« かえる初鳴き! | トップページ | 瀕死だそうです。 »

2024年4月16日 (火)

ライオンの歯

4月9日
 庭にたくさんのたんぽぽが、咲いている。
 ことに、母屋の東側から裏手にまわる通路は、黄色いじゅうたんをひろげたような按配だ。

 中学1年のときだった。
 英語の授業がはじまるや、「たんぽぽが咲く季節になりましたね」とせんせいは云い、黒板に向かって白墨で「dandelion」と書いた。
「たんぽぽの、ギザギザの葉をライオンの歯に見立てて、この名が生まれたのです。おもしろいでしょう?」
 フランス語のdentdelionが語源だとか。
 12歳のわたしは、愛らしいたんぽぽをライオンの歯なんて名で呼ぶ異国の感覚に、度肝を抜かれた。おもしろいでしょう?と聞いて、ほんとうにそうだと、思うことができたなら……、わたしはもっと英語と仲よくなれたかもしれないな(なんてね)。

 たんぽぽの葉はライオンらしく、手強い。
 土の上に貼りつくようにぎざぎざの葉をひろげ、根は深く張っている。
 こんなにもたくさん、黄色い花がならぶのを見たら、とてもではないけれど、いまのいま抜き去ることはできない。種子を遠くに飛ばすため、花が綿毛となる前に、抜くとしよう。

 草とりというのは、わたしにものを思わせる。
 たんぽぽもそう。
「いまのたんぽぽは、日本たんぽぽではなく、たいてい西洋たんぽぽでしょう?」
 という話を聞くたび、複雑な気持ちになる。在来種と外来種の問題である。
 在来種の生息をおびやかし、生態系のバランスをくずすほどの勢いを持つ外来種が存在する。が、日本が島国でなく大陸のなかの一国であったなら、そも、在来種・外来種などとは区別できないのではないだろうか。
 西洋たんぽぽは、生育は早く発芽率も高いから、現在わたしたちが目にするたんぽぽの多くは、たしかに西洋たんぽぽであるか、在来種との雑種であるらしい。

 雑草というとらえ方にも、受け容れがたいものがある。手もとの広辞苑に当たると、目的の栽培植物以外の草、とある。
 たしかにひとがタネを蒔いたのでも、植えつけたものでもないけれど、カタバミもホトケノザも、ハハコグサも健気にのびてかわいい花をつけている。ああ、またしても複雑……。

2024_20240416010501

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi
 
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさん おはようございます。

タンポポが満開なのですね。
こちらは 昨日 
なんだか 暑いくらいだなぁと思ったら
最高気温が26℃ びっくりです。

いつもの森は 
春植物が一斉に咲き始め
「あ・あ・・森にテントを張って
  朝昼夜と 一日中眺めていたい」と思わさります。

茶色だった木々が
一日一日 
緑色が増えてくるのを見るのが
とても楽しみです。

ふみこさん
dandelion・・・私はライオンのたてがみだと
思っていました💦

投稿: えぞももんが | 2024年4月16日 (火) 10時46分

ふんちゃん皆様こんにちは。

うちの王子たちはダンデライオンが大好きです。
お花を積むのが大好きでね。

さて、私は先日誕生日を迎えました。

去年、些細なことで怒ってしまい
主人の気持ちを凹ませてしまい、
今年は一年かけてその日は怒らない
(なるべく)と決めて過ごしました。


危うくコドモの良かれと思って
よろめきそうになりましたが
なんとか主人も私も気持ちを立て直せてよかったです

投稿: たまこ | 2024年4月16日 (火) 12時08分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは。
去年の日記を見て日曜日に叔母のところへタケノコ掘りに行きました。
今年は雨が少なく、まだツノをあまり出していませんでした。
少しだけ掘り、筍ご飯と若竹煮にしたところにご近所さんからわらびを
頂き、今日のお昼はタケノコとワラビを入れて五目寿司にしました。
横浜の孫たちには皮をつけたままのタケノコとヌカを添えて送りました。
今晩は雨になりそうなのでタケノコもぐーんと伸びることでしょう。
  
庭の築山にいっぱい咲いていたタンポポ、きのうご退場願いました。
ライオンの歯のような葉っぱではないので外来種かな?。
ギザギザの葉っぱのタンポポは、ほんとうに土に張り付くように咲いて
いて根っこも深く力強いタンポポの生命力には敵いません。
きっとまた同じ場所に花を咲かせることでしょう。

共同購入の生協の荷物を押しぐるまに入れて帰っていると、先生に連れ
られた川向こうに帰るピカピカの一年生四人に出会いました。
「おかえりなさい」「ただいま」と言ってすれ違うと男の子が大きな
声で「がんばってください」とわたしの背に声をかけてくれました。
思わず振り返って「はい、がんばります!」とわたしも大きな声で返
していました。
わたしが何か励ましてあげたいおばあちゃんに見えたのかなとも思い
ましたが「クスリ」と笑えました。

せんせい、みなさま
これからは青葉若葉の季節、佳き日々を送ってくださいね。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2024年4月16日 (火) 12時25分

ふみこさま


おはようございます。

タンポポのお写真たしかにすごい勢いですね!
(後ろの壁のながれるようなラインもすてき!)

うちのベランダからも見えるケヤキも芽吹きはじめたな~と思っていたらこの一週間ですっかり緑になりたくましいです。風に揺られてやわらかに踊るようでパワーいただいてます。
こちらは草取りの心配はないのでベランダ内で鉢たちの
席替えやら煉瓦のつみかえで高さを変えたり楽しんでます。フリージアくんからモッコウバラへバトンタッチです。どちらも重なるように咲く感じがおきにいりです。
重なるといえばサザエさん美術館のある桜新町のあたりは八重桜が今満開から散り始めで桜の舞にうっとりでした~~。
ではふみこさんもみなさんも今日もいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2024年4月17日 (水) 07時05分

ふんちゃんへ

お庭が黄色いじゅうたんのようなんですね〜素敵ですね。
でも、たしかにたんぽぽの草取りは手強いですね。
お疲れさまです。

先週水曜は東京に住まいがあるけど、ご主人が石巻へ転勤になったので一緒に石巻で過ごしてる社宅時代の友人と一目千本桜を堪能しました。
ちょうど満開!
空は快晴、桜の下で飲むビールは格別でした。

12日からは秋田出張。
急に気温が上がり桜が一気に咲き、こちりも満開。
にかほ市勢至公園からは桜と鳥海山が眺められて最高でした。
今年は桜を満喫しました♪      

投稿: ハチミツ | 2024年4月17日 (水) 11時02分

この場をお借りして
岡山のこんちゃんさんへ
先日はお便りありがとうございました。
気持ちわかって下さり、嬉しかったです。
ユリの木の花子さんへ
桜眺めましたよ〜!
美味しいお酒も呑みました♪
お便り嬉しかったです。

投稿: ハチミツ | 2024年4月17日 (水) 11時06分

こちら、暑くなってきました。
暑さにイライラしそうで、修行の足りない自分を自覚する季節が始まったなぁとおもってます。

たんぽぽ、思い出しました。
子どもの頃、家のまわりのあちこちで同じ光景だったなーと。
引っこ抜いた記憶はあまりなく、綿毛をふぅーっとやってたわたしでした。ここのところめずらしく、庭の草を抜いてます。
ずぅ〜っと継続できる気づかいはないなとわかっていますが、なんとなくやれるうちはという気持ち。

梅桃が青い実をつけています。

ふみこさま みなさま
季節の変わり目、気温のめまぐるしい変化にもお気をつけてくださいませ。

投稿: こんぺいとう | 2024年4月17日 (水) 13時52分

えぞももんが さん

気温も、地面も、
なんとなく不穏ですが……、
落ち着いて、たんぽぽのように愛らしく
(これ、むずかしいね)、
立っていたいです。

寒くたって、
暑いくらいだって、
たんぽぽは、涼しい顔をしていますもの。

ヒトは、もう少し
受けいれの力をつけないと、と。
相当な部分について影響を及ぼしておいて、
結果として与えられることに、
すぐ文句を云います。

うまくないことが起こるのなんかは、
あたりまえだと思うんだけどな。


投稿: ふみ虫。 | 2024年4月18日 (木) 13時28分

たまこ さん

お誕生日おめでとうございます。
Happy birthday to you!

ますます、おもしろい日日を
過ごしてくださいね。

愛らしき冒険家よ!
乾杯!

投稿: ふみ虫。 | 2024年4月18日 (木) 13時30分

岡山のこんちゃん さん

かわいい妖精が、
大きな荷物を運んでいると思ったのですよ!

投稿: ふみ虫。 | 2024年4月18日 (木) 13時31分

真砂 さん

庭仕事、
ベランダ仕事……、忙しいけど、
たのしいね。

庭のことをはじめると、
草化します、わたしはたちまち。

投稿: ふみ虫。 | 2024年4月18日 (木) 13時33分

ハチミツ さん

ヒトも、春、
ちょっと花が咲くといいのに。

眉毛の上あたりから、
ちょっと茎をのばして、花を咲かせる。
そうすれば、自分たちが自然の一部だということを
忘れずに済むし……。

自分という存在に目を凝らすことができる……。
春、ちょっと不調だけど、
花も咲かせるし、仕方ないか、と思ったりね。

投稿: ふみ虫。 | 2024年4月18日 (木) 13時36分

こんぺいとう さん

この春、いやにわたしは元気です。

こういうとき、転んだりするんだよなー。
そう思って、気をつけています。
(歩き出しの3歩くらい……えへへ)。

投稿: ふみ虫。 | 2024年4月18日 (木) 13時38分

ふみこさま。みなさま。
ライオンの歯。
ドキリ!が1面のたんぽぽ。かわいい。
写真を見たときに、まるで美しい日本画を観ているかのようでした。
レトロで歴史を感じる土壁の前に
元気なたんぽぽ。
きっと、豊かな土なんだと思います。

子どもの頃から雑草が好きでした。
活発ではなく、おとなしい子。
幼稚園に入園した頃も、ブランコのまわりや園庭の隅っこに咲いている
シロツメクサの花を摘んだり
パンジーの花びらで色水を作ったり
園庭の草花があるところが私の居場所でした。
草があれば遊べていたような子でした。

今でも、幼稚園の前を通ったりすると
園庭のブランコの下やスベリ台のまわりにシロツメクサが広がり、隅っこにはたんぽぽが咲いていたりすると
あー、よかった!
私と同じように草の中で自分の居場所を
見つけられる子どももいるはず。
きれいに草むしりしなくてもいいですよと思ってしまいます。

たんぽぽの黄色からは元気をもらえます
お近くなら、お手伝いに行きたいくらい
咲いてくれたたんぽぽを讃えながら
たんぽぽの歌を歌いながら。
来年もきっと、ここはお気に入りの場所
咲くだろうなぁ。たんぽぽさん。

梨木香歩作
西の魔女が死んだはすきな作品です
その中に登場してくる
キュウリグサを庭で見つけて
小さな花が可愛くて、抜けません。
増やしてます笑
魔女になれたらいいなぁとおもいながら

草むしりができる庭がある暮らしを
贅沢なのかも
しあわせなのかもと思う春を過ごしてます。


投稿: ユリの木の花子 | 2024年4月19日 (金) 10時52分

ふみこさま

ダンデライオン
私は、ユーミンの歌で知ったような。
たんぽぽ
ほんと、根は強いですよね。
中学のときの国語の先生が、卒業アルバムに
「雑草の如く」
という言葉を書いてくれました。
今でも心にしまっています。
はるくん 5年生になって、毎朝登校班に遅れず学校に行っています。ちょっと成長したかな〜。うれしいばばです✨

投稿: こぐま | 2024年4月20日 (土) 18時33分

ユリの木の花子 さん

ユリの木の花子さんは、魔女になっても
やさしいから、いい。

わたしが魔女になったなら、
ときどきひどいことをしそうです。

草とりは、まちがいなく、
しあわせの証です。
……ね。


投稿: ふみ虫。 | 2024年4月20日 (土) 20時13分

こぐま さん

「みんなと一緒」に行動できることが成長なのではなく、
「ひとりでいたい」「ひとりでいちゃおう」
を知っていることが、はるくんの強みなのでは?


投稿: ふみ虫。 | 2024年4月20日 (土) 20時14分

ふみこさま

そうですね。
はるくん 家では ひとりでいられないんだけどね(笑)
いまだに トイレについてきて とか言ってます。
なんか幼いところと、みんなと違っても平気なところとあって、面白いです。

投稿: こぐま | 2024年4月20日 (土) 21時05分

ふんちゃん

 たんぽぽが、ライオンの歯!
 ダンデライオンという呼び方は聞いたことがありましたが、
 (わたしも……ユーミンの曲で聞いたことがあっただけでした……)
 意味まで考えてなかった~です。
 なるほど~!
 根っこが手ごわいのですよね……。

 「受け入れの力をつけないと」に、
 すごく、ココロ揺さぶられました。
 本当に……。
 結果がどうなるか、とか、
 これからどうなっちゃうだろう?、とか、
 そういうことを心配して、心配して……となるよりも、
 受け入れる覚悟?余裕?をもちたいな……と、
 思うことが増えました。
 
 今日は、昨日、買ってきた筍を炊き込みご飯にしました!
 朝から、わくわくして、あく抜きをして、出汁をとり……。
 とてもたのしい日曜日となりました。
 今日の発見は、やっす~い冷凍で売っているししゃもたちは、 
 天ぷらにすると、ふっくらしておいしい!
 ということでした。
 とてもとても満足な日曜日を過ごしました。

 明日から、また1週間が始まります。
 息切れしないように、のんびりスタートしようと思います。
 みなさまも、お元気でいてください(^^)。
 おきょうさん さん……、
 このあと、登場されるでしょうか~?
 いつもギリギリなわたしたち……。
 わたしも、仲間意識を感じておりました~。
 

投稿: 空色めがね | 2024年4月21日 (日) 22時20分

空色めがね さん

空色めがねさんの春と、
わたしの春は、
地域的には少し隔たりがあると思いますが、
春を追いかける気持ち、
春を遊ぶ感覚は同じだなあ。

と、思ったことです。

ししゃもね、
あの安いのをね、天ぷら!
スーパーマーケットでときどき、
ししゃも(?)とにらみ合って、
「君は、ほんとういししゃも?」
なんて云ったりするわたし。

すまなかったね。
天ぷらにします!

投稿: ふみ虫。 | 2024年4月22日 (月) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)