« 午前4時 | トップページ | へそまがり肉じゃが »

2024年3月19日 (火)

鳩のポーズ

3月11
 10日の東京大空襲の日(1945年)、11日の東日本大震災の日(2011年)ほか、3月はことさらものを思わせ、考えさせる日がつづく。

 今朝、いつものように映像(YouTubeB-life)を頼りにヨガをしていたのだが、初めて「鳩のポーズ」に導かれた。
 初心者の、そして恐ろしくカラダのかたいわたしにとっては、予想外のポーズである。

「右の腕をぐるっとうしろにまわして右の足をキャッチ」
 とせんせいは云うのだが、右の足ってどこ? 右手を宙に舞わせてそこにあるはずの右の足先を探すも……、ない。
 口から恨みごとが洩れそうになる。

Photo_20240319022501
 
 ヨガをはじめて4か月。
 初めて聞く「鳩」なるコトバに、はっとさせられる。

 平和の象徴である鳩とこんなかたちで、この日出合うなとは。

 かたちこそ実現しなかったが、鳩のポーズに導かれたことに、心が震えた。きつい! イタタタタ! と声を上げながら、平和は、わたしにとって遠い道のりのだとわからせてもらった。
 遠いのが、何だい。
 カラダはかたいが、遠い道をてくてくゆくことなら、できるのだ。


3月12
「もみじの家 ニュースレター」を受けとる。

「もみじの家」は国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)のなかにある。主に医療的ケアが必要な子どもと、その家族が最長9泊10日滞在できる医療型短期施設。
 その施設は、重い病気を持つ子どもと家族がそのひとらしく生きることを、目標としている。

「もみじの家」との出合いは、こんなだった。
 愚痴をこぼしながら、文句を口からあふれさせながら、「自分の時間がない」「自由がない」「……こころが折れそうだ」なんてことを云うわたしの口に、いきなりみたらし団子が5本突っこまれた!
 いかにみたらし団子を好きなわたしだって、いきなり、5本だ。
 卒倒しそうだった。

 24時間ほとんど途切れないケアが必要な子どもたち——医療的ケア児。

 このことは理解できる。

 家族は、そのケアを担いつづける。

 ケアが必要なのはわかるけれども、それを、家族だけが担うのか。
 そこだ、わからないのは。それを支える制度がこの国にないのは、なぜなのか。支援したいというねがいが生まれにくいのは、なぜなのか。
 知らないからなんだと思う。
 わたしも知らなかった。

 知るきっかけをもたらせてくれたのは、NHKの人気アナウンサーだった内多勝康さんだった。
 NHK時代に「クローズアップ現代」の番組づくりのなかで、医療的ケア児の現実を知った内多さん。2016年に30年間在籍したNHKを退職し、「もみじの家」のハウスマネージャーに転職するに至る。
 前の週日記に「変身」について書いたときも、わたしは内多勝康さんを思っていた。

 本日受けとったのが、内多さんからのハウスマネージャー退任の知らせだったのだ(「もみじの家 ニュースレター」No.2320243月発行)。

 内多さんは、また変身するのだな。


314
 夕方、仲間たちとお酒を飲む。
 そのとき、お通しとして小ねぎのナムルが供された。

 その日の帰り道、小ねぎを求め、帰宅するなりナムルを再現。
 小ねぎは生のまま。4cmに切りそろえ、にんにく、塩、ごま油と和える。呑み会には、このような収穫もある。

Photo_20240319023001
3年前に植えた「さくらんぼ  暖地」の
花が咲きました。
可憐。

16993885770765f0134f00805824703d48fedcab
\うんたったラジオ36/

お久しぶりの熊谷です。最近どうしてました? 
能登に気持ちを送ることばに涙したふみこ。
母とのことを話す機会をもらったあずさ。
映画「パーフェクトデイズ」をシネマテーク高崎で観た自慢、など。

◆しごとバー「◯年後、なにしてる? 娘が親のしごとを考える編」
https://youtu.be/WNBNgl-JisY
◆ふみこのブログ「午前4時」
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/.../03/post-eeafc4.html
▽お便りはこちら
https://forms.gle/rb9gqcwHJzKafpJr6

▼anchor
https://anchor.fm/untatta-radio
▼Spotify
https://open.spotify.com/show/59ZOIe4r9tIc3nccw6BP97?si=kN4MLamFTBWub_Q6fONFfQ
▼Apple Podcast
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%81%86%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA/id1666439319?i=1000632816052

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

おお!ふんちゃんも同じB LIFE仲間とは!

最新動画の寝る前30分もいいですよね!
私も時間がないといいつつ
毎日してますよ!


さて、今週末はいよいよ卒園式

子どもも親も頑張りました、ですね!

投稿: たまこ | 2024年3月19日 (火) 10時26分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
玄関の外側に赤い沈丁花、中側に白い沈丁花の鉢を置いて花の香りを楽しんでいます。
春の彼岸に入りました。入りから明けまで一週間「お膳作り」のため、いつもより少し早起きです。
夜明けが早くなり台所に向かう廊下から見える前山の端から、お日様がキラキラと顔を出し始めて
います。
「お膳作り」もお味噌汁は作りますがおかずは最近惣菜を使わせてもらいます。三十分ほどして、仏前
に座り手を合わせていると朝日が雪見障子の下をのびてきて、ちょうどわたしを照らしていることに
初めて気づきました。
なぜ、こんなありがたいことに今まで気づかなかったのでしょう。
毎朝のお茶とお水のお供えをただ役目としてこなし、心が伴ってなかったのではと気づきました。

藤井風の新曲「満ちてゆく」にまた心揺さぶられています。
「手を放す 軽くなる 満ちてゆく」
全ての詩をここに置きたいぐらいです(笑)
M Vも一人の男の人生の物語でした。
「この M Vを観た日が義母との面会日。
M Vの老いた藤井風の姿と義母の姿が重なり義母がとても愛おしい。。
職員さんが席を外された時思わず肩を抱いてしまう。
その肩は、とてもか細くなっていた。」
でも帰りにはいっぱい手を振ってくれました。

せんせい、みなさま
桜ももうすぐ咲きますね
それぞれの場所で桜を愛でましょうね。ご自愛を。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2024年3月19日 (火) 14時24分

ふみこさま

おはようございます。
桜の花にうんたったラジオの文字の色合いの優しさに
朝からやわらかな光を感じました~。

うちのベランダでももっこうばらが芽吹きはじめました~。フリージアもことしはいろいろな色をまぜたので
始めて咲くのは何色かな~。黄色だな~と思っていたら
中は黄色でふちどりが赤でサプライズな朝です。ふふ。

うんたったラジオでのお話し。「いつでもやさしく笑っていられられないのが。。。」のあたりそうそうと楽しかったです。いい関係を作るためにもこのラジオを思いついたという梓さん。さすがですね~。
ふみこさんの目の前にいる人ひとりでも何かをおくれたらというようなお話し。。そうそう私がはじめてみつけた「暮らしのポケット」でふみこさんからたくさんの「少し」の生活をたのしむよろこびいただいたのでした~。
まさに「パーフェクトデイズ」のような本でした~。

パーフェクトデイズといえば。。。そんな作品と思える
岡本太郎現代藝術賞展。太郎美術館で開催中でパワー
あふれていてよかったです。どこをきっても私は私というような作品すきです~。
ではふみこさんもみなさんも今日もいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2024年3月20日 (水) 07時22分

鳩のポーズのイラスト 素敵ですね。  内多さんのお話、NHKを退職された頃に記事を拝見した記憶があります。
変身のお話興味深いです。

春分の日の秋田は、朝からわさわさと雪が降ってます。
2月が暖かく晴れも多かったので、3月の寒さと風の強さと雪に春はまだ先かな…と感じてます。

今朝は4時半から布団のなかで「うんたったラジオ」を聴きました。
今回はいつもより、しっとりとした雰囲気を感じました。
冒頭のお話に震災の時に被災地ではない小学生(確か…?)から被災された方たちへ個々にお便りが来て(何かの授業での取り組みなのですかね…)、それをきっかけに文通が始まった…みたいな話をニュースで観ました。
今回の能登の地震に私もお便りを書くことで何か役に立つかも…なんて思いながら聴いていました。
どうでしょう…?

先日ショッピングセンターにある大きな本屋さんと併設するカフェの企画展なのか本が色々と並んでました。
そのなかに「家のしごと」を見つけました!あの鮮やかな装丁に「わ~い!すごい!」と喜んだ私です。
土井善晴さんらの本と並んでましたよ。
報告でした。

投稿: ハチミツ | 2024年3月20日 (水) 08時32分

まだまだ寒いけれど、遠くの山々にはほんわかした桜の色が見えます。

すこし前、あるタレントさんの、「世界はあなたが思っているよりワンダーにできている」という言葉。

ここ最近の我が子の料理熱?を間近にして、わたしの中で繰り返されています。
支援の方が「しばらくお父さんお母さんたいへんでしょうけど」と話していたとおり、こちらからすると、思いつきの気まぐれ行動、に近いので、共倒れにならないようにわたしもオットも本音は必死、表向きはツルリとして過ごしてます。

そして、すこし前に始めた運動のときも。筋肉ぜんぜんない⁈、もちろん持久力も、という想像どおりの上をいく自分に、やや呆然、な気持ちを抱えつつ続けてます。

いつも仕事おわりに、お天気がよければ、月を見上げるのも習慣になってきました。

きょうは風がとても強い日です。なにか運んで来るのでしょうか。

いろんなことを、まったく真っ白に忘れてしまうこともあったり。これはわたしのwonder。

投稿: こんぺいとう | 2024年3月20日 (水) 10時56分

たまこ さん

卒園式!

どきどきどきどき。

泣いちゃうかも……しれない……。

投稿: ふみ虫。 | 2024年3月21日 (木) 13時30分

岡山のこんちゃん さん

こんちゃん、
こんちゃんの

「なぜ、こんなありがたいことに今まで気づかなかったのでしょう」

に、わたしは心揺さぶられています。
そういうことが、いっぱいありそうで。


投稿: ふみ虫。 | 2024年3月21日 (木) 13時33分

真砂 さん

あのね、真砂 さん、
「岡本太郎現代藝術賞展」
ことしも行きます。

またしても友人が受賞したから。
またおめでとう!

また生田緑地に行ける!

うれしくなっちゃう。

投稿: ふみ虫。 | 2024年3月21日 (木) 13時36分

ハチミツ さん

思っているだけでなくて、
「そこ」に向けて話したり、
「そこ」に向けて書いたり
すると、まず、自らの思い方が明らかになるのでした。

そのことには驚きました。
コトバの力を、あらためて知らされました。

投稿: ふみ虫。 | 2024年3月21日 (木) 14時04分

こんぺいとう さん

思いがけないほど、人生って、
毎日って、いまって……。

wonderであり、
miracleであり、mysteryですよ。

こんぺいとうさんの、
「表向きはツルリ」を尊敬し、
あこがれています。

あこがれてだけいないで、真似します。
(わたし、真似っ子はうまいよ)。


投稿: ふみ虫。 | 2024年3月21日 (木) 14時11分

ふみこさま

さくらんぼのお花 かわいいですね。
私は20日に愛媛の松山に行ってきました。
表彰式でした。ところが朝、瀬戸大橋が渡れないということを知り、急遽、主人がしまなみ海道から松山まで車で送ってくれました。
ほんと、あきらめないといけないかと思ったけど主人のおかげで助かりました!
無事、表彰式も出席できて、はるくんとさっちゃんも商店街を歩いて楽しんだようです。
道後温泉に入って、癒やされました。
なかなか旅行とか行けないんですが、表彰式のおかげで楽しめました。帰りは、瀬戸大橋も渡れて無事家に帰りました。
はるくんが喜んでくれて、よかったです!
いい思い出ができました。
楽しかったなぁ〜。

投稿: こぐま | 2024年3月22日 (金) 22時29分

こぐま さん

四国、愛媛だけ行ったことがないのですー。
道後温泉、あこがれます。

いえいえ。
このたびは、またしても、
おめでとうございます。

(大切なことを忘れそうになりました。
ご無礼、お許しくださいまし)。

投稿: ふみ虫。 | 2024年3月23日 (土) 17時22分

ふんちゃん

 鳩のポーズ!
 わたしは、ぜんぜ~んできません。 
 どこも同じ形にならない(笑)
 わたしが選ぶ、マリコ先生の動画は、
 ほとんどが初心者向けののび~んとするばかりの動画です(大笑)。

 さくらんぼのお花が、もう咲いているのですね~。
 かわいい🎵
 札幌は、昨年よりも雪が残っていて、
 まだ雪がけっこうあります。
 けれど、春の空気にはなってきて、
 今日なんかは、とっても暖かいです!

 医療的ケア児のお話。
 (わたしは、やっぱりそこにひきこまれてしまう……)
 知らないからだ……、と、わたしも思います。
 医療的ケア児だけじゃなく、
 ちょっとした支えを必要とする人みな、
 同じですね……。
 実際に何もできることが、すぐには見当たらなくても、
 知ろうとしよう、声に出して応援していよう……と思います。
 (お風呂の中で(^^))

 春は、出会いと別れの季節ですね~。
 子どもたちのおかげで、いろんな出会いと別れがあります。
 ひときわ感謝のきもちをことばにし、
 ちょっとしたことで涙がにじむ……、
 というようなことになりそうな今週です。

 そして……、
 5番目ちゃんが、中学校にあがるタイミングで、
 家庭引き取り?という話がもちあがりました。
 あゝ、ついに、そのときがくるのだなぁ……、です。
 まだまだ練習を積み重ねる段階で、
 実際にどうなるかはわかりませんが、
 少しずつの準備が始まりました。
 「家族が拡大する感じ」
 そんなイメージがもてて、さみしさが和らぎました。
 とても素直で優しいご両親なので、
 家庭引き取りとなっても、
 遠い親戚みたいなつながりはもてるのではないかと、
 想像しています。
 あと2年。
 ちょっとの間、5番目ちゃんのお母さんになれて、
 よかったなぁ~。
 たくさんのことをおそわったなぁ~。
 と、しみじみして、またうれしい涙がにじんでいます(笑)

投稿: 空色めがね | 2024年3月24日 (日) 14時05分

ふみこさま。みなさま。
朝から雨が降っています。
もうすぐ、桜が開花します。
その頃は雨はひと休みしてくださいねと
空をみあげました。
魚屋に行き、金メ鯛一匹を買って
姿煮にする。
お赤飯を炊く。
魚屋さんが、何かめでたいことあったのと聞く。
あるんです。
あるんです。
孫と息子か帰ってくるからと意味のわからないことを話し、
2人は金メ鯛もお赤飯も治療後て食べられないのですが、子どもの時から
お祝い事には祖母が作ってくれた。
母はばーばは何もしてあげられない
出来ることはこんなことをして
待ってあげることくらいかな。
王子には何回、金メ鯛を煮たことか笑

ふみこさん、
もみじの家のことを教えてくださってありがとうございます。
王子を通じて、知らなかったこと
まだまだ、声が届かないこといろんな
経験をしています。
安心があり、心が休まる場所があることを知ると私は胸がいっぱいになります

この場所をお借りします。
こぐまさん、
道後温泉には私も憧れます。
素敵な時間かこぐまさんの新しい作品に
なるのでしょうね。
はるくんに会いたいなぁ。
家のみかん畑ではるくんに好きなだけ
みかん狩りをしてほしいなぁ。


投稿: ユリの木の花子 | 2024年3月25日 (月) 09時20分

空色めがね さん

何年か前、内多勝康さんと小さな会で
対談したとき、氏の自然な佇まいに
打たれました。

空色めがねさんが書いてくださったように、
「そこにひきこまれて」
だから転身したのだという……ね。
どうなるかわかないけれど
自分に何ができるか自信もないけれど、と。

そんなやわらかさが、
ほしいなあと思いました。

変身に必要なのは、
覚悟や決意より、こころの身軽さだと感じたんです。

5番目ちゃんのことは、
また、聞かせてほしいです。
というか、はなしを聞きにいきます。

投稿: ふみ虫。 | 2024年3月26日 (火) 03時42分

ユリの木の花子 さん

何もかもをおめでとうにするチカラを、
ユリの木の花子さんは、持っている……。

お帰りになるのですね。
お孫ちゃまも、王子さんも。

わたしも、お赤飯を炊きます。
ささげは、あります。

投稿: ふみ虫。 | 2024年3月26日 (火) 03時45分

ユリの木の花子さま

王子さまとお孫さま、おめでとうございます〜! うれしい春ですね。
はるくんに会いたいと言ってくださり ありがとうございます😊
もうすぐ5年生です。
少しは、しっかりするのかな〜

投稿: こぐま | 2024年3月26日 (火) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)