと思ったのですが、人口の少ない田舎町では上映作品のバリエーションも少ないようで残念です。
「魔女の宅急便」も読んでいないからこそ行きたかったなぁー、です。

わたしの職場でもコロナ陽性者がでました。インフルエンザみたいのもの、となっても施設なので対応することが増えます。自分にできることは睡眠と栄養をとって基本を怠らないことだけです。

お餅を作ったのは何年か前が最後でしたが、そのときはご近所の方に教わってエビ餅を初めて搗きました。きれいなピンクで美味しかったです。

えぞももんがさん 空色めがねさん
雪まつりの準備は大丈夫そうですか?溶けないように、雪や寒さがひどすぎないように祈っています。

おきょうさん、さん
ご家族のおかげんはいかがでしょうか。ご自身のお身体もお大切に。

ふみこさま
場所をおかりしました。
どこからともなく梅の花のかおりがしています。
きょうは節分ですね。

投稿: こんぺいとう | 2024年2月 3日 (土) 09時17分

ふんちゃんへ

「もちろん」でついたお餅は栞さんのところへ届いたでしょうか…?
バンクーバーで食べるお餅は格別でしょうね。バンクーバーでは日本の食品が売ってるスーパー(コンビニ?と呼んでた記憶があります…違うかもですが…)でかなりお高めですが、手に入りますよね。
夫もカナダに居た頃はバンクーバー出張時に買いだめしてたと話してました。
当時の友人が東京にお正月に帰省した時に秋田まできてくれました。
私も一度だけカナダでお会いした方です。3人で田沢湖や角館へドライブしました。
バンクーバーは元々物価が高いけど、コロナ後はもっと高くなった…とか日本人が多くなってる…など話してました。
栞さんも頑張っていらっしゃるのだろうな…とその時に話を聞きながら思ってました。

秋田は白い空からふわふわと雪が舞ってます。
節分なので太巻きを作りました。
息子の好物です。
もくもくとたくさん食べてた姿を思い出してました。

秋田では温室のような所で梅が咲きたとニュースで見ました。
明日は立春ですね。

投稿: ハチミツ | 2024年2月 3日 (土) 11時15分

えぞももんが さん

ガメラ……。

なつかしい友の名前のようです。

餅のこと、ありがとうございます。
うちのは「もちろん」でついているのですけれどね、
それでも、他人とは思えぬ存在となります。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月 3日 (土) 19時55分

こんぺいとう さん

観たい映画を、胸のなかで揺すっていると、
いつかきっと観られます。

観たい絵も、直に聴きたい音も、
会いたいひとのことも。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月 3日 (土) 19時58分

ハチミツ さん

バンクーバーには、まだ届かないみたいです。
もうすぐ……と思います。

コロナのときは、
荷物が届くまでに2か月かかりました。
それを思ったら、1週間以内に届くのが、
ありがたくてなりません。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月 3日 (土) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)