« 友だちのことを、あれこれ云ってみる | トップページ | 干し芋 »

2024年2月20日 (火)

衝撃的!

2月13
 朝から空気がゆるんでいた。 
 新聞もテレビも、最高気温が15度(関東地方)になるという予報を発表している。
 コートは着なくていいな、よし、ライダースジャケット(革ジャンとも云うか?/黒)着て行こうっと。

 JR御茶ノ水駅、聖橋口(ひじりばしぐち)で二女の梢と待ち合わせる。
 お茶の水駅には構内工事がつづいていたが、昨年末聖橋口駅舎が完成したはず、どんなことになっているのか、見てみたかった。
 東京の駅に工事の波が押し寄せて、久しい。
 渋谷駅。新宿駅。……。工事によって様変わりしてゆくなか、駅が怖くなることもあった。

(ここ渋谷駅なんだろうけれども、ぜんぜん渋谷駅じゃない)。
(東口と西口を通路でつなげるのはいい考えだと思うけど、新宿駅さん、実現するまでどのくらいかかるの? 足の痛いひと、年の寄ったひとにはきつ過ぎやしない?)
(えー、お茶の水駅、あなたもか!)

 あれ、ちょっと待って。
 駅の工事のはなしをするのだったかしら? わたしは。
 ……ちがうちがう。
 お茶の水駅聖橋口で、梢と待ち合わせるところまで戻らなければ。

 聖橋口のあたらしい駅舎のことなど、あっさり頭から吹き飛んだ。
 待ち合わせた梢の佇まいを見て、低くわたしは唸る。
 梢がライダース(黒)を着ていたのを見て、「あ“―」と。
 こういうとき、わたしは騒ぐ質(たち)で、「いやだー、ライダースかぶったねー。ぎゃはは!」なんてやるのだが、相手はそんな質でない。ちらっとこちらの胸あたりに目をやったけれども、あとは何にも云わない。梢は黒いロングワンピースを合わせ、わたしはレースの黒タイトスカートを合わせている。つまりそれぞれが、甘みとエレガンスを意識していたことになる。
 ふたりして神田明神にお参りするからだ。ああ、トレンチコートを着て出かければよかった。ベルトをキュッと締めて。


2月14
「ふみ虫舎エッセイ講座」公開講座の日。
 参加の皆さんに、ある本のなかで出合ったコトバのはなしをしようと、早足で歩いている。
 このようにわたしは、いつだって他者の力を拝借して講座を持っている。
 先月の講座のときには、参加者のなかからかわるがわる5人ほど、前に出てもらい、掛け合いをしたのだったなあ。

①「ここの皆さんの前だったら話せます」
 そう云って、云いにくいことを話して聞かせてくれたひと。

②あたらしいパソコンと仲よくするというテーマを、投げかけるひと。

③「読み手をくすっとさせるには、どうしたらいいのかな」と、問いを共有しようとしてくれたひと。

④ひととのあいだの距離感についての考えを語るひと。

⑤「恥を恐れず生きてみたい」と2024年の決心を発表するひと。

 などなど……。
 ものすごくおもしろかったなあ。
 まったくひと頼みの1時間半だった。

 そしてきょうはきょうとて『隆明だもの』(RYUMEI DAMONO/ハルノ宵子/晶文社)頼みで、はなしをする。同書のなかにみつけた「深度」というコトバに衝撃を受け、みなさんにそれをそのまま投げてみたかったのだもの。

 戦後思想界の巨人と呼ばれる父・吉本隆明(故人)。小説家の妹・吉本ばなな。そして俳人であった母・吉本和子(故人)——。
 この本は漫画家・エッセイストである長女・ハルノ宵子(はるのよいこ)がつづる家族の思い出である。
 おもしろく読み、吉本隆明の実像を垣間見る思いがしたのだった。吉本隆明が生前実現させた対談、書簡に寄せて著者が、〈フィールド=深度〉の違いを指摘している。
「深度」というコトバに胸ぐらをつかまれ、いきなり突き飛ばされた。
 ひとと話していて異和が生まれる原因は、少なからず深度のちがいだったのではないだろうか。浅瀬でパチャパチャやっていた自分を恥じたり、海底(深度を求めて)に潜ろうとして溺れかけた記憶がよみがえったり。


2月15
 年初め、夫のもとに届いた「香川小原早生みかん」。
 色の濃い、小ぶりのみかん。実も美味しかったが、皮の香りがたまらなかった。実を食べては皮を干し、食べては干した。干したがりのわたしには、これまた愉快過ぎる作業だった。カラカラになった皮を、プロセッサーにかけて粉にした。
 求めておいた一味唐辛子と合わせて、本日「みかん唐辛子」とする。

Photo_20240220095401
皮を干します。

Photo_20240220095402
粉にするところに、
ちょっぴり苦心しました。

495052327032717380
\うんたったラジオ35/
島根県は石見(いわみ)地域に行ってきました。
ふみこにしか“ガルルಠ_ಠ”にならないあずさ。
ちょっと寂しい、だけどここから新しいことが始まる気がする!なふみこ。
いちご食べな、など。

◆島根県益田市のモニターツアーの様子はあずさのブログから
https://note.com/jamamotocapisa/n/ne213b5f42219
◆島根県大田市温泉津(ゆのつ)にあるカレー屋さん「ゲンショウシャ」
https://www.instagram.com/genshosha.yunotsu/
◆あずさの長きにわたる悩みがころっと解決した「島根県よろず支援拠点」
https://www.yorozu-shimane.go.jp

▽お便りはこちら
https://forms.gle/rb9gqcwHJzKafpJr6

▼anchor
https://anchor.fm/untatta-radio
▼Spotify
https://open.spotify.com/show/59ZOIe4r9tIc3nccw6BP97?si=kN4MLamFTBWub_Q6fONFfQ
▼Apple Podcast
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%81%86%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA/id1666439319?i=1000632816052

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん

 久しぶりの一番手!
 風邪のあと……なかなかカラダがスッキリしないまま、
 だらだら~んと過ごしていました。
 なんなの~っ、って言いながら、
 家族の何人かが、こんな感じです💦
 
 昨日は、すっごく暖かかったのが、
 今日は、それなりに寒くって、ちょっとした吹雪です。

 それでも、先週から、仕事のひとつが春休みに入ったので、
 ホッと一息。
 昨日もだらだら~っとしていたら、あっという間に1日終わっていました。

 昨日は1番目ちゃんをスープカレー屋さんに連れて行ってきました。
 おいしかった~!です。
 2人して、カラダぽかぽか帰ってきました。
 ほかの家族からは、「いいな~」の声。
 あ、ほら、風邪うつしちゃったからさ~、おわびにさ~、
 なんて言って、自分で笑ってしまいました。

 それにしても……、
 ライダースジャケットがかぶるって、
 すごいですね!これは、衝撃的です!!
 
 みかんの皮は、わたしも干しています。
 が……、これはもっぱらみかん風呂に……。
 とってもいい香りで、カラダの芯まで温まります。
 みかん唐辛子!おいしそうだなぁ~。
 おいしそうといえば、ここのところ、
 5番目ちゃんが、学校でスキー場へ行くのに、
 お弁当を持って行きます。
 これは!と思い出し、ふんちゃんが本で教えてくれていた、
 鶏肉の香味煮を作って詰めてあげました。
 すご~く好評でした。
 明日も……なのですが、明日はビビンバ弁当にしようかなぁ……と
 考えています。
 明日は、わたしも着いていくのでわたしもお弁当!
 (小さな学校なので、お手伝い母さんたちがいないと、
  大変なのです~)
 ようやく回復してきたカラダなので、
 あったか~くしてムリしないように楽しんで来ようと思います(^^)。
 かわいくて元気いっぱいの子たくさんなので、
 元気を吸いとっちゃおう!(笑)

 朝……学校へ行く時、5番目ちゃんと少し歩くのですが、
 昨日、突然立ち止まってじ~っとしているので、
 どうしたのかと聞いてみたら……、
 「なんかさ、風がおしゃべりしてるみたい」と言うのです。
 わたしも、じっと耳を傾けてみたら、
 風が電柱?とかに当たって、音が鳴っていたのですね~。
 おお~っ、こんな詩人になったのか~と、
 にやにやしながら、5番目ちゃんと歩きました。
 大きくなったもんです!
 
 

投稿: 空色めがね | 2024年2月20日 (火) 11時21分

ふんちゃん皆様こんにちは。


講座のお話。
みやさんの前でなら、と話す気持ちわかるなぁ。

講座はこの広場の延長のような
ほっこりする場所なのですね。


では、私も皆様の前でならの打ち上げ話。


今が子供達、いちばんやんちゃ盛りです!

上は2人は激しいケンカ。

末っ子はやんちゃ盛りでイタズラ盛り。

ああもう1人自分が欲しい!!


正直、休日にいつも怯えています笑

でもね、次男は1人で朝の身支度ができるようになったりできることも増えました。

あともう少しで少し楽になると思いながら。


罪滅ぼしのために
助かるよ、を意識して伝えています

投稿: たまこ | 2024年2月20日 (火) 12時10分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
今日も暖かいです。
きのうの雨とこの暖かさで庭のものの芽も草たちもまた育ってます。
まわりの枯れ色がやわらかい緑色に変わりはじめ、心が和みます。

今日もうんたったラジオ楽しく聴かせてもらいました。
「うん、うんそうよ。そうよ」とひとりうなづいていました。
「縁、えにし」
何かにみちびかれているのでしょうか。これまでいろいろな場面で「縁」に支えられて
きたように思います。
「家族はあたり合うためにある」
今思えば自分の独りよがりな思いからあたりあうことを避けてきましたが、ようやく夫に
へらず口が叩けるような日々が送れています。
今さらながら、言葉に出すことで誤解の半分は解けると気づきました。
王子たちにもよく言われる「おかん、落ち着け」、立ち止まって深呼吸して自分の気持ちに気づくことが
もっとできるようになりたいと思っています。
梓さんのブログにあった「ゆるむと生まれるものがある」身も心もゆるませていきたいです。
島根にも鳥取にもご縁のあったわたしは、せんせいの島根県をどうにかうまく言い表そうとされているのに
思わず笑ってしまいました。
鳥取、島根も人口減少という課題のある地域ですが梓さんのような理解ある若者が応援されていると
思うとうれしいです。

まったく話は変わりますが、教えていただいたようにしいたけをスライスして冷凍保存しています。
とても使い手がいい上にしいたけの香りが増している気がします。
みかん唐辛子、唐辛子があるからやってみようかな!

せんせい、みなさま
また今度は寒気が来そうです。
お体に気をつけてお過ごしくださいね。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2024年2月20日 (火) 14時34分

空色めがね さん

おおおお、
5番目ちゃん!
空色めがねさんとふたりで歩くの、
たのしかっただろうな。
自然に詩人になれちゃったんだねー。

今回の衝撃のタイトルは、
「深度」のコトバに当ててつけたのですが、
そうですね、ライダースもかなり衝撃的!でした。

ラムレザーのライダースは、
わたしに喝を入れてくれます。
太ると、はおれないので。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月20日 (火) 15時21分

たまこ さん

講座、ほっこりしてるのかなあ。
表現者のリングみたいな一面もあるのじゃないかなあ。
皆さんに訊いてみよう……。ん。

たまこさん、
ほんとうほんとう。
伝えたり、褒めたり、讃えたり……は、
大事ですね。

(たまこさんも、わたしも、
たまには褒められたいけども、ね)。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月20日 (火) 15時26分

岡山のこんちゃん さん

こんちゃん、またまた温かいおたよりを
どうもありがとうございます。

わたしは(一応)、
ものを書くことをなりわいとしていますが、
ほんとうは、温かくてやさしい頼りが書けるようになるのが
いちばんだよなーと、考えています。

こんちゃんのおたよりは、サイコーです。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月20日 (火) 15時30分

ふみこさま

おはようございます。

今回のうんたったラジオの文字も早春のささやきみたいで
いいですね。うちのベランダでも沈丁花が咲き始め
フリージアのつぼみもひょっこり葉っぱの間から顔をだしています。ふふ。

お二人のお話も島根のお話し私もおふたりについて旅させてもらったらまたきづいてないものに出会えそうで聞いていて楽しくなりました~。
衝撃的だった少年との出会いや出雲空港についたとたんにふりだしたすごい雨。。。でもこういう瞬間って
なんだか日常がすっとびもっと大切ななにかにふれそうな気がして好きです~。
帰りは鳥取の鬼太郎空港からかえったのですが水木記念館は休館中だったのですが今横浜そごう美術館で「百鬼夜行展」開催中なので妖怪くんたちをみてきました~。
その日の夜何もおちてないのに隣の部屋でコトンと音がしたので
だれかひとりつれてきてしまったかもしれませ~ん。
(3月10日までです)
ではふみこさんもみなさんも今日もいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2024年2月21日 (水) 07時15分

ふみこさま
おはようございます。
ふたたび早朝、雨かなぁ、音は聞こえませんが。

健やか、ということばが、お二人のラジオを聴いて浮かびました。
心身ともにそうであることは憧れです。

我が息子が「メイクしてみたい」と言い放って、オットもわたしも、「そう」と返しつつ、心では(また始まったよ、は〜)のため息。
いつものように紆余曲折を経て、いま洗面所には、わたしが見聞きしたことのない基礎化粧品が並んでます。すこし前は青だった髪もいまは赤です。(桃色?のわたしがいうことでもないけれど)

ジムというほどではないけれど、わたしも運動を始めてます。もうひとつ仕事関係でやってみよう、と思うことが見つかりました。

深度、というのは言葉としてあまりふれたことがありませんでした。
最近の出来事、生きていればだれにでも起きるだろうかなしみ、もどかしさに、呆然と胸苦しさを覚えるばかりの自分、欠点だらけの形と色に包まれていつもぷかぷかしてるわたしです。

先日は満開の河津桜をみてきました。
ふみこさま みなさま
新しい春がやってきますね。

投稿: こんぺいとう | 2024年2月21日 (水) 07時32分

真砂 さん

旅って、ほんとうにおもしろい。
他者の旅に同化できたり……。

これまで真砂さんの旅に
どれくらい、旅ごころを誘われたことか。

早足で近づいてきた春が、
あれ? と、襟元を合わせて歩みを止めたような日。
寒さに、ほっとしています。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月22日 (木) 00時49分

こんぺいとう さん

王子のメイク。
いいないいな。

爪(ネイル)、まつげ(マスカラ)、
眉(アイブロウ)……。
メイクしてさしあげてみたい!

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月22日 (木) 00時52分

ふみこさま

深度。
初めて聞く言葉でした。
私は、物事を深く考えたことがあったかなぁ。なんだか直感にまかせて動いてきたような気がします。
主人との出会いもそうだったなぁ。
初めてのお見合いで即決めたんですよね。
深く考えてたら結婚できなかったかもなぁ。
でも、これからは、ちょっと深度も意識して過ごしてみますね。
明日から連休。のんびり過ごしたいと思います。

投稿: こぐま | 2024年2月22日 (木) 20時21分

こぐま さん

「深度」とは、
ものごとを深く考える「層」とは
ちがうことのように思えます。

そしてそして、
こぐまさんの直感は、
天性の「恵」を帯びています。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月22日 (木) 21時17分

ふみこさま
深度って、層じゃないんですね。
もう少しよく考えてみます。
難しいなぁ。
直感 褒めてくださりありがとうございます!

投稿: こぐま | 2024年2月22日 (木) 21時22分

こぐま さん

直感。

こぐまさんの直感には、
あこがれます。ん。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月23日 (金) 01時17分

2月24日、今日は弟、潤一(みなさんの前では潤、潤と言っておりますが本当は潤一といいます。)のお誕生日でした。虹の橋のこちらにまだいたとしたら私と5歳違いなので52歳になった彼におめでとうを言いにお嫁ちゃんと2人、お墓参りに行ってきました。

いやあ、昨日だったら寒くて、雨やみぞれで大変だったと思いますが、今日は見事な青空で風もなく太陽の日差しの下、ゆっくり石をみがき、お花を飾り、お線香をあげ、ビール、缶チューハイ、ホッピー、たんまりあげてこれました。ランチは彼の大好物の焼肉で!3種大盛りランチ!

こんなにどんぶり一杯のごはんたべられるかなあ・・・半分盛りと頼めばよかったね・・

と2人で言いましたがなんも心配することない、2人ともぺろりんこでした。おいしかった!(* ´艸`)クスクス

不思議と節分が過ぎると、いくら寒くてもセーターやロングコートを着る気持ちが薄くなります。ライダースジャケット、かっこいいなあ。私もチャレンジしてみたいアイテムの一つですが、私、身体がデカいので本当のナナハンライダースに見えちゃいそうなきがします(笑)。

今日はでも、お天気よくても午前中はまだちょっと寒かったので長女が

「もう着ないからおいていくからリサイクルショップに衣替えの時にだしておいてもらえる?」

と残していった紺のピーコートを羽織っていきました。
ちょっと若作り??いや、でもまんざらでもないんじゃん?

と、ちょっと得しちゃった気分。あと2~3年はゾンビのように長女のクローゼットから蘇ってそうなのでそれまた長女のとっては『衝撃的!』でしょう。


そして聞いてください!お墓参りでね、ちょっと嬉しいことが判明しました!なんと、仲しいたけ園の朝からずっとマリコ先生のユーチューブヨガタイムをされているふみさまの話を『うんたったラジオ』で聞いてから私も朝に10分、夜に10分、のマリコ先生タイムを頑張って続けていたのです。そしたら、ナント、ひざが痛くてしゃがんでお参りがここのところ全然できなかったのに、今日はしゃがめてお祈りできたんです!
かなりまだ『うんとこしょ』の世界なのですが、もうこの股関節の固さや膝の弱さは遺伝だから仕方ないとあきらめていたのに、スゴイなあ。と
ひさしぶりに自分のこと『スゴイなあ』と褒めたくなりました。

これからも無理のない範囲ですが続けていきたい習慣です。ありがとうございます。梓さまにもよろしくお伝えください!

こりゃふみさまと私、今年の紅白ミーシャさんのバックダンサーも夢じゃないっすよ!(爆笑)

投稿: おきょうさん | 2024年2月24日 (土) 21時31分

ふみこさま、皆さま

秋に少しばかりプランターに植えた野菜が収穫されていくなか、マイペースを決め込んで、葉っぱばかりを茂らせていたブロッコリー・セニョール。ここへ来て次々と蕾を膨らませています。2株だけなので彩りとして添える程度なんですが、買った野菜とはまたひと味違う!と思うのは気のせいでしょうか?

先日、アメリカ人のご家族(40代のご両親と21才の娘さん、17才の息子さん)と奈良を散策。春日大社や東大寺を訪れた後、軽めのランチとなりました。

「いただきます」と言いかけたそのとき、息子くんが食前のお祈りを始めました。持ち回りで今回は息子くんの番だったようです。

ストリート系ファッションが似合うクールな若者が、奈良の大仏の圧倒的な存在感を淡々と話し(言葉づかいは若者らしくカジュアルでしたが)、食事への感謝のことばを述べた後、食事が始まったのでした。

それはきっと宗教上の、また家族の習慣のひとつに過ぎないのでしょう。でも初めてその場に立ち会った私は全く面食らってしまい、しばらく言葉が出てきませんでした。。。

これまで寺社仏閣を訪れても「◯◯◯でありますように」とお願いするのが普通だと思っていましたので、今への感謝を言葉にし、親しい人と分かち合うこと=「祈り」とする感覚には目からうろこでした。同時に「幸せ」につながる祈りの形だなと。

自然のエールか、今年は梅も早く咲いてくれましたが、しばらくは寒の戻りでしょうか。
皆さま、どうぞご自愛ください。

投稿: 円 | 2024年2月25日 (日) 14時26分

ふみこさま。みなさま。
満開の河津さくらは連日の雨、風で
花びらが舞い、枝々から柔らかな
若葉が芽吹きはじめてきました。
私の好きな花 
ミモザも満開に。ミモザの黄色、レモンの木には今年はレモンか鈴なりに実ってくれて、家のまわりの黄色から元気をもらってます。
深度と言うことば、日頃、使うこともなく、あたらしい出会いでした。
ドキでした。
うんたったラジオを聴きました。
家族はあたるためにあるという、ことばに私はフッと肩のちからが抜け楽になれました。
そう、いいんですよね
家族しかいないもん。
あたれる人。
とくに王子の聞き役、受け止め役
俺さ
もっと元気だったらさ、洗濯とかしてあげられるのにと
トイレ掃除と自分の食べた食器だけは
時間をかけてもしてくれます。 
時にはお互いに気持ちをぶつけても
今日の夕飯は何にする?と
気まずい空気が晴れる
家族だからね
お互いに、いっしょうけんめい、やっていく。
それしかないじゃん
それで、いいよ!と王子には話してます

新しい春です。
穏やかに過ごしたいです。
みなさまも佳き春をお迎え下さい。

投稿: ユリの木の花子 | 2024年2月26日 (月) 10時48分

ふんちゃんへ

私も「深度」は初めての言葉でした。
吉本ばななさんのエッセイや、お話は好きで読んでましたが、お姉さまのことあまり知りませんでした。
ありがとうございました。

今回の秋田出張は約1ヶ月。
明日宮城へ戻ります。
途中かなり久しぶりに夫とガツン!とぶつかり合いました。
これをきっかけに昔の嫌なことを次々と思い出して、かなりどよ〜んと落ち込みました。
娘につぶやいてしまいました。色々アドバイスをもらい、何とか流してほぼ通常に戻りました。
いつの間にか頼りになる存在になってました。ありがとうね♪

この場をお借りして…
ユリの木の花子さんへ
優しい王子さま、読んでいてウルウルしてしまいました。
素敵なお話ありがとうございます。

投稿: ハチミツ | 2024年2月26日 (月) 14時34分

おきょうさん さん

潤一(かっこつけて呼び捨てごめん)、
Happy birthday to you!

Happy birthday to you!

こちら側は、
相変わらずにぎやかです。

そして
ヨガつづけていているわたしたち、
いつか虹の橋のたもとで、
潤一さんたちに披露しよう……。
たのしくなってきました。

Happy birthday to JUN!


投稿: ふみ虫。 | 2024年2月26日 (月) 22時35分

円 さん

祈りのおはなし、聞かせていただき、
どうもありがとうございます。

17歳の彼の祈りが、
ここにも流れこんできました。

あらゆるものへの感謝。

日本の神神への畏敬。

円さんご家族への尊敬。

感謝いたします、わたしも。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月26日 (月) 22時40分

ユリの木の花子 さん

王子さまにお伝えください。
あなたは、世界の王子なのですよ。

この広場では、ことさら大事な大事な王子。
縁(ゆかり)の王子たちの、お兄さんの王子さま。

そのことを忘れないでくださいね。
祈りのちからがどれほどのものであるか、
信じていただきたいと思います。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月26日 (月) 22時44分

ハチミツ さん

頼りになるお嬢さんの、
それは参考書にもなりますね。

お母さんにも、悩みがあったのだ……と。

それにしてもアドバイス、たのもしいです。
(いつか、こっそりおしえてむださいね。ね)。

投稿: ふみ虫。 | 2024年2月26日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)